魚沼でのコンサートで、いつも楽しみにしているのが、福祉施設訪問コンサート。
ある場所で、コンサートを開いて来ていただくのではなく、慰問コンサートは、私達のほうがお邪魔させていただいて、みんなで楽しむことができるのでとっても好きなんです。
なんだか、アットホームな場所で、聞いてくださる皆さんもリラックスして、私たちもそこへ仲間入りするような、そんな気持ちになれる場所です。
魚沼の小出郷文化会館は、地域の方々と一緒になって運営している珍しい会館です。
毎年、音楽や芸術のアーティストさんたちを呼んでは、文化会館を拠点に、学校や施設に慰問していただいてみんなで町を活性化しています。
素晴らしい活動です。
そんな地域は見たことがありません〜。


午前中に訪れた「六花園」にて
みなさん本当に童謡や唱歌が大好きですね。
目がキラキラキラキラ。
一つ一つの音や言葉に耳を済ましています。


ギターの西野雅人さんは、ウクレレ奏者でもあります。
ウクレレ1本で、ショパンの「ノクターン」を豊かに演奏して頂きました。
ウクレレであんなに繊細で豊かな表現ができるなんて、、、
素晴らしいです!!


みんなで記念撮影。


笑顔あふれる時間となりました。


午後には、「やいろの里」へ


窓を開け放って、ちょっと暑いですが、なんのその。
皆さん元気いっぱいです。
一緒に歌ってくださったり、私が踊ると一緒に真似をしてくださったり、ほんとうに楽しかったです。歌の力ってすごいなあ。みんなが一つになれるんですもの。


魚沼でのコンサートに初めて加わったトシオさん。
一生懸命です。
タブラの説明や、不思議な太鼓の音色を聴いて、皆さんも大喜び。
たくさんの拍手をして頂きました。
よかった〜。
トシオさんも、今日はとっても楽しかった〜。
うれしかった〜。と何度も言っていました。


みんなで一緒に記念撮影

「六花園」「やいろの里」の皆さんが心を込めて作られたお野菜や、ぬいぐるみを頂きました。
本当にありとうございました。
おいしい〜。今、茨城の実家でみんなでいただいています。
夏の一番の思い出になりました。
また寄らせて下さい。
ありがとうございました。