IMG_6359_dbcbd.jpg

この度は、演奏時間に間に合わず、コンサートをキャンセルする事になり、大変申し訳ありませんでした。

関係者の方々とお客様に深くお詫び申し上げます。

太宰敏雄・陽子

1月26日佐世保市の九十九島が見渡せる素敵なトモハウスこと「海からの風」でのコンサート。

昨年の9月に演奏させていただいた時に、このトモハウスを設計したオーナーのトモさんに声をかけてくださり、今回のコンサートをさせていただけることになり、大変楽しみにしていました。

IMG_6337.jpeg

朝から降り出した雪。予定より早く出発したのですが、湯布院まで来るとこんなに雪が。

IMG_0052.jpeg

思っていた以上の雪に至る所で車が立ち往生し、迂回しながらも着いた湯布院インターでしたが、数分差で事故のために湯布院の高速道路が閉鎖され、慌てて一般道コースで進んで見たものの、大渋滞。雪用でない車たちや、トラックたちが至る所で動けなくなり、銀世界の中ほとんど動けません。

この先は山越えが厳しいのでもっと酷いかもと、バスの運転手さんが車の現重装備に入り、峠は越えられそうにないよと教えていただき、この道は諦め、なんとか引き返すものの、反対の車線も渋滞、道路公団に電話して、高速道路の解除の見通しを聞くと、雪の整備は整っているのだけど、事故車の処理がまだなのでそれが終わり次第。と教えていただき、湯布院に戻り、しばらく待って見ました。が、、沢山事故が発生しているようで、全く開通の見通しがつかないようでした。

途方に暮れている時間もありません。気持ちは焦るばかり。

IMG_0059.jpeg

少し庄内の方に戻り湯平温泉の道から山越えする道を通ってみると、雪がやはりすごく、でも混雑してないし、わずかに車も通っているようなので、行けるところまで行ってみることに。前に九重の山小屋を借りていた時に通っていた道なので、道は知っているので、、。

IMG_0066.jpeg

山越え。怖くて体がぎゅっとします。普段も結構大変な山道ですが、、、。

IMG_0069.jpeg

もう道も真っ白。新雪のせいかスタッドレスタイヤも滑ります。

焦りのせいでこの道を選んでしまった事に後悔しつつも引き返すことも難しい状態。でも車は時々走り抜けるので、とにかく安全運転で九重の山を越えました。

それから玖珠インターに向かってまた山道を抜けて行くのが断然早いのでしょうが、これ以上は雪道の山越はスリップ具合と集中力の限界。山道もどんな状況か分からない。このままでは事故に繋がりかねないと諦め、南に向けて走り、そして小国を抜けて大きく回って日田インターへ。

普段は1時間もかからない湯布院から日田までの道ですが7時間もかかってしまいました。ああなんということ。倍の時間を見積って出発したのですが、無残にも時間は過ぎ、ここから急いでも会場まで2時間。でももう開演時間が迫ります。会場の方と相談し、コンサートを中止することになりました。

でもなんとか会場まで、、。準備して下さったトモさんや皆さんに謝りたい一心でひた走りました。あの道を通って入れば、、はじめから南回りで、、、前日から、、色々と後悔の念が心に浮かびましたが、でもどの選択も無理だった事。自分たちを追い詰めても胸が苦しくなるばかり。これが今の私達のできる精いっぱい。きっと神様が何かを回避する為の選択だったのだろうと思うしかありません。それでも、、、。小さな小さな私たちがまた一層小さくなり、為す術ももう何一つなく神さまに身をゆだねるしかありません。運転しっぱなしのトシオさんが窪んだ目をパチパチさせながら、せめて待っていてくださる会場のトモさんのところまでは安全に、、。頑張ってくれました。

会場ではお部屋を温めて、トモハウス の会長で主催者のトモさんが待っていてくださいました。そしてキャンセルしてしまった私たちを叱ることもなく、優しく迎えてくださりました。そして惨めな私たちにコーヒーまで入れていただき、傷心な私たちのために静寂の中で、インディアンフルートを吹いてくださいました。

優しい音色。その温かさに本当に癒されました。この失態に、また雪道の恐怖に胸が苦しくて締め付けられ、カチコチになった体をトモさんの吹く音色がふわっと体を包んで支えてくださるようでした。悲しい心に音楽の素晴らしさが身にしみて、諦めずにやって来て良かったと心から思いました。演奏出来ず、ご迷惑をおかけして、絶望の暗闇の中にいた私たちにトモさんが、優しい音楽の火をともしてくださいました。本当にありがとうございました。

