別府フレックスホールでの「鳥を探して」オリジナルアニメーション&コンサート、無事に終了しました。
たくさんの方に足を運んでいただき、本当に幸せでした。ありがとうございました。
20191216.jpg
フレックスホールは「ブルーバード」という別府で唯一残るレトロな映画館の地下にあるホールで、広い控え室やキッチンなどもついて、ライブハウスとしてはとっても重宝しそうな場所です。前は映画館の駐車場だったそうですが作り変えて、去年から貸し出しするようになったそうです。去年に別府でコンサートを開いてくださった書家のたんぽぽさんが、今年も別府に迎えてくださいました。
 不明.jpg
今年の私たちの最大の出来事であったサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼旅で出会ったいろいろなことをアニメーションにした「鳥を探して」の作品をさせていただけることになり、感謝の気持ちいっぱいでこの日を迎えました。
20191216-02.jpg
トシオさんのアニメーションは、本当に可愛くて、何度見ても癒されます。この大好きな作品を皆さんに観ていただいて、同じように感じて下さり、あーうれしかったです。そして少しでも多くの人々に巡礼の旅の素晴らしさを伝えることができるといいなあと思い、旅の写真や、巡礼証明書、クレデンシャルなども展示させていただき、たくさんの方に興味を持っていただきました。一生懸命歩いてよかった。ありがとうございます!
 
懐かしいチェレステ楽団はじめの頃の歌も歌ったりして、いろんな思い出もよみがえりました。チェレステ楽団をはじめたころ、まだささやかにしか演奏も歌も歌えなかった私たちの曲を、涙を流して聞いてくれたお客さんも応援に来てくださり、また変わらずあたたかく見守ってくださり感謝でいっぱいです。ここのところ体力的にも精神的にもいろんな壁にぶち当たり、年齢的にも歌も演奏も保って行くことがだんだん困難になっていることに不安を感じ、活動を諦めようか常に考えてしまい情けない限りですが、応援してくださる皆さんがいつも私の心を救ってくださいます。どんな時でも心の深いところで繋がって下さり、あたたかい言葉をかけてくださり、抱きしめてくださること、それだけで生きている意味を感じることができます。そんな方々との出会いが本当に私の宝物。ありがとうございます。
20191216-03.jpg
スタッフの皆さんと。皆さん本当にあたたかく、人とのつながりや地域を大切にする方々です。だからいつも別府って素敵だなあ。住みたいなあと本気で思ったりします。そしてたんぽぽさん!お日様のようなあたたかく、どんな時でも笑顔で迎えてくださるたんぽぽそのもです。そしていつも元気に生きるヒントを教えてくださいます。
20191216-04.jpg
たんぽぽさんに頂いたメッセージと素敵な竹細工のお箸やしゃもじ。「美の壺」という番組でも紹介された別府の職人さんの手作りだそうです。大変手触りがよく、お料理がいっそう美味しくなりそうです。楽しみ。ありがとうございます。
そして素敵なメセージに心じんわり。力強い文字とメッセージに、疲れた体がふっと浮き上がるような不思議な風を感じ、心が楽になりました。あー涙がこぼれそう。小さな私たちをあのしゃもじのように優しく掬って、ステージのお皿にのせて、お客様に食べていただいて、、なんて幸せなことでしょう。心を開いて、いろんなことを惜しみなくたくさんの方に捧げて下さるたんぽぽさんの姿に憧れます。心から尊敬と感謝の気持ちを送ります。ありがとうございました。