イラストコーナー

20200719david.jpg

1200年頃の詩篇写本 フランス

 

ダビデ像で有名なダビデさんです。ハープの名手と伝わっているのは知っていたのですが、鐘?、、

中世では鐘は典礼や公の場で重要な役割を果たしていたそうです。

よく見ると足元にはハープの一種が置いてあります。床や膝に置いて演奏するタイプですね。

 

toshio

カネの楽器といえば、私はこの数ヶ月インドネシアのガムランの楽器を練習していました。

コロンコロン独特の音色で、癒し音楽の楽器として夫婦二人とも一番好きな楽器です。

しかし、音程がポピュラー音楽用では無いので、少し削ったり調整をしましたが、他の楽器と合わせて使うのが難しく、録音などに使いたいと思いつつもまだ出番が来ません。

身軽な旅人なはずなのに何故こんなにかさばるものを持っているのか、、それはまたいつか別の機会に〜。

 20200719b.jpg

それではまた! トシオ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テクノロジーや新しいもの好きの僕ですが、絵は何故か小さな頃から中世ヨーロッパの味のあるテイストが好きでした。

斬新な構図、遠近法など味わいがいっぱいに感じます。

 

中世の版画や写本などに惹かれる理由を探して、少しずつ模写(マネ位)を描き、勉強を兼ねてこちらにアップします。

自分に身近な「聖書と典礼」冊子の表紙に掲載されたものや、中世の写本から進めてみようと思います。

 

 

20200712.jpg

 

オリジナルイラストです。

子供の頃、普通に虫好き男子だった僕ですが、一番好きだったのがこのオオスカシバです。

 

今でこそネットで空飛ぶエビフライなどと言われ人気の昆虫の一つですが、友達ともこの虫の話をした記憶は無いです。多くの男子にとってはきっと大変地味な虫の部類でしょう。

花の蜜を吸って高速で飛び回るオオスカシバは、ぱっと見はハチとハチどりの間のものみたいに見えます。でもその実態は、透明な羽の蛾の一種です。

 

初めて見た時は、その姿と動きに驚いてすぐに図鑑で調べた記憶があります。

超高速な羽の動き、そして脱皮後必要なくなって落ちて無くなる鱗粉。不思議なその生態にとても感動しました。

 

ご興味ありましたら、一度ネットで検索をしてみて下さい。

可愛い姿と唯一無二のその生態に、きっと興味が出てきますよ!

 

 

toshio

描き終わってイラストを見ると、細いし速そうじゃないのでウスバカゲロウっぽいな、、

ヨーコさんにも、もっとムッチリのイメージがあるよと言われてしまいました。

そうだ、確かにこの虫の可愛さはもふもふ系でした。うーん。

、、、また、描きます。

 

それではまた! トシオ

 

 

 

 

ツユ・アツ

今回はオリジナルイラストです。

 

 猫はほとんど雨(水)が大の苦手です。少年は暑くて湿気があるのが大変苦手です。

でも、どうせなら苦手なもの同士皆、思い切って集まってみたら楽しく過ごせないかな?

わりと楽しそうになりました。

 

toshio

僕も北海道生まれのせいか、暑さに大変弱いです。湿気と合わさるとちゃんと動けなくなってしまうほどです。

でもそんな中で、ふいにシュッと冷たい風が吹いたりするのはとびきり好きです。

それではまた! トシオ

 

 

 

 

20200531pic.jpg

セントベネディクト大学所蔵

1427年 トーマス・デ・オーストリア

 

男性の妙な格好が面白いなあ、と軽い気持ちで模写しようと選び、

説明を書く為、終わってからちゃんと調べようとPCをパチパチ。

 

あ、、「もじゃもじゃの樽貴族」呼ばわりでごめんなさい、、

この男性おそらくイエスキリストですね。。

 

翻訳を見ますと、この本も多くの写本にあるように聖書の内容を書いているものらしく、

絵に当てはまる内容はどうも聖書の中でもかなり有名なエピソード「サマリアの女」wiki

 

サマリアの女のイメージとは

こんなか

20200531pic-c.jpg 

こんな

20200531pic-b.jpg 

じゃないのですか。

 

樽のような不思議なお洋服はどちらの国の何なのでしょう。

 

大変意表を突かれました。

 

toshio

現代の感覚とは大分違う感覚で描かれているのは写本の大きな魅力ですね。

 

それではまた! トシオ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テクノロジーや新しいもの好きの僕ですが、絵は何故か小さな頃から古い時代の味のあるテイストが好きでした。

斬新な構図、遠近法など味わいがいっぱいに感じます。

 

中世の版画や写本などに惹かれる理由を探して、少しずつ模写(マネ位)を描き、勉強を兼ねてこちらにアップします。

自分に身近な「聖書と典礼」冊子の表紙に掲載されたものや、中世の写本から進めてみようと思います。

 

 

チェレステ楽団

フランス国立図書館 所蔵

クリスティーヌ・ド・ピザン(詩人・文芸批評家)

オテアの手紙。パリ 1406年頃

 

聖母とハートをやり取りする可愛らしい絵に見えて選びました。

ちょっと調べてみましたが、上記の挿絵であるらしい以外、残念ながら絵の内容についてはわかりませんでした。

 

しかし、ピザンの著書には「女性が理想的に生活する仮想の都市の物語」などがあり、大変興味が湧きました。

 

toshio

そう言われてみると、絵での女性のあり方が他のものより力強く描かれているような気がしてきました。

 

それではまた! トシオ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テクノロジーや新しいもの好きの僕ですが、絵は何故か小さな頃から古い時代の味のあるテイストが好きでした。

斬新な構図、遠近法など味わいがいっぱいに感じます。

 

中世の版画や写本などに惹かれる理由を探して、少しずつ模写(マネ位)を描き、勉強を兼ねてこちらにアップします。

自分に身近な「聖書と典礼」冊子の表紙に掲載されたものや、中世の写本から進めてみようと思います。