そして、この素晴らしいトモハウスの建築のことも教えていただきました。

この床は、炭の入ったコンクリートで、トモさんのオリジナル。そして、土間と暖炉の組み合わせで、隙間が多い日本家屋だけれども、暖炉は土間を温め、自然素材の壁を伝って全部が暖かくなり、天井が高く広いこのお部屋も暖炉一つでぽっかぽか。冬に日が沢山入り、夏は入りにくい窓のお陰で、夏は涼しく冬は本当に暖かいそうです。部屋の空気も外と変わらないほと新鮮で、本当に素敵な場所。響も素晴らしく、あー本当に演奏したかった。悔やまれて涙が出てきそうです。こんな素敵な場所を用意していただいたのに。本当にごめんなさい。

IMG_6357_6513e.jpg 

優しいトモさんと。

いつかまたこの素敵な場所でトモさんと音楽を共にすることが出来ますように。

心からの感謝とお詫びの気持ちを込めて。

 

 

 

 

 

IMG_7401.jpeg

福岡県太宰府市にあります、CAFE 「COCCOLO」さん。暖かな灯りに覗かずにはいられない!

 

クリスマス、おめでとうございます!!

今年も無事にクリスマスを迎えることが出来ました。

 

クリスマスイブイブ、イブには、CAFE 「COCCOLO」さんでクリスマスディナー&チェレステ楽団コンサートをさせて頂きました。

CAFE 「COCCOLO」さんは、夏の太宰府の小鳥居路地のお祭りで演奏させて頂いたカフェです。

 

IMG_9150.jpeg

寒波がやって来て、2日間とも寒い日でしたが、心温かなお客様に見守られて無事コンサートを終えました。冬の体の調整の難しい時期ですので、風邪をひかれて来られなかったお客様がたくさんでてしまいましたが、カフェの方が最後まであきらめずにお客様を集めて下さいました。ありがとうございました。来て下さったお客さまに心からの感謝の気持ちをこめて、2日間精一杯歌いきりました。クリスマスの歓びを皆さんと分かち会うことが出来、またどんな時でも心から応援してくださり、力になってくださるお客さまの笑顔に、涙が溢れ、心癒されたひと時でした。本当にありがとうございました。

IMG_9044.jpeg

お店の常連さんと。みなさんあたたかな方々ばかり。楽しいひと時です。

コンサートではオーストリアの民族衣装を着させて頂きました。今年はオーストリアのクリスマスソング「きよしこの夜」の生誕200周年だそうです。

クリスマスコンサートでは最後にいつも歌わせていただいているのですが、毎回その美しい旋律に感動して心がふわっと天にも昇る心地にさせてくださいます。

IMG_7425.jpeg

カフェオーナーご夫婦。朝早くから夜遅くまで寝る間も惜しんでお客様のために,助け合いながら毎日一生懸命働いています。

IMG_7437.jpeg

可愛い娘さんもお手伝い。CDを並べてくれたり、トシオさんの太鼓のアドバイスをしてくれたり、絵を描いてくれたり、一緒に歌ってくれたり。とっても楽しかったよ。しかしああなんて可愛いのでしょう。ありがとう。

IMG_7418.jpeg

コンサートを終えてほっと一息。おいしいお料理をたくさん頂きました。

デザートのミカンまるごとのコンポートに感動。美味しかった!その発想に脱帽です。

毎日通われている常連さんは、すべてのメニュー食べたけど、どのお料理も外れた事がないと絶賛でした。今ではそのお客さん、特別メニューを作ってもらえるそうです。いいなあ。通い詰めるといい事があります。化学的な添加物など一切使わず、本来の食材の美味しさを生かした体に優しいお料理。みなさんも是非是非。

IMG_7414.jpeg

ほっこり癒されるカフェ「coccolo」さん。

その裏で一生懸命頑張っているご夫婦の姿、若い二人の熱い想いに感動をいただきました。

クリスマスの素敵なひとときとなりました。

ありがとうございました。

IMG_7357.jpg

大分別府にあります、松原温泉の上の階にあります松原公民館にて、「チェレステ楽団コンサート」をさせて頂きました。

なんだかとっても雰囲気があります。お地蔵さんに手を合わせて、どうか素敵なコンサートになりますように。 20181203beppu.png

主催してくださったタンポポさんが手作りの素敵なリースやチェレステ楽団の文字を用意してくださり、素敵な舞台になっていました。そしてたくさんの方々が足を運んでくださり、私たちの音楽に耳をすませ、じっくり聞いて下さいました。オリジナルの音楽ですので、聞きなれない歌に疲れてしまうのではないかなあと心配でしたが、心を合わせてくださり、優しい笑顔に励まされて、幸せなひと時となりました。ありがとうございました。

