イラストコーナー


2020-05-17 19.55.55.jpg

 

ベロちゃんと勝手に呼んだ小学校2三年生くらいのこの子は、本気のフラフープをしながらベロを左右に振り、かつ真っ正面こちらをガン見。ドヤ顔。パンは頭に乗せていなかったのですが、すごいインパクトで、、

 

テストアニメを作る必要があったので、ベロちゃんで作ってみました。

伝わるかなあ。。 

toshio

クロワッサン、美味しかったなあ。 

それではまた! トシオ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日は簡易アニメーションでした。いつかストーリー物を発表できる日を夢見て。。

精進します〜。

 

 

 クジラ、その背中のボートに乗った男たち

イングランド 1236年

 

珍獣と、男達の冒険の雰囲気が気に入った絵です。

これ、タイトル通りクジラだそうです。

まだあまり見たことがある人が少なかったのでしょう。日本画の象などもそんな感じですね。

模写の題材はネットいつもネット検索で見つけ、フィーリングで選び後から詳細をできるだけ調べるのですが、クジラの背中にボートが乗っているとは思いませんでした。こりゃあ益々大冒険だ〜。

 

toshio

クジラといえば、やっぱりあの優しい目と雰囲気が好きなのですが、

ただのでかくて珍しい魚になっちゃっているところもまた、ロマン!

 

それではまた! トシオ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テクノロジーや新しいもの好きの僕ですが、絵は何故か小さな頃から古い時代の味のあるテイストが好きでした。

斬新な構図、遠近法など味わいがいっぱいに感じます。

 

中世の版画や写本などに惹かれる理由を探して、少しずつ模写(マネ位)を描き、勉強を兼ねてこちらにアップします。

自分に身近な「聖書と典礼」冊子の表紙に掲載されたものや、中世の写本から進めてみようと思います。

 

 

弦と踊り 

オーストリアのグラーツに保管 詳細不明写本より

 

楽士の真っ赤なずきんと二人のポーズが大変可愛いので今回はこの絵を選びました。

踊り子のポーズから、ルネッサンスダンスでは無いと思うのですがどんな音楽と踊りかな、、

 

toshio去年、カミーノ巡礼の時、仲良くなった南スペインの学生のグループが踊って見せてくれたのがこんなポーズだったのを思い出しました。

 代わりに歌ってとリクエストされたのが、ドラえもん。

スペインでも同じ曲で言語違いが使われているそうで、「タケコプター!」で大爆笑。

こっちが本家なんだけど、、楽しい思い出です。

それではまた! トシオ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テクノロジーや新しいもの好きの僕ですが、絵は何故か小さな頃から古い時代の味のあるテイストが好きでした。

斬新な構図、遠近法など味わいがいっぱいに感じます。

 

中世の版画や写本などに惹かれる理由を探して、少しずつ模写(マネ位)を描き、勉強を兼ねてこちらにアップします。

自分に身近な「聖書と典礼」冊子の表紙に掲載されたものや、中世の写本から進めてみようと思います。

 

 

受胎告知 

「受胎告知」1480年頃 ベルギー ブルージュ

 

有名な絵画が沢山ある受胎告知ですが、この絵はネットで資料探しをしていて一目でとても気に入りました。

構図、絵柄も大変素敵です。

いつもの私の描き方では上手くいかず、今回はもっと原画に寄せようと試行錯誤していたら随分時間がかかってしまいました。

 

toshio

現在、現物はニューヨークのモーガンライブラリ&ミュージアムにあるそうです。

いつか見てみたいなあ。

 

それではまた! トシオ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テクノロジーや新しいもの好きの僕ですが、絵は何故か小さな頃から古い時代の味のあるテイストが好きでした。

斬新な構図、遠近法など味わいがいっぱいに感じます。

 

中世の版画や写本などに惹かれる理由を探して、少しずつ模写(マネ位)を描き、勉強を兼ねてこちらにアップします。

自分に身近な「聖書と典礼」冊子の表紙に掲載されたものや、中世の写本から初めてみようと思います。

 

 

20200419chris.jpg

アトス パンテレイモノス修道院の朗読福音書挿絵 11世紀末

 「霊」が鳩のように天から降って、この方の上にとどまるのを見た。(ヨハネ1・32より)

 

toshio

洗礼の様子が素敵に描かれています。鳩が可愛いです。

神々しく描かれた場面が、私が描くとだいぶポップな感じに、、

 

それではまた! トシオ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テクノロジーや新しいもの好きの僕ですが、絵は何故か小さな頃から古い時代の味のあるテイストが好きでした。

斬新な構図、遠近法など味わいがいっぱいに感じます。

 

中世の版画や写本などに惹かれる理由を探して、少しずつ模写(マネ位)を描き、勉強を兼ねてこちらにアップします。

自分に身近な「聖書と典礼」冊子の表紙に掲載されたものや、中世の写本から初めてみようと思います。