自然に帰っていった町には、可愛らしい植物たちが。


いろんな植物が寄り添って
大地に根を張り一生懸命生きています。
春の訪れに喜びがあふれていました。

父が昔よく遊んでいた山のある小松というところへゆきました。
なにやら山の上の方に小さな薬師堂があるそうです。
途中、近所のおばさんに行けるかどうかを聞いたら、最近薬師講なるものがあったので、道も整備されて今いいよ〜。お参り行っておいで。
と言われていたので、張り切ってゆくことに。

木漏れ日がきれい。

森林浴。いい香り。

父の子供の頃はこの辺り草原で、駆け回って遊んでいたそうです。今は草木がじゃんじゃか育っています。山の中に水路の洞窟や民家の石垣が残され、一つの集落があったようです。神社もお寺も病院もあったそうです。みんな村を出て行って、忘れ去られた緑の村。


ずんずん進んでゆくとだんだん険しくて、本格山登りのよう。道が整備されて〜って。ロープは張っていたけれど。プチクライミング。


ぐるぐるぐる。緑が迫ってきます〜。


つきました〜。大きな岩の狭間に、これは祠というのでしょうか。人が5,6人座ったらいっぱいになる程の大きさです。

建物の中には小さなやさしいお顔をした薬師の像がありました。「おんころころころ せんだり またおに そわか」というお札が張られており、何回も繰り返し唱えるそうです。集落の人は代々薬師さまを大事にしてきたようです。祖父は公務員だったそうですが薬についても詳しく、昔はお家で薬草を調合していたそうです。今では私の姉がハーブを庭中に植えて体調に合わせてお茶を入れてくれます。DNAでしょうか。

山を下ると津房川のせせらぎが。西日に照らされて幻想的です。


もちろん川にも立ち寄ります。
ススキが金色に光って美しい。岩の上で父がぼんやり川を眺めています。
子供の頃にすっかり戻られてしまっています。


この岩の下で雨が降ると雨宿りをしていたそうです。
山や川でいっぱい遊んでいた少年時代、たいそう楽しかったのでしょう。
山や川がお庭のようなものでしたから。
なんだかうらやましくなります。

そんな父に育てられた私も結構野生児です。山も岩場もなんのその。家族でよくキャンプに行きました川で一枚。


父の思いでのいっぱい詰まった安心院町。
駆け回っていた子供の姿が目に浮かぶようです。
まだまだ色々あるそうですが、父のふるさとめぐりの旅もおしまい。
安心院、その名の通り本当に心安らぐ町です。是非訪れてみて下さい。

今日は雨。
雨の音がしとしと。涼しく、気持ちの良い日です。

昨日のつづき、
「イモリ谷」という可愛らしい名前の村にあります安心院町の南光寺からはじまります。
上空から村を見るとイモリの形をしているそうです。


移転されたそうで、とっても新しい。
昔の寺跡からは鎌倉時代の古瓦が多く発見されているそうです。

仁王像。
木造の仁王像として県内で2番目に古いそうです。
国東半島に数々残る仏像の作者、仁聞菩薩の作と伝えられているそうです。
金網が張られ厳重に保管されていました。大分朽ちていたようです。きれいに修復されていました。
ものすごい筋肉。迫力があります。
スパルタカスも真っ青だね。とトシオさん。


奥に入ると菩薩さま。
そのおつきのような小さな木彫りのものが所狭しとたくさん並べられていました


それから仙の岩を是非写真に撮りたいと車を走らせ


わ〜すごい岩!!
100mの大絶壁平岩や大中小の屏風岩や大巖寺岩窟・奥の仙岩窟などがあり、1000年以上の昔から山岳仏教の修行場であったそうです。大昔、インド僧法道仙人が居たので『仙の岩』と呼ぶようになったそうです。

写真講座してますね〜。
逆光気味なので大変そう。どうなったかしら。上の写真はトシオさん作です。
ツツジも咲いて、岩も雄大で。素敵!!父の写真はどうなったかなあ〜。

先日から続いています父のふるさと安心院めぐり。
この日も良く晴れました〜。


安心院町と別府市の境界を流れる津房川をかける国境の橋。
ここからが安心院だとなんだか誇らしげ車から降りると何かを探しています。


橋の上から滝が見えました。「国境の滝」というそうです。
涼しそう。滝壺で遊びたいなあ〜。


それからは、父がはじめて魚釣りをしたという思い出の川にゆくと
草から顔を出すように
「安心院トラピスト修道院」と小さな看板が出ていました。
少しだけ寄り道。
細い道を不安な気持ちで車で上ってゆきます。


途中で「かやごもり分校」という不思議な学校がありました。
お休みの日でしたのでしーんとしていましたが、ちょっと気になる〜。

横目で見ながらまたずんずん、こんな山の中に本当にあるのでしょうか?


ありました。
静かな山の上にひっそりと。
近くの方でしょうか。畑仕事の合間にいらした感じの方が入ってゆかれたので
それに続いて聖堂の中へ。

すると一般の方のお祈りの場所から少し離れたところに、修道女達がお集まりになり
お祈りの時間が始まりました。
修道女の美しい声が響き渡りました。
聞いたことのない旋律の聖歌がやさしく心にしみこんでゆきます。
お昼の鐘の音と祈りの歌が天上へ。
幸せなひととき。


クリスチャンではない父は不安そうにしていましたが、手を合わせてお祈りをしていました。良かった〜。
外へ出ると神父様が声をかけて下さいました。
安心院出身です〜。父はまたうれしそうに神父様とお話していました。
自然が美しく、ここが好きだとおっしゃっていました。
山奥だけれども、週に一度バスがやってくるそうです。
そのバスに乗るのがとっても楽しみなのだそうです。
山に住んでいるお年寄りみんながこのバスを心待ちにしているそうです。
なんだかとても温かな気持ちになりました。
ありがとうございました。
つづく、、、。

タイコのトシオさんが、海で魚を釣ったことがないということで、
佐賀関の海に魚を釣りに行きました。
といっても、堤防でお気軽な感じの釣りですが、、、


アミエビ?というえさを糸につるされた小さな籠の中に入れて、
ひょいと海へ投げ込むと、
アミエビを食べるお魚がぱくぱく。
針もえさと間違えてぱくり。


釣れました。アジでしょうか〜
これは関アジになるのでしょうか〜。


空にはウミネコちゃんがお魚を狙って飛んでいます。


トシオさんの隣では、サギさんが、、、ライバル多し。みんな釣れたかな?

あっという間に日が暮れて、、、

入れ食い(釣り用語釣りで、仕掛けを入れるとすぐに魚が食いつき、次々と魚が釣れること。うちの父が、いつもは入れ食い何じゃけど、今日は少ないのう。と何度もつぶやいていました)
とはいきませんでしたが、それでも20匹ほどゲットしました。(みんなアジさん)

アジの煮付け。アジのお寿司も。
いただきます。


自分で釣ったお魚さん。トシオさんおいしそうに頂いていました。よかったね。

これで旅道中もさかなつりが楽しめそうです。