20180430-90.jpg

梅若能楽学院会館にて

ルネッサンスダンスでお知り合いになった、執行絵里さんの習っているお能の25周年記念「緑桜会大会」にお誘いいただき、東中野にあります梅若能楽学院会館~へ。もともとは能を演じるのは男性だけ許されていたそうなので、男性のするものと思っていましたが、1948年に女性の加入が認められ、今日のお能は女性の方が大勢活躍されていました。執行さんは、ヨーロッパの古典打楽器から笛、雅楽では鼓も出来、ダンスも舞も踊って本当に多才な方。年配の方のご披露の中、執行さんの力強い舞に目がシャキーンと目覚め、手先や足先までに気を通して呼吸のように動く舞に心動かされました。お声も素敵で、さすが音楽家、すべては共通しているのです。

20180430-87.jpg

たくさんの演目があり、朝の9時半から19時あたりまで公演は続くそうで、出入りも気軽で休憩は自由にできます。お茶とマイセンのとんかつサンドがみなさんに配られ、入場無料なのに至れり尽くせりです。

20180430-88.jpg

ルネッサンスダンスの小澤さんの奥様の幸子さんも来られていて、ご一緒させていただきました。慌ただしい日々の中、特に幸子さんは悲しみをこらえながら、必死で過ごした1年だったことでしょう。やっと1周忌を終えることができ幸子さんの表情に明るい笑顔がこぼれでいることにほっとしました。幸子さんのお父さま、おじいさまは雅楽の方で、子供の頃から慣れ親しんでいた世界だそうです。お父さまは鼓をされ、NHKによく出演されていたそうですよ。雅楽のお家元育ちですが、西洋のダンスの小澤さんと出会うなんて面白いです。でもきっと共通するものがあるのでしょうね。執行さんのお能を拝見して、ますますそう感じました。

 

幸子さんとこうしてゆっくりお話ししたのもはじめてかもしれません。とっても心の美しい素敵な方で、私たちとも家族のように仲良くしてくださり、本当に嬉しいです。お茶の時間が楽しくてお能を見ている時間より休憩の方が長くなってしまいました。ごめんなさい。

20180430-95.jpg

夕方は幸子さんもお誘いして大好きなピアニストの久保田恵子さんのSilent Musicにて「Jardin éternel ~永遠の庭 ~」へ

 

IMG_5355.JPG

なんて美しく可愛らしいのでしょう。ずっと眺めていたい。素敵な作品の数々に心が大変癒されました。

 

20180430-91.jpg

テーブルにそっとスズランのお花が飾られていました。フランスでは5月1日はスズランの花を愛する人に送る日です。愛のお導きのようで素敵!

 

20180430-92.jpg

演奏もさせていただきました。この静寂な時の中で、胸の鼓動と音楽が空気に振動するのを感じました。感謝の気持ちを込めて小澤ご夫婦のことを歌った歌を歌うと、涙がこみ上げてしまいました。幸子さんに聞いていただくことがで本当に幸せでした。小澤ご夫婦には本当に私の歌のインスピレーションをたくさんいただきました。小澤さんと出会っていなかったら、私の音楽はもっと違うものになっていたかもしれません。そして大好きな恵子さんの音楽にも出会え、音楽が私の中でずっとずっと崇高なものへと向かいたいと願うようになりました。神さまのそばで奏でられる幸せを感じることができる音楽をこれからも追い求めていきたいです。

20180430-93.jpg

大好きな恵子さんと幸子さんと。

 

20180430-94.jpg

素敵なお客様もお見えになっていました。ご縁は不思議なものです。右の方は私の実家の大分市美術館の館長をされている方の娘さんだそうです。私の姉はその美術館の近くの芸術の高校を出ていて、その美術館へは何度も訪れています。地元のお話を聞いてとっても嬉しくなりました。左の方は、版画などをされている芸術家の方で、また長崎の五島とご縁があり、隠れキリシタンの研究をされているそうです。なんというめぐり合わせ。トシオさんの祖先は太宰府の方ですが、隠れキリシタンの時代からのクリスチャンで、船で九州から本州で渡ってきた一族だそうですが、あまり詳しくは伝えられていないようなのですが、なにかつながりがあるといいなあ~。

 

20180430-96.jpg

Silent Musicのお庭に美しいバラの花が咲いていました。

今日も1日、涙がこぼれるほど素敵な時を過ごすことができました。なんと貴重な時間なのでしょう。

恵みと幸せに感謝です。