日本海側に出てきたものの、やはり暑さはかわらず、涼しそうに感じる海沿いも車で走るには暑すぎで、のぼせてぼんやり危険ですので、峠の道は大変ですが、山を越えながら北上してゆこうと、内陸に入ってみました。
鳥取砂丘に行ってみたかったのですが、砂がきっと焼けるようで、歩けないというだろうとあきらめました。


移動ばかりしていると、トシオさんのネットの仕事が出きないので、車の止められる場所を探し、良い広場がありましたので、そこで休憩することに。

車での移動の中で、パソコンの仕事がどれだけ出来るか、というのも今回の旅の中での挑戦で、観光をしたい私の願いも聞きつつ、その合間をぬって、車での電気の確保、ネットの通信、その他モロモロ、トシオさんは本当に大変そうです。
感謝です。
パソコンも、今1台を二人で使っていますので、私のブログが出来るときは、だいたいトシオさんが疲れて昼寝をしている時。
ですので、ものすごくたくさん出来る日と、ちょっとの時と、まちまち。
(現在の時間と記事がズレこんでなかなか追いつきませんがすみません。)

仕事も一段落して、お風呂にゆくことに。
実はこの町とっても素敵なところだったのです。
その町は三朝温泉という町で、散策してみることにしました。


まずはお風呂へ、三朝温泉の発見の湯と言われています「株湯」へ


昔、三徳山へお参りに行った大久保左馬之祐という源義朝の家来が、白オオカミと出くわし、弓で討とうとしたが、殺生はならんと思い直し見逃すと、夜、妙見菩薩が枕元にたって、助けた礼と言って「かの根株の下からは湯が湧き出ると」告げ、それ以来こんこんと湧いて8百なん十年にもなるそうです。
放射能温泉と聞いてやはり少し怖かったですが、町のいつも来られている方々は肌がつるつる。
中国地方は、ラドン温泉が多いのですが、入るととっても肌がツルツルになります。


町に明かりが灯り昔懐かしい町並みがぼんやり夢のように浮かびます。


綱引き資料館にあった神社の模型。
日本最古の神社が山の奥にあるそうです。


毎年5月4日の夜に行われるお祭りの「大綱引き」。
藤カズラをより合わせて雄雌2本の大綱を作り、結合させ東西で引きあう伝統行事だそうです。
映像を見ましたが、大迫力でした。


たくさんの作家さんや芸術家のに好まれた場所のようです。
私の大好きな童謡作家の野口雨情が三朝温泉を舞台に「三朝小唄」という流行歌を作詞していたそうで、映画にもなって、その記念モニュメントがありました。

三朝小唄
野口雨情
一、
 泣いて別れりゃ サイショ空までエー
 ヨイトヨイトサノサ 曇る
 曇りゃ三朝がよ ヤレ
 三朝がよ 雨となるヨー
二、
 大瀬ぼうきじゃ サイショ三朝がエー
 ヨイトヨイトサノサ 見えぬ
 
三朝山陰やまかげよ ヤレ
 山陰よ 山の中ヨー
 「ハ出雲の帰りにゃ 又おいで
 寄らずに帰るは 二心
 その時ァ私が 追ってくヨー」
三、
 三朝湯の神 サイショ二人がエー
 ヨイトヨイトサノサ お好き
 一人ゃ寝しゃせぬよ ヤレ
 寝しゃせぬよ 帰しゃせぬヨー
四、
 三朝河原に サイショ河鹿かじかがエー
 ヨイトヨイトサノサ 鳴くよ
 恋し恋しやと ヤレ
 恋しやと 主を呼ぶヨー
五、
 三朝三朝と サイショ皆様エー
 ヨイトヨイトサノサ いやる
 
 恋の懸かけ橋よ ヤレ
 懸橋よ
 あればこそヨー
 「ハ出雲の神様 縁結び
 寄らなきゃ後から 追ってくヨ
 追っつきゃその時ァ 掻かっちゃくヨー」

三朝小唄のモニュメントのあるところに後ろには
公衆浴場があって、河原で露天風呂ですので、、目に入ってきますので、
慌てて写真をとりました。


三朝神社はの手水舎は温泉でした。


ひとめで、あれ〜宮沢賢治みたい〜と思ったら、ここは河本緑石資料館「カンパネルラの館」で、宮沢賢治のファンが集う喫茶店だそうです。


河本緑石が宮沢賢治の遺作「銀河鉄道の夜」の“カムパネルラ”のモデルのひとりといわれているそうです。詩集や宮沢賢治からの手紙なども展示されています。


「キューリー祭」というお祭りをやっていました。
もう夜の8時過ぎでしたが、続々と町の住んでいる人がお家から出てきて、賑わっていました。
町がいきいきしていて、とっても可愛い街です。おしゃれで、古風で、なんとも大好きな感じ。
映画の影響か、若いカップルもたくさん。こんな素敵な温泉街ってあるんですね。びっくりしました。
またゆっくり散策したいです。