DSC_0053.jpg

ご協力いただいた皆さまと。手作りのチケットや、皆さまへのお土産など、心のこもったおもてなしに感激しました。街の小さな公民館ですが、タンポポさんのような地元の方々がミュージシャンやアーティストたちをお迎えしたり、講演や講習などいろいろなイベントがよく行われているそうです。ちょっと寂れた雰囲気を大いに生かして、地元の若い人も年配の方も協力しあって街を生かしている別府の街がまた好きになりました。

IMG_7359.jpg

別府の商店街にありますカレー屋の「MOMO」でスタッフのみなさんとお食事させていただきました。

みなさんと、いろんなお話をさせていただき楽しいひと時でした。チェレステ楽団の音楽もとっても気に入ってくださり、温かい言葉を沢山いただいて嬉しかったです。つたないながらも自分たちの気持ちのこもったオリジナルの音楽を応援してくださる貴重な方々に出会えて、涙がこぼれます。いつも自信のない私は、みんなの知らない曲ばかりのオリジナルのコンサートにいつも怯えてしまいます。聞き馴染みのある曲じゃないとわからない、誰々さんの歌が合いそうだから歌ったらいいのに、もっとお客さんに合わせて曲を選んでもらえたら、、。などなど、アドバイスをいただけるのは嬉しいのですが、、。そんな時は自分の力不足にただただ心が折れそうになります。でもお客さんの全てを喜ばせるのは難しいし、それは自分の目指すところではないので、くじけず頑張っています。空からいただいた恵みを私たちの心を通して言葉にしたり音にしたり、私たちが好きと感じる音楽を演奏したいという思いからの活動ですので、そこを諦めてしまうと音楽をする意味が無くなってしまうから。心の情熱が無くなってしまうから。少しずつでも、小さな活動でもそこは守っていけたらいいなあ。といつも試行錯誤の日々です。でも今日はそんな悩みを抱えている私たちに、スタッフのみなさんが「チェレステ楽団の音楽が聴きたいのよ!みんなにあなた達の曲を聞かせたかったの。他の人の曲は他の人がやればいいのよ」と言ってくださいました。本当に嬉しかった。励まして頂き、本当に、本当にありがとうございます。

 

お話に夢中でお写真を撮るのを忘れてしまったのが残念。カレーもサモサも美味しかったですよ。ついつい毎日通いたくなるような、居心地の良い雰囲気にとっても癒されました。ここでもインド音楽の方々がライブをされたりするそうです。聞いてみ たいなあ。12月の10日には「ホピ:聖霊カチーナとともに生きる「平和の民」から教えてもらった事」という本を出された天川彩さんのスペシャルトーク「HOPI」~平和の民から教えてもらったこと~

1210日に19:00からあるそうです。ギャラリー『たんぽぽりん』でも「カチーナ展」を11:0018:00 *3日間限定 入場無料でしているそうです。わ~良さそう。行こう!!

IMG_7369.jpg

最後にタンポポさんに別府の小さな路地裏にあります「中浜地蔵尊」に連れて行って下さいました。今日の素敵な出会いに感謝の気持ちを込めて。合掌。

20181104minna.jpeg

 

11月4日、チェレステ楽団の地元にあります茨城県の龍ケ崎市の「龍のランプ」さんでのチェレステ楽団コンサート「みんな繋がっている」無事終了しました。龍のランプさんでのコンサートは、今回で4度目。秋の柔らかい日差しに包まれて、優しい木の風合いの店内で素敵な時間を過ごさせていただきました。

 

