京都、兵庫と日本海側をひた走り、鳥取までやってきました。
今日のお泊まりは、白兎神社のそばの道の駅。
海岸沿いで車の通りがちょっとうるさいので耳栓をしてお休みです。
最近耳栓をしすぎて、耳の穴が大きくなったような気がします。
それって大丈夫なのかなあ〜。
大きな耳のウサギの神様に聞いてみよう。


朝目が覚めたら、早速神社にお参りに行きました。


ウサギさんの走る参道を通り抜けると、


白兎神社。
はくと神社と読むんですね〜。
「因幡の白兎」で有名な神社で、豊玉姫命が御祭神の神社。
皮膚病に霊験のある神、また、大国主と八上姫神との婚姻を取り持ったことから特定の人との縁結びの神としてかなわぬ恋をかなえ、特定の人との親交をより深めると信仰されるそうです。
最近少しアトピーが出ているのでなおりますように〜。
さらに、遠国の人もこの兎に願えば早く国に帰れるそうですので、旅の無事を願いました。


本殿の土台は珍しく、28弁の菊花を彫刻した菊座石が置かれ、
皇室と何かご縁のあった神社だそうです。


うさぎが身体を洗った「不増不滅の御身洗池」
池の真ん中で
小さな魚たちがぐるぐる時計と反対向きにまわり、
渦を書いていました。
なんだか不思議な池です。
また原生林に囲まれた境内は
国の天然記念物に指定されているそうです。


ガマの穂黄
白兎は海水と真水が入り混じる河口で身体を洗い、
そしてガマの穂黄(花粉)にくるまり、身体を治したそうです。


白兎のように真っ白な可愛いお花が咲いていました。


道の駅には駅長さんのウサギさんが飼われていました。
夜は忙しく動き回っていましたが、お昼にはお部屋の中で静かにしていました。
夜行性なんですね。


美味しそうなちくわや豆腐揚げのお店がありました。
お米のちくわやジャガイモ、チーズ、まめやいろいろ種類があって面白かったです。
トシオさんの大好きなジンジャーサイダーで一休み。


今日も良く晴れています〜。
白兎神社から見える青く美しい海。
沖の島が見えます。
よく見るとウサギの形をしているような?
そこからワニをだましてこの本土へ渡ろうとしたウサギさん。
騙した事がばれて毛をはぎ取られてしまったのですね。
いつもずるをして失敗してしまうウサギの伝説。
卯年生まれの私。
せっかちな私も、いつも焦って何かと怪我をしてばかり。
ウサギさんの教訓を心に刻んで、、、。