島根県に来たからにはやっぱり出雲大社へ。
暑い夏は日の差したお外を観光するのが大変体力を奪ってしまいますので、
朝早くに参拝にゆきました。


力強いなあ。
ここのところ訪れていた場所が、宗像三女神の女らしい華奢な神社が多かったせいか、鳥居からしてどっしり感じます。


松の並木道。
広々としていますが、昔はこの道がいっぱいになるほど人が参拝していたのでしょうね。


仮拝殿。
実は今60年に一度の「平成の大遷宮」による御本殿改修工事をされていて本殿の方に参拝する事は出来ませんでした。大國主大神様は仮のお住まいでありますこの御仮殿にいらしているそうす。
すぐここにいらしているのですね。
参拝者たちの4拍手の音が響き渡ります。

すると太鼓や笛の音が。
どんどん。
リズムも力強いけどほんわかで神話の世界に迷い込みそう。


本殿の後ろに須佐之男命を祀る素鵞社という小さなお社があるそうですが、こちらも参拝出来ませんが、こちらもちゃんと遥拝所が設置されていました。

砂の入った箱が二つありました。
右には『素鵞社御神前にお供へいたしました御砂です。』
左には
『お持ちになられました御砂をお納め下さい。』
とあります。
よくわからなくって、右の砂を左に移して見たのですが、なんだかすっきりしなく、悩んでいると、トシオさんが右の砂を持ち帰って、次に来た時に左にお返しするんじゃない?というので右のお砂を少し頂いて帰りました。
 
実はこの砂、家や土地に撒いて、その場所の魔や穢れを清める砂「清め砂」というものでした。
車にもご利益あるかなあ。

そして左は海から持ってきた砂を素鵞社の床下に撒き1年寝かせ、その砂を持ち帰り今度は家の周りに撒けば災難避けになる。という事でした。
 
日本海の時に荒々しい海。古代の人々は神の存在を感じずにはいられなかった事でしょう。
大切にされてきた信仰は、今も変わらずここの人々の心の支えでありつづけているのですね。


明治12年の出雲大社教創始の際に、本殿とは別に大国主大神を祀っている神楽殿


大注連縄。
ものすごい迫力です。
長さ13m、周囲9m、重さ5tで日本トップクラス。
神楽殿では婚礼なども執り行われているそうですよ。


日供祭。
朝のお供えでしょうか。
朝と夕に神様に食事を差し上げる祭りだそうです。
出雲大社では毎日宮司が自らこれを行うそうです。


折角ですので宝物館に寄って行きました。
三柱。
中は小さな展示室ですが、神様に捧げられた職人たちの傑作のお宝が収められていました。
するどすぎて肉眼では刃先が見えないほどの刃先、触れただけで血がしたたりそうな政宗や備前おさふねの刀。
日本画や琵琶、漆器など本当に見事でした。
「かた」に「ちから」をいれたのが「かたち」ですから、そう教えてくれた係りの方。
いろいろと丁寧に説明してくれましたので、とても楽しめました。

その係りの方のおすすめで、島根県立古代出雲歴史博物館にも訪れてみました。
こちらは、まあ立派な施設。見所満載です。


巨大神殿模型。
様々な方が独自の解釈で作られています。
天空にそびえる神殿。
出雲大社境内から出土した宇豆柱が出てきたおかげで、伝説だった巨大神殿が現実味を帯びてきたようです。

その他にも、出雲地方の歴史や、風土記の展示、シアターまであって、1日中楽しめそうです。が全部細かくみようとするとかなり疲れます。ほどほどに のはずでしたがぐったりお腹も空いたので、お昼をいただきにゆきました。


出雲そば。


そばがきぜんざい。トロトロふわふわ。
美味しくってほっとしました。

大きな力で日本は守られている。
そんな安心感でいっぱいになりました。
どんどんどん。
太鼓のリズムで足どりも弾みます。
またお参りにゆきたいです。
ありがとうございました。

島根でのお泊りはせっかくなので海岸沿いがいいね。
という事で、道の駅「きらら多伎」へ。
金曜の夜という事もあって、たくさんの車が。


運良く止まっていた車が帰って行きましたので、海よりの端っこに止める事ができました。
すると、キャンパーの方が私たちの車を見て声をかけてくださいました。
ひと月ほどの車の旅を定期的にされているご夫婦の方で、私たちと同じような車の上が空いてテントになるフリートップ型の車に乗られていました。
皆さん試行錯誤しながら車生活を楽しんでおられます。
いろんなお話で話が弾みます。
そしてとっても素敵な事を教えていただきました。