20181104a.jpg

今回もいっぱいのお客様が足を運んでくださりました。皆さん本当にじっくり耳を傾けてくださるので、心穏やかに音楽を奏でることができました。龍ランプの方々をはじめ、母がいつもお世話になっています、龍ケ崎のコミュニティーハウス「コムハウス」からいつも応援、ご支援してくださる方々、何度も足を運びあたたかいお言葉をかけてくださる方々、また準備を手伝ってくださる龍ランプの常連の方々、皆さんにご協力いただき、こうしてコンサートをさせていただけることに大変感謝の気持ちでいっぱいです。私たちのコンサートを待っていてくださる方々がいらっしゃることに感謝感激、活動の何よりの糧となります。地元の愛をいっぱいいただいて、「みんな繋がっている」しみじみと実感させていただきました。また喜んでいただけるように頑張ります。ありがとうございました。

 

IMG_7287.JPG

コンサートも無地終わり、店内も元どうり。ほっと一息。お友達の「カバオコーヒー」のカバオさんにスタッフの方全員にコーヒーを入れていただきました。カバオさんのコーヒーは焙煎から愛情込めて入れてくださるので本当に美味しいんです。今日はチェレステ楽団に合わせて、チョコレートの甘い香りのような、とっても優しくて、ほっとするコーヒーでした。美味しかった~。ありがとうございました。

 

IMG_7286.JPG

この「カバオコーヒー」のカバオさん。11月11日「つくばCASA」というところで行われる「第一回 福島・茨城まごころマルシェinつくばCASA」というイベントに参加するそうです。コーヒーの他にもいろんな体がじんわりするお飲み物を用意しているそうです。私たちも、遊びに伺おうと思っています。他にもたくさんの出店があるようなのでそれも楽しみです。皆さんも、是非、「カバオコーヒー」に遊びに来てくださいね。

 

素敵な1日をありがとうございました。

 

 

 

DSC_9931.jpg

10月28日。朝の光に包まれた東京の練馬にありますカトリック関町教会。

今年も「テレジア祭」の中でチェレステ楽団のコンサートをさせていただきました。

DSC_9934.jpg

素敵なコンサートの御案内の看板。

DSC_9928.jpg

前日から信徒の皆さんがお客様のお弁当を仕込み、今日も早朝からお祭りの用意に張り切っていました。

ご苦労様です。

DSC_9944.jpg

御ミサが終わり、たくさんのお客様が信徒会館に集まってきました。

大賑わいです。

 2018-10-28a.jpg

照明まで作ってくださり、優しい灯りの雰囲気の中で演奏させていただきました。関町教会での演奏は今年でもう5年目。こうして毎年呼んでくださり、私たちの成長を見守ってくださる皆さんに本当に感謝の気持ちでいっぱいで、コンサートが始まる前からウルウルと涙がこぼれそうになります。あたたかな笑顔に包まれて、皆さんと平和で優しい時間を過ごしました。ありがとうございます。

リジュの聖テレーズ(聖テレジア)の言葉を歌にした新しい楽曲「薔薇の香り」やオリジナル楽曲の「ルピカの星」を演奏させていただきました。皆さんにいつもいただいている愛情でできた歌ばかりですので、自然体で演奏することができ楽しかったです~。

あたたかなお言葉もたくさんいただいたり、毎年楽しみにしてくださっている方々や、夏のイタリア旅でご一緒した旅の方々との再会に、エネルギーをいっぱいいただきました。

2018-10-28b.jpg

オーストリアに巡礼の旅に行かれた関町教会の稲川神父さまにいただいた民族衣装を着させていただきました。ちょっと見えづらいですが、とっても素敵なんですよ。

DSC_9945.jpg

大好きな稲川神父様と。素敵なお花をいただきました。

DSC_9948.jpg

信徒の皆さんで作られたテレジアランチ。フランスの美味しいお惣菜を集めたお弁当。

干し葡萄を散らしたキャロットラペに胡椒の効いたミートローフ。夏野菜の煮込みラタトゥイユ。ポテトフライに、僧侶の頭の形をしたブリオッシュ・ア・テットというパン。それにガレットクッキーや、焼きリンゴのパン、リンゴのシードル、ジュース。わくわく楽しい素敵なランチ。本当に美味しかったです。ありがとうございました。皆さんもゆったりと楽しいお話をしながら「テレジア祭」の時を過ごされていました。良かった~。

DSC_9949.jpg

スタッフの方や旅行でご一緒した方々と。

虚は本当に皆さんの笑顔に癒された日でした。大好きな方々との時間は本当にあっという間に過ぎていきます。もっともっといっぱいお話ししたいなあ。深い愛情と子供のような心を持った皆さんのお話は、本当に心癒されます。この皆さんの明い光がが世界の平和につながってゆきますように。たくさんの愛を込めて、神に感謝。