20180502-140.jpg

霧ヶ峰を超えて、南アルプスの道の駅でお休みして、駒ヶ根に向かいました。

今日は、昨年の北海道の旅の途中、道の駅で何度か一緒になったキャンパーの素敵なご夫婦に会いに行きました。長野県の駒ヶ根というところに住んでいるそうです。どんなところかな~。

20180502-6.jpg

南アルプスと中央アルプスに挟まれた駒ヶ根。駒ヶ岳の麓の町であることから駒ヶ根と名付けられたそうです。雄大な景色が生活の一部なんてなんて素敵な暮らしなのでしょう。

20180502-9.jpg

上島さんご夫妻と。あ~会えました。北海道もいいところですが、ここ駒ヶ根も北海道とはまた違うアルプスの雄大な自然がとってもいいところ。お二人が生き生きされているのはやっぱり自然のエネルギーをいただいているからなんでしょうね。

一期一会の出会いではなくまたこうして再会できることに幸せを感じました。お会いできて本当にうれしーです。

20180502-144.jpg

駒ヶ根のグルメと言ったらソースカツ丼なのだそうです。その中でも人気のお店「明治亭本店」に連れて行っていただきました。

20180502-141.jpg

出てきたのは蓋が閉まらないほどのカツ丼!!すごいね。甘辛く、お肉もしっかりしていて、カツの下にはキャベツがぎっしり敷き詰められて、あっさりぺろりと食べてしまえました。とっても美味しくて、胃もたれもなく、これはハマってしまう人が多いのではないでしょうか。大満足の一品です。大変ごちそうさまでした。

テイクアウトもできるそうですので、上島さんもお孫さん来るとここで必ず、ここで買ってお家でみんなで食べるそうです。

20180502-143.jpg

ランチの時間は大変混み合うらしく、待たされてしまうほど人気のお店。早めに行ったのでスムーズにゆっくりできました。夏には小川の上にあるデッキで涼しくいただくこともできるそうです。素敵なお店を教えていただいて本当にありがとうございます。また食べに行きたいです。

20180502-145.jpg

目が黄色と青のわんちゃん。

この界隈は旦那さまのお散歩コース。1日10キロほど歩くそうです。すごいなあ。そしてこのワンちゃんがいつも吠えてくるそうなのですが、今日はおとなしいね。

20180502-147.jpg

駒ヶ根で有名な光前寺へ

立派な門構えの向こうに新緑がふわっと美しい。

20180502-148.jpg

光前寺は門のところに咲くしだれ桜がとても美しく名物なのだそうです。

もう4月の中頃にほとんど咲いてしまったそうなのですが、少しだけ残っていてくれました。

20180502-146.jpg

葉桜のピンクが可愛いね。

20180502-149.jpg

空を見上げると、ひゃ~天国のよう。美しい。

20180502-13.jpg

大きな杉が立ち並ぶ参道。

敷地はかなり広く、お散歩するのにはとても良さそう。森のいい香りもします。

20180502-151.jpg

 

20180502-152.jpg

光前寺には早太郎というワンちゃんの伝説があるそうです。

20180502-153.jpg

静岡の磐田に少女を人身御供として供える風習があり、それはおかしいと、子をさらう老ヒヒの怪物を退治する為この駒ヶ根の地にいた不動明王の化身である霊犬早太郎を借り受け、老ヒヒを倒し、怪我を負いながらも無事に帰ってきたという伝説。早太郎のお墓がちゃんとありました。

20180502-155.jpg

美しい三重塔と早太郎の碑の前にて。そういえばずっと前に近所の酒屋の犬、酒太郎(私たちが勝手に呼んでいた)がいたのを思い出しました。白い柴犬のような雑種で、老犬だったのか、穏やかで可愛らしく大好きでした。時々散歩をしているのをみかけると何だか神々しくていいことがありそうで、1日嬉しくて思い出すと笑顔になれる、そんなわんちゃん。酒太郎と早太郎がなんだかダブって、とっても懐かしく愛おしく感じました。

わんちゃんの愛ってすごいね。