もうすぐ七夕ですね。
なかなか東京でひっそりと住んでいるときには、子供がいませんので行事ごとに参加したりする機会がありませんが、甥っ子や姪っ子の近くにいますと、行事ごとでたくさんな事に驚かされます。昨日は、保健センターで子供達の七夕祭りがあり、姉の紹介で演奏させていただく事になりました。
0歳児から3歳児の子供達、お母さん方がたくさん見えられ、短冊を作ったり、折り紙をしたり、大賑わい。音楽を聴くのは難しいかな〜。と思ったけれど、音楽の好きな子供はちゃんと耳を澄まして聞いてくれました。きらきら星や七夕さまを一緒に歌ったりとっても楽しかったです。
ありがとうございました。


カラフルな飾り。
七夕飾りのいろんな形にも一つ一つ意味があるそうです。
短冊は、書道の上達を願って。アミアミのような飾りは魚の豊魚を願って。衣のような折り紙は、裁縫が上手になりますよう。イカの足のような長いひらひらがついているものは織り姫の糸を表し長寿を願って。お野菜の形は秋の豊作を願って。などなど。

そして、由布市立図書館でのチェレステ楽団のミニ個展「ヒフミヨイ」も始まりました。
7月いっぱい展示させていただいています。
旅で出会った空や、植物や、虫など、トシオさんのカメラの向こう側の世界がのぞけますよ〜。
是非是非、お立ち寄り下さい。