ゴールデンウェークに、大阪出身のお友達のお家にお邪魔させていただきました。

親戚のお嬢ちゃん姉妹も見えられていて、おごちそうを囲んでわいわい楽しい時間。
お姉ちゃんが素敵なクラリネットの演奏してくれました。私も少し吹かせていただいたら、これがものすごく肺活量のいる楽器で、びっくりしました。妹さんはトシオさんのタブラに夢中。吸い込まれるように叩きはじめましたら、これはまた素晴らしくお似合いで、教えるとすぐに身について、初めてとは思えない叩きっぷりでした。トシオさんも初めてのお弟子さんに、うれしそう。きっと前世はタブラ奏者だったに違いありません。チェレステ楽団のミニコンサートもさせていただいて、至福な一時となりました。こんなに楽器に興味を持ってくれたお子様は初めてで、うれしかった〜。


雨が降っていたので、お泊まりまでさせていただきました。久しぶりの温かい家庭の中で、ゆっくりお休みしました。本当にありがとうございました。


次の朝、お友達の案内で高槻市にあります神峯山寺というお寺に行きました。


雨上がりの朝は、緑がしっとり、光にきらきらして素晴らしく美しかった。


駐車場から森林浴をしながら山を登って行きます。身がどんどん清められて行く感じがしました。


門をくぐると、

木々の美しさに心奪われます。紅葉の時期にはまた素晴らしい風景となるそうです。新緑と赤のこの風景も何とも素晴らしい。門をくぐっても自然の風景のまま。水の音や、鳥の声、木々のさえずりに心が解放されて行きます。なかなか体験したことのない、とても神秘的な境内です。


本堂。神峯山寺を開いた役小角は、奈良・葛城山より神峯山寺の九頭龍滝の水しぶきが光るのを見て、この地にやってきたといわれています。そこで一人の天童に会い天童の霊木で、四体の毘沙門天を刻みこまれ、毘沙門天が現れそれを祀ったのが、寺の起源であると伝えられています。日本最初の毘沙門天安置の霊場と言われているそうです。


九頭龍滝。役行者と言われる役小角は、自然を崇拝する者として厳しい修行を重ねて悟りへと近づき、修験道の開祖となったそうです。


日本は、山が多く、水や緑にあふれています。しかしほとんどの方が町の中に守られて生活をています。自然の脅威を感じることはなくなりましたが、自然の恵み、風や大地や動物たちのメッセージを受けとれることが少なくなりました。自然に背いた生活を続けていって、この先どうなって行くのか、とても不安な気持ちになります。鳥たちが何かを知らせてくれても、動物たちが、何かを訴えていても、山や大地が叫んでいるのに、気づくことが出来ない。そうなってしまったら本当に怖いです。

こうやって、山の自然の中で修行をし、信仰を守りつづけ、祈りを捧げ続けている行者さんがいらっしゃることに本当に感謝です。また自然に寄り添った生活が望まれる世の中に戻って行けるといいなあ。

こんな素敵なお寺を案内して頂いて本当にありがとうございました。
今度はゆっくり神峯山寺の拝仏に行きたいと思います。