IMG_7542.jpeg 

メリークリスマス!

クリスマスコンサートも無事終えて、クリスマスのおミサへと、カトリック今村教会に行きました。

とっても歴史のある教会のようで、美しい素敵な教会でした。

 IMG_6280.jpeg

聖堂はとても広く、荘厳な雰囲気で、おミサにはたくさんの信者さんが集まり、またたくさんの子供達が手話をしながら歌ったり、素敵なおミサでした。最近ではおミサの間女性がヴェールをしない教会が多いのですが、ほとんどすべての女性がヴェールを付けていました。ヴェールの中で静かにひっそりお祈りする姿が美しいなあと思いました。教会に行く時には私もいつも持ち歩いているので皆さんと一つになったようで、なんだかうれしかったです。

IMG_6275.jpeg 

聖テレーズもいらっしゃいました。今年は聖テレーズにたくさんのお恵みをいただいた年。年の終わりお祈りする事ができて感謝の気持ちで一杯です。

IMG_7538.jpg

イエスさまの生誕の様子を飾る、プレゼピオが可愛かったです。子供達もたくさん集まって、みんなでお祈りを唱えました。ステンドグラスの光が差し込んで、子供達をたくさんの愛で包み込んでいるようでした。

 

IMG_6286.jpeg 

ルルドには一輪の薔薇の花が咲いていました。今年の冬は暖かいからでしょうか。でも今日は朝起きると車のフロントガラスについた結露が凍っているほど寒い日でした。花びらがくるくる縮まりながらもクリスマスまで頑張って咲いていてくれてありがとう。

今年も無事におだやかな気持ちでクリスマスを迎える事ができました。

 

感謝の気持ちと平和の祈りを込めて。

 

 

 

 

 

IMG_7401.jpeg

福岡県太宰府市にあります、CAFE 「COCCOLO」さん。暖かな灯りに覗かずにはいられない!

 

クリスマス、おめでとうございます!!

今年も無事にクリスマスを迎えることが出来ました。

 

クリスマスイブイブ、イブには、CAFE 「COCCOLO」さんでクリスマスディナー&チェレステ楽団コンサートをさせて頂きました。

CAFE 「COCCOLO」さんは、夏の太宰府の小鳥居路地のお祭りで演奏させて頂いたカフェです。

 

IMG_9150.jpeg

寒波がやって来て、2日間とも寒い日でしたが、心温かなお客様に見守られて無事コンサートを終えました。冬の体の調整の難しい時期ですので、風邪をひかれて来られなかったお客様がたくさんでてしまいましたが、カフェの方が最後まであきらめずにお客様を集めて下さいました。ありがとうございました。来て下さったお客さまに心からの感謝の気持ちをこめて、2日間精一杯歌いきりました。クリスマスの歓びを皆さんと分かち会うことが出来、またどんな時でも心から応援してくださり、力になってくださるお客さまの笑顔に、涙が溢れ、心癒されたひと時でした。本当にありがとうございました。

IMG_9044.jpeg

お店の常連さんと。みなさんあたたかな方々ばかり。楽しいひと時です。

コンサートではオーストリアの民族衣装を着させて頂きました。今年はオーストリアのクリスマスソング「きよしこの夜」の生誕200周年だそうです。

クリスマスコンサートでは最後にいつも歌わせていただいているのですが、毎回その美しい旋律に感動して心がふわっと天にも昇る心地にさせてくださいます。

IMG_7425.jpeg

カフェオーナーご夫婦。朝早くから夜遅くまで寝る間も惜しんでお客様のために,助け合いながら毎日一生懸命働いています。

IMG_7437.jpeg

可愛い娘さんもお手伝い。CDを並べてくれたり、トシオさんの太鼓のアドバイスをしてくれたり、絵を描いてくれたり、一緒に歌ってくれたり。とっても楽しかったよ。しかしああなんて可愛いのでしょう。ありがとう。

IMG_7418.jpeg

コンサートを終えてほっと一息。おいしいお料理をたくさん頂きました。

デザートのミカンまるごとのコンポートに感動。美味しかった!その発想に脱帽です。

毎日通われている常連さんは、すべてのメニュー食べたけど、どのお料理も外れた事がないと絶賛でした。今ではそのお客さん、特別メニューを作ってもらえるそうです。いいなあ。通い詰めるといい事があります。化学的な添加物など一切使わず、本来の食材の美味しさを生かした体に優しいお料理。みなさんも是非是非。

IMG_7414.jpeg

ほっこり癒されるカフェ「coccolo」さん。

その裏で一生懸命頑張っているご夫婦の姿、若い二人の熱い想いに感動をいただきました。

クリスマスの素敵なひとときとなりました。

ありがとうございました。

IMG_7387.jpg

12月16日、大分の「いいちこグランシアター」で第九の演奏会が開かれました。(演奏会後の様子)

