20180501-135.jpg

白樺がいっぱい。

秘密基地を離れ、蓼科から駒ヶ岳の方に向かって車を走らせます。

20180501-134.jpg

蓼科牧場にて

遠くに蓼科山が見えます。広くて何にもなくて清々します。もう牛も小屋に帰ったのかな。

 

20180501-136.jpg

女神湖に夕日が落ちてゆきます。美しい~。

 

20180501-137.jpg

霧ヶ峰 富士見台展望台。左奥に蓼科山と、白樺湖が見えます。右の遠くの山の間にお天気がもう少し良いと富士山が見えるそうなのですが、残念。見えません。しかし雄大な景観です。日本にもこんなところがあるんだと感動します。

20180501-139.jpg

夕暮れの薄明かりの中、山焼きの跡のペランとした山の頂上を走る車の光が、曲がりくねる道を照らしうごめいている不思議な光景がとっても面白かった。こんなところまで道があるなんて。違う星にでも来てしまったかのような気持ちになりました。

 

20180501-131.jpg

佐久市に荒船山が見えるところ。

この近くに、ヘイズ銀座の平田さんの秘密基地があります。あ~なんて素敵な場所。

朝鳥の声で目が覚め起きました。散歩にゆくよ~。平田さんに誘われて基地の周辺を散策。まずはここの名物荒船山を見に行きました。

20180501-105.jpg

良いお天気で気持ちが良いなあ。

青空に白い花びらが美しいです。

20180501-106.jpg

小さな川のそばには

20180501-107.jpg

やぎさんがとことこ。

20180501-109.jpg

タンポポの花ををむしってあげると嬉しそうにむしゃむしゃ。

20180501-111.jpg

この辺りはどうやら牧場のようです。

20180501-112.jpg

美しい桜のそばに何かの碑がありました。

「我国酪農発祥の地」と書かれています。わ~ここから酪農がはじまったんですですね。

20180501-114.jpg

羊さんもいました。

20180501-116.jpg

羊と同じところに山羊さんも。赤ちゃん可愛いよ。最近ラジオで羊と山羊の鳴き声の違いについて話しているのを思い出しました。ほとんど見分けがつかないそうですが、専門家の人が聞くと違うそうです。トシオさんが違いの鳴き真似してくれました。トシオさんの特技は動物なりきり。似ているかどうかはわかりませんが、とっても面白くて上手なので私の大好物。みんなに聞かせてあげたかった。ちなみに羊はもともと山羊で、植物の品種改良のように交配が行われ飼いならされて羊となったようです。

 

20180501-118.jpg

うさぎさんもいました。

 

20180501-117.jpg

遠くに牛さんがいました。神津牧場というところだそうです。いいところだなあ。

20180501-120.jpg

荒船山荘のキャンプ場にも連れて行ってもらいました。

丘に登って行くと、

20180501-122.jpg

広~いキャンプ場がありました。ゴールデンウィークには、ここにテントぎっしり並ぶそうです。音楽イベント夜中じゅうあるそうで相当賑やかになるそう。人気のキャンプ場です。温泉もあります。

20180501-123.jpg

風がビュンビュン抜けて、気持ち良い。荒船山一体も見渡せます。

20180501-125.jpg

他にも奇岩のスポットや

20180501-126.jpg

清水寺のような神社がありました。

20180501-127.jpg

鼻顔稲荷神社。美しい狐さんが祀られているそうです。変わった名前。今度ゆっくりお参りしたいです。

20180501-128.jpg

湧き水場も見つけ、完璧です。

20180501-129.jpg

ほっと一息。秘密基地に帰ってきました。

じっくり平田さんのお話を聞くことができて、ひらめきもいっぱいいただきました。春の旅を総まとめしていただいたような平田さんのお話に、なんだか見透かされているような、さすがの直観力を感じました。「波動を振動に変え浄化する。その仕事をお前たちは行っているわけだ。陽子ちゃんが磁場になってみんなに良い気を流して行きなさい!目に見えないことを求める、光以上のものになるんだ」わあ~なんだかすごいことになっちゃってる。そんなことができたら素晴らしいなあ。私を通して天の恵みがみなさんに届けられたらどんなに素晴らしいか。

20180501-132.jpg

荒船山がくっきり。

この形、本当に船のようです。ここに宇宙船がよくやってきているという噂が。

素敵なところに秘密基地を見つけましたね。でも荒地だったそうで、笹を刈ったり、ふかふかの土地を踏み固めたり大変のようです。サバイバル術に長けた平田さんは全て手動。焚き火の火をつけるところからサバイバルは始まります。森の中で生き残るには火を起こせるかが一番。焚き火により暖をとり、獣から身を守り、食事をする。火は唯一宇宙から来たもので、天と地をつなぐ神聖なものなのだそうです。火を制すものは全てを制す。そういえば、教会も神社もお寺も宗教はみんな火を常に灯してあります。あらためて火って大事なんだなあと感じました。

すっかり私たちもこの秘密基地が大好きになり、自分の土地でもないのになんだか夢膨らんでワクワクしました。またちょくちょく寄らせてください~。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180430-97.jpg

長野の佐久市の山奥。

先日お会いした銀座のヘイズオーナーの平田さんの秘密基地へ行きました?月明かりだけが頼りの真っ暗の森の中、平田さんが焚き火を焚いて待っていて下しいました。

 

20180430-98.jpg

かなり山を登ってきたので、気温も低く焚き火がありがたいです。

いったいここはどんなところなのでしょう。朝になってからのお楽しみです。

もう23時ごろでしたので、今日は無茶をせず、ゆっくりお休みして、明日、あたりの探検へ行くことになりました。

20180501-100.jpg

今宵満月。平田さんといえば満月のイメージ。ヘイズのお祭りも平田さんの誕生日も満月の日だったような。

秘密基地には小さな山小屋があって、そこで今夜はお休み。ちょうど横になると目の前に満月の光が煌々としていました。私は半目で寝てしまうところがあるので、いつもだったら眩しくて眠れないのですが、今日は1日いろんなことがあったので疲れてスヤスヤ。また明日~。