20180331 - 10.jpg 

北海道でお知り合いになった大工の川邉さんに教えていただいた熊本のパン屋さん、「やまGEN」さんにやっと行けました。

とっても素敵なログハウス!川邉さんもお手伝いして作られたそうです。

20180331 - 11.jpg 

川邉さんとお友達のご夫婦と夢中でお話していたら、お写真撮るのを忘れて素敵な店の中の映像がありませんが、見て見て。この美味しそうなくるみとレーズンのライ麦パン。固くてしっかりしたドイツのパンみたいです。もちろんそのままかぶりつくのは難しいです。

20180331 - 22.jpg

天然酵母を使った贅沢なパンは、熊本と宮崎の小麦を使っているそうです。パンだけでなく、「がらがらどん」という懐かし味のクッキーやいろんな種類のスコーン、アップルパイも焼かれていて、少しずついただいました。オーガニック素材をふんだんに使っているので、どれも香り良く素材の甘みで幸せがこみ上げてきