IMG_7387.jpg

12月16日、大分の「いいちこグランシアター」で第九の演奏会が開かれました。(演奏会後の様子)

 

中学校、高校と合唱部で一緒だったお友達が合唱で出演。そして私の高校の時の歌の恩師の波多野睦美先生がソリストのアルト、そして宮本修先生が合唱指導をされています。この日をとっても楽しみにしていました。お友達と行く予定でしたが、お友達が体調を崩してチケットをプレゼントしてくださり、両親とトシオさんと4人で演奏会。本当にありがとうございました。東京に住んでいた頃は学生時代4年間そしてこの時期になると合唱のお手伝いでいろんな第九に参加させていただいていたのでですが、実際に客席から聴くのは初めて。どんな感じなのかとワクワクドキドキ。1時間以上前にホールに着いたのですが、もう長い行列ができて、さすが第九は人気です。ソリストも大分の誇りであるお二人、ソプラノにオペラ歌手の佐藤美枝子さん、アルトに私の師匠であり憧れの波多野睦美さんが出演されていますから、これは皆さんよほど楽しみにされていたのではないでしょうか。

そして、演奏!!とっても楽しかった~。みんな静かに聴いているのに大興奮して、つい体が動いてしまいそうでした。じっくり演奏を聴くことで、それぞれの楽器が奏でる旋律や掛け合いにいろんな発見があり、ベートーベンさんのアレンジに再度感動させられました。合唱も学生時代のことを思い出して心の中で一緒に歌っていました。ソリストたちの歌声も迫力がありました。

IMG_7389.jpg

波多野先生の師匠でもあります宮本修先生と。私の高校時代の頃とまるで変わらない若さにびっくり!!とっても優しくて、面白くて、とっても素敵な先生でした。高校時代私ともう一人の生徒さんを連れて、東京に連れて行ってくださり、東京芸大の中を案内していただいたり、先生の御師匠さんである芸大の先生のご自宅に行き、レッスンしていただいたり、貴重な体験をさせていただきました。歌の道に進むことを心配して反対していた両親にも、わざわざお家まで来てくださり、説得してくださったり、本当にお世話になりました。先生のお力添えがなかったら、歌の道に進んでいなかったかもしれません。お会いできて本当に嬉しかったです。

IMG_7393.jpg

そして大好きな波多野睦美先生と。今日もとっても素敵でした!!先生は声も姿も本当にオーラがいっぱいで、いつも圧倒されます。これぞ天職!!お母様にもお会いできて、なんだか高校時代に戻ったようでした。私の中学校の合唱部の恩師のお友達で、先生がイギリス留学から戻られて生徒さんを探している時に、歌の大好きな私に合唱部の先生が波多野先生を紹介してくださいました。小さい頃から音楽をしているわけでもなく、頭の回転も遅く、人見知りで、ぼんやりしている私でしたので、大変だったと思います。それでもいつもいつも熱心に教えてくださり、今考えると、本当に貴重な時間すぎて、なんという神様からの御恵みだったのだろうと泣きたくなります。先生の声が本当に好きで、クリスマスや、イギリス民謡、巡礼や日本の歌、たくさんのCDを出されていますが、どれも素敵でいつもいつも先生の音楽を聴いています。自分の声がなんだか変な発声しているなあと思うと、先生の歌声を聴いて、あ!そうだ、こうだった、と思い出して、、。先生の歌の表現は素晴らしく、心にじんわり沁み込んでいきます。先生の歌声はなんだか落ち着くんです。声質も日本人とは思えないほど太いのに繊細で、体全体に響きます。すごいなあ。まだまだ先生には程遠い私ですが、先生のように、いつまでも輝いていたいなあと思いました。久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

IMG_7398.jpg

父と母と。最近母が甲状腺の手術で入院していたのですが、無事元気に帰ってきました。入院している間、母が念願だった廊下の床を張り替えたり、カーテン作ったり、父とトシオさんと3人でいろいろお家の修繕をやりました。結構大変でしたが、親子でなんだか一致団結して楽しい時間となり、母の手術も無事終わり、今は綺麗になった縁側で両親が日向ぼっこして、元気に過ごしている様子にほっと一息。第九も楽しんでいただけたようで、あ~よかった。いろいろあった1年でしたが、よい1年の締めくくりとなりました。

 

お友達も合唱をずっと続けていてうれしかった~。同じ音楽仲間が頑張っているのを見ると、本当に励まされます。チケットをプレゼントしてくれたお友達にも感謝。みんなありがとう!

みなさんにもたくさんの御恵みが降り注ぎますように。