20180504-1.jpg

もうたいぶチェレ号さんが弱ってきて、来年の車検が心配になってきたので、チェレ2号さんを考えるか、チェレ号さんの古くなったパーツを入れ替えか、考える時が迫ってきました。参考までに神戸にありますキャンピングカーのお店に車を見に行くことに。いろんなタイプのキャンピングカーがいっぱい。中がどうなっているのか一度覗いてみたいなあと思っていたのです。

20180504-4.jpg

大きな頭が出っ張った四角いキャンピングカーは、収納がすごいね。

荷物がバッチリが入ります。

20180504-2.jpg

お部屋もくつろぎスペースがおしゃれ。

20180504-6.jpg

シンクも

20180504-5.jpg

ベットもお家にあるようなものと変わらないです。エアコンも付いている!

発電機や太陽光などしっかり整備されて、すごいね。

20180504-8.jpg

チェレ号よりちょっと大きなハイエースのような車もご覧のとうりゆったりです。

20180504-10.jpg

板を組み合わせてテーブルにしたりベットにしたり。工夫がいっぱい。

 

 

20180504-7.jpg

小さなタウンエース。上が空いて思ったより広くなりそう。売約済みで中は見られませんでしたが、興味津々。

 

 

20180504-9.jpg

チェレ号と同じタイプのマツダのボンゴフレンディー。こちらはガソリン車。オーニングが付いているけど、うーんだったらチェレ号の方がいいなあ。

20180504-11.jpg

大きな車、果たして運転できるのかなあ。ろくに運転しない私が乗ってもなんなのですが、視線が高くなって意外と運転しやすそう。

 

20180504-13.jpg

一番お高級なキャンピングカーもみせていただきましたが、あまりの贅沢ぶりにため息ばかり。車なのにお部屋が区切られていて、ホテルのようでしたよ。

20180506-8.jpg

夢のような車から一転。チェレ号の庶民的な暮らしにほっと一息。狭いながらも楽しい我が家。狭いキッチン?も慣れれば大丈夫。夕飯の準備して、なんだか昭和ですなあ。それにしてもお土産やら雨の日で物が溢れかえっています。もうちょっときれいな時に写真撮って~。