20180509-11.jpg

大分の実家に帰ってきました。雨で水汲みに行けなかったので、家族で今一番お気に入りの別府にあります朝見神社の湧き水を汲みに行きました。今日はたくさんの方が汲みに来ていて、大賑わいでしたが、みんながいくらすくっても溜められた水がそこからこんこんと湧き出て全く減ることがありません。不思議ですね。神様に感謝です。

20180509-12.jpg

境内は緑がいっぱいで木漏れ日がキラキラして美しかったです。

20180509-13.jpg

「トシオさんおみくじ引く?」「いやいや」先日熊本の神社で大吉を引いたので、今年はそれ1本でいくそうです。

20180509-14.jpg

下に別府の街を見渡せます。

20180509-15.jpg

お昼に大分名物とり天発祥の中華料理屋さん「東洋軒」へ行きました。ランチはリーズナブルで大人気。11時半にして満席でした。

20180509-16.jpg

家族みんな冬の間インフルエンザやら体調不良でろくに食べられず大変な目にあったのですが、元気になってよかった。大変なボリュームなのですが、みんなでシェアしていろいろ食べられて、大満足のランチでした。

20180509-17.jpg

帰りに、野イチゴ拾いをしました。たくさんのイチゴのお花が咲いていました。

20180509-18.jpg

はちさんも蜜を吸いに。

20180509-19.jpg

こんなに真っ赤なイチゴがほろほろとなっていました。美味しかった~。

20180509-20.jpg

お家の近くの田んぼから。長野の雄大な山々にはかなわないけれど、ここからも結構いい景色が見渡せます。ああいい天気。無事にまた九州に戻りました。ひとまず休憩です。

20180507-9.jpg

 

山口のソレーネ周南の道の駅にて。

前日から降り出した雨は朝になっても雨は止みません。雨の日は窮屈な車の中でのお休みなので、寝違えてしまい、体操も出来ず、なんだか気持ちもどんより。

そこへ美味しそうなソフトクリーム屋さんの看板が目に。珍しくトシオさんが朝搾りソフト寄ってく?と誘ってきたので、やっほう。いただきました。

20180507-10.jpg

とっても新鮮なお味。そんなに甘くなくでもクリームは濃厚で美味しかった~。地元の牛さんの朝搾り牛乳を使っているそうです。なかなか食べられないお味です。気分もすっかり持ち直し、出発です。

20180506-3.jpg

今日は日曜日でしたので早起きをして、倉敷にあります倉敷カトリック教会へおミサに行きました。

蔵造りの素敵な教会で、信者さんもたくさんいらして元気のある教会でした。おミサの終わりに、初めて来た人の紹介があり「倉敷児島が本籍です。」というとみなさん拍手してくださり歓迎していただきました。もしかしたらご先祖様とつながりのある方がいらっしゃるかもしれません。どうぞ宜しくお願いします。

20180506-1.jpg

正面のステンドグラスや、両脇の壁にある十字架の道行きを備前焼のモダンなデザインで表されていたりと、シンプルながらも大変美しく興味い聖堂でした。

 

教会を後に、久しぶりに太宰家のお墓参りに行くことにしました。

20180506-43.jpg

よいしょ、よいしょ。小高い丘の上にお墓があるので、ずんずん登って行きます。

 

20180506-42.jpg

緑がいっぱい。夏になると大きな蚊がいっぱいなので、この時期でありがたいです。と思ったのがあまかった。すでに生まれていましたか。でも薄着でなかったので助かりました。

20180506-3.jpg

 

どうぞ家族みんなをお見守りください。

あ!トシオさん薄着だ~。「いてて、あ~やられた。」やっぱり。ここでは油断大敵です。

20180506-4.jpg

ここのところいろんな方のお墓参りやお祈りなどが多く、お家のことは後回しになっていたので、お祈りすることができてよかった~。気持ちがすーっとしました。

親戚みんなここから遠くに住んでいるのでなかなかお参りができなくて、、。でも旅をはじめて、1年に1、2回ぐらいは見に行けるようになりました。でも老朽化で、、いろいろお墓の問題って大変ですね。どう受け継いでいったらいいのか。真剣に考えないとなあ。

 

 

チェレステ楽団
太宰陽子の BLOG
「夢のつづき」

blog-yoko

Music

 

 

チェレステ楽団の音楽が聴けるサービスです♪
spotify.png
youtube_music_key.png
line.png
apple_music_preferred.png

amazon_music.png
★その他各種サービスでも配信しています。
サービス内で「celeste gakudan」と検索下さい。