「温泉博士」という雑誌が出ていて、それに載っている全国各地の温泉が雑誌を見せると無料ないし割引ではいる事ができるというのです。
旅の中でもっとも、お金がかかるのがお風呂なんです!
特に夏は、毎日汗を流したいですよね。
ですので親切に教えて頂いて本当にありがたかった〜。
天使ですね。
なんだかまたどこかの温泉でこのご夫婦にも会えそうな気がします。
楽しみ。
ありがとうございました。


月夜の晩
砂浜では遅くまで若者たちで賑わっていました。
花火をしてワイワイ。
一つ花火に火を付けるたびに笑い転げて楽しそう。
あの時代は何をしてもおかしくってお腹がいたくなるほど毎日笑っていたなあ。

いつもここに海あって、
いつものお友達と、
思いっきり笑いながら遊ぶことは
きっと彼らには普通だけど、
きっと何よりもの宝物になるんだろうなあ。

月と星と海と花火。
ちょっとうらやましくって
でもこうしてここにいるのも
だいぶ素敵な事だなあと
夢見心地でお休みしました。

波の音で目が覚めると、澄み渡る空。
キラキラな海。素敵な1日の始まり。

島根県へ
日本海へ向けて走っていると、石見銀山世界遺産センターというところがありました。前にテレビで素朴な街並みとそこでしか飲めないイタリアのコーヒーの事を覚えていて、行って見たいなあと思ったけれど、銀山の見物は完全予約制。日も暮れかけて来ていたし、大森という街並みは車が入りにくそうでしたので断念。またゆっくり予約をして見にくる事にしました。
その代わりにここも世界遺産登録がされています、温泉津という街にお風呂をいただきにゆきました。港に寄り添う古くて素朴な建築物が残る町並み。


温泉発見の由来は往古1300年以前、湯に浸かって傷口を治しているタヌキを旅僧が見つけたのがはじまりであると言われているそうです。

 源泉をそのまま使用された湯は大変熱く浴槽が3つに区切られ、熱い湯・ぬるい湯・座り湯とあります。鍾乳石のような湯船はなんとも歴史を感じ、常連客の憩いの場となっていました。毎日のように来ているというおばさまに効能など教えていただきました。

少しずつゆっくりいただきなさい。飲用すると糖尿病、胃腸病、胸焼けなどに効果がある温泉水。海に近いからか塩辛く、また大分の長湯温泉のような味がしました。記念に番頭のおばさんに写真をとっていただきました。


「山を崩したり森林を伐採したりせず、狭い坑道を掘り進んで採掘するという、環境に配慮した生産方式」が「21世紀が必要としている環境への配慮」がすでにこの場所で行われていたと委員の反響を呼び世界遺産登録された石見銀山。この街も文化的景観の一つとして世界遺産登録がされているそうです。
特別な何かという事よりは原風景を大切にしながら素朴な暮らしをしている方々の姿勢が日本人として大切な遺産だなあと感じました。


海岸線を走っていると夕日が。
海にピンク色の道ができていました。
なんて美しいのでしょう。
言葉になりません。
日本海に沿ってこれからどんな旅が待っているのでしょう。
楽しみです。

もしかしたら日本海側にゆくと涼しいかもしれないと希望をもって出発。

途中に可部峠の御神水と書かれた看板がありました。
私たちにとって名水ほど惹かれるものはありません。
対向車がきませんように。
農道を行きたどり着きました。


水汲み場には小さな鳥居。
ポンプから引き上げられた水が蛇口をひねると水が出てきます。
昔から水が湧いていたそうで、様々な人の往来のたびに「渇きをいやした」
と言い伝えの看板があり、たいそう貴重なお水のようです。

なんて美味しい水。

もしかしたら今まで飲んだ湧き水の中で一番美味しいかも。
静かでひっそりとしていて体も癒されてゆきます。
広島の観光をして疲れ果てていましたのでここに一晩車を止めさせて頂くことにしました。 


夜になると月明かりであたりはぼんやり。
池の中に鯉の泳ぐ影も見えます。


思わずハープを奏でたくなりました。
風が吹き抜け涼しくて気持ちがいい〜。
月を眺めながら演奏をしました。

水の美味しいところだからいるだけでも体に良いのでしょうか。
とってもぐっすり眠れました。 


気持ちの良い朝に思わずトシオさん、太鼓を奏でます。


私の方はゆっくりお茶タイム。


夕方来た時には誰一人やって来ませんでしたが、朝から続々と人がやって来て水を汲んでゆきます。そしていろんなかたに声をかけて頂きました。
地元以外の方もいらしていて、キャンピング使用の車の方に車の内部を見せていただいたり、京都はどこどこに車中泊ができるよ〜と私たちが京都に向かっていることを知っているかのようなコメントを言い残してゆく人や、孫に買ったサッカーボールに書いた名前を間違えてしまったので遊んでくださいと、いただいたり。
ありがとうございました。

本当に美味しいお水。
生き返りました。
ありがとうございました。