 

中学校、高校と合唱部で一緒だったお友達が合唱で出演。そして私の高校の時の歌の恩師の波多野睦美先生がソリストのアルト、そして宮本修先生が合唱指導をされています。この日をとっても楽しみにしていました。お友達と行く予定でしたが、お友達が体調を崩してチケットをプレゼントしてくださり、両親とトシオさんと4人で演奏会。本当にありがとうございました。東京に住んでいた頃は学生時代4年間そしてこの時期になると合唱のお手伝いでいろんな第九に参加させていただいていたのでですが、実際に客席から聴くのは初めて。どんな感じなのかとワクワクドキドキ。1時間以上前にホールに着いたのですが、もう長い行列ができて、さすが第九は人気です。ソリストも大分の誇りであるお二人、ソプラノにオペラ歌手の佐藤美枝子さん、アルトに私の師匠であり憧れの波多野睦美さんが出演されていますから、これは皆さんよほど楽しみにされていたのではないでしょうか。

そして、演奏!!とっても楽しかった~。みんな静かに聴いているのに大興奮して、つい体が動いてしまいそうでした。じっくり演奏を聴くことで、それぞれの楽器が奏でる旋律や掛け合いにいろんな発見があり、ベートーベンさんのアレンジに再度感動させられました。合唱も学生時代のことを思い出して心の中で一緒に歌っていました。ソリストたちの歌声も迫力がありました。

IMG_7389.jpg

波多野先生の師匠でもあります宮本修先生と。私の高校時代の頃とまるで変わらない若さにびっくり!!とっても優しくて、面白くて、とっても素敵な先生でした。高校時代私ともう一人の生徒さんを連れて、東京に連れて行ってくださり、東京芸大の中を案内していただいたり、先生の御師匠さんである芸大の先生のご自宅に行き、レッスンしていただいたり、貴重な体験をさせていただきました。歌の道に進むことを心配して反対していた両親にも、わざわざお家まで来てくださり、説得してくださったり、本当にお世話になりました。先生のお力添えがなかったら、歌の道に進んでいなかったかもしれません。お会いできて本当に嬉しかったです。

IMG_7393.jpg

そして大好きな波多野睦美先生と。今日もとっても素敵でした!!先生は声も姿も本当にオーラがいっぱいで、いつも圧倒されます。これぞ天職!!お母様にもお会いできて、なんだか高校時代に戻ったようでした。私の中学校の合唱部の恩師のお友達で、先生がイギリス留学から戻られて生徒さんを探している時に、歌の大好きな私に合唱部の先生が波多野先生を紹介してくださいました。小さい頃から音楽をしているわけでもなく、頭の回転も遅く、人見知りで、ぼんやりしている私でしたので、大変だったと思います。それでもいつもいつも熱心に教えてくださり、今考えると、本当に貴重な時間すぎて、なんという神様からの御恵みだったのだろうと泣きたくなります。先生の声が本当に好きで、クリスマスや、イギリス民謡、巡礼や日本の歌、たくさんのCDを出されていますが、どれも素敵でいつもいつも先生の音楽を聴いています。自分の声がなんだか変な発声しているなあと思うと、先生の歌声を聴いて、あ!そうだ、こうだった、と思い出して、、。先生の歌の表現は素晴らしく、心にじんわり沁み込んでいきます。先生の歌声はなんだか落ち着くんです。声質も日本人とは思えないほど太いのに繊細で、体全体に響きます。すごいなあ。まだまだ先生には程遠い私ですが、先生のように、いつまでも輝いていたいなあと思いました。久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

IMG_7398.jpg

父と母と。最近母が甲状腺の手術で入院していたのですが、無事元気に帰ってきました。入院している間、母が念願だった廊下の床を張り替えたり、カーテン作ったり、父とトシオさんと3人でいろいろお家の修繕をやりました。結構大変でしたが、親子でなんだか一致団結して楽しい時間となり、母の手術も無事終わり、今は綺麗になった縁側で両親が日向ぼっこして、元気に過ごしている様子にほっと一息。第九も楽しんでいただけたようで、あ~よかった。いろいろあった1年でしたが、よい1年の締めくくりとなりました。

 

お友達も合唱をずっと続けていてうれしかった~。同じ音楽仲間が頑張っているのを見ると、本当に励まされます。チケットをプレゼントしてくれたお友達にも感謝。みんなありがとう!

みなさんにもたくさんの御恵みが降り注ぎますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7357.jpg

大分別府にあります、松原温泉の上の階にあります松原公民館にて、「チェレステ楽団コンサート」をさせて頂きました。

なんだかとっても雰囲気があります。お地蔵さんに手を合わせて、どうか素敵なコンサートになりますように。 20181203beppu.png

主催してくださったタンポポさんが手作りの素敵なリースやチェレステ楽団の文字を用意してくださり、素敵な舞台になっていました。そしてたくさんの方々が足を運んでくださり、私たちの音楽に耳をすませ、じっくり聞いて下さいました。オリジナルの音楽ですので、聞きなれない歌に疲れてしまうのではないかなあと心配でしたが、心を合わせてくださり、優しい笑顔に励まされて、幸せなひと時となりました。ありがとうございました。

DSC_0053.jpg

ご協力いただいた皆さまと。手作りのチケットや、皆さまへのお土産など、心のこもったおもてなしに感激しました。街の小さな公民館ですが、タンポポさんのような地元の方々がミュージシャンやアーティストたちをお迎えしたり、講演や講習などいろいろなイベントがよく行われているそうです。ちょっと寂れた雰囲気を大いに生かして、地元の若い人も年配の方も協力しあって街を生かしている別府の街がまた好きになりました。

IMG_7359.jpg

別府の商店街にありますカレー屋の「MOMO」でスタッフのみなさんとお食事させていただきました。

みなさんと、いろんなお話をさせていただき楽しいひと時でした。チェレステ楽団の音楽もとっても気に入ってくださり、温かい言葉を沢山いただいて嬉しかったです。つたないながらも自分たちの気持ちのこもったオリジナルの音楽を応援してくださる貴重な方々に出会えて、涙がこぼれます。いつも自信のない私は、みんなの知らない曲ばかりのオリジナルのコンサートにいつも怯えてしまいます。聞き馴染みのある曲じゃないとわからない、誰々さんの歌が合いそうだから歌ったらいいのに、もっとお客さんに合わせて曲を選んでもらえたら、、。などなど、アドバイスをいただけるのは嬉しいのですが、、。そんな時は自分の力不足にただただ心が折れそうになります。でもお客さんの全てを喜ばせるのは難しいし、それは自分の目指すところではないので、くじけず頑張っています。空からいただいた恵みを私たちの心を通して言葉にしたり音にしたり、私たちが好きと感じる音楽を演奏したいという思いからの活動ですので、そこを諦めてしまうと音楽をする意味が無くなってしまうから。心の情熱が無くなってしまうから。少しずつでも、小さな活動でもそこは守っていけたらいいなあ。といつも試行錯誤の日々です。でも今日はそんな悩みを抱えている私たちに、スタッフのみなさんが「チェレステ楽団の音楽が聴きたいのよ!みんなにあなた達の曲を聞かせたかったの。他の人の曲は他の人がやればいいのよ」と言ってくださいました。本当に嬉しかった。励まして頂き、本当に、本当にありがとうございます。

 

お話に夢中でお写真を撮るのを忘れてしまったのが残念。カレーもサモサも美味しかったですよ。ついつい毎日通いたくなるような、居心地の良い雰囲気にとっても癒されました。ここでもインド音楽の方々がライブをされたりするそうです。聞いてみ たいなあ。12月の10日には「ホピ:聖霊カチーナとともに生きる「平和の民」から教えてもらった事」という本を出された天川彩さんのスペシャルトーク「HOPI」~平和の民から教えてもらったこと~

1210日に19:00からあるそうです。ギャラリー『たんぽぽりん』でも「カチーナ展」を11:0018:00 *3日間限定 入場無料でしているそうです。わ~良さそう。行こう!!

IMG_7369.jpg

最後にタンポポさんに別府の小さな路地裏にあります「中浜地蔵尊」に連れて行って下さいました。今日の素敵な出会いに感謝の気持ちを込めて。合掌。

DSC_0035.jpg

京都の豊岡市にあります「豊岡カトリック教会」の御ミサに行きました。

もともとは妙樂寺の別荘だったそうで、たいへん美しい建物でした。大正11年建築のモダンな建物。

DSC_0030.jpg

小さな聖堂ですが、心温まる優しい御ミサに、穏やかな気持ちで祈りを捧げることが出来ました。

神父さまが大変素敵な方で、すぐに声をかけてくださり、御ミサ前のお忙しい時間にお話をしてくださり、みんなにも紹介してくださりました。お説教のお話しも心に沁みわたり素敵な御ミサに感激しました。

DSC_0026.jpg

この日は11月2日の「死者の日」。

全ての死者の魂のために祈りを捧げる日です。

DSC_0025.jpg

私達も一緒にお祈りさせていただきました。

今年はこうして亡くなった方々と心つながる事ができる機会に沢山恵まれて、

感謝の気持ちでいっぱいです。

DSC_0043.jpg

お墓の側には立派な日本庭園。御墓参りが嬉しくなりますね。

DSC_0038.jpg

見事なイチョウの木が金色に輝いていました。溜息が出るほど美しかった。

風が吹き、葉が落ちるたびに、亡くなった方々とのいろんな思い出が蘇り、優しい気持ちになれました。

素敵な1日をありがとうございました。