v

飛騨高山から、白川郷へと行きたかったのですが、下道が通行止めで、つながっていませんでしたので
あきらめて能登半島に行く事にしました。
富山に入ると、急に天候が悪くなり、雷や風が激しくなりました。
ここのところ、竜巻発生など大変危険なので、天候には気をつけておかなきゃ。
道の駅の休憩所で避難。
日付が変わる頃には雨がやみましたので、ひとまず安心してゆっくり休むことができました。
本当にこのところおかしな天気が続きます。

富山を抜けて、石川県の能登半島の先端にいってみよう!
と車でひた走ります。

 


途中、神社に立ち寄ったり、


ボラ待ちゃぐらを見たり、


きれいな白鳥と出会ったりしながら、


日暮れまでに先端へとたどり着きました。
なかなか能登半島長いです〜。
この珠洲岬は大変なパワースポットらしいのです。
でも、その敷地を眼下の「ランプの館」という施設が所有しているのか、岬の方へ行くのに泊まり客以外立ち入り禁止の看板があって、なんだかがっかりしてしまいました。
何年も予約が埋っている人気の旅館だそうで、放浪の旅の私たちが「ありゃなんだろね」と上から眺めるさまが、なんだかとてもおかしくって、狸になったみたいな気持ちでした。
展望台もあったのですが、もう日も暮れてしまいましたので、パワーをいただくどころか、なんだか寂しい気持ちで道の駅へと向かいました。

でも道の駅に行くと、素敵な車中泊の方々と出会い、とても安心して夜を過ごすことができました。
能登半島先端の禄剛岬へ道の駅から歩いてゆけるよ〜という情報もいただいて、
朝早起きして、禄剛岬へ行く事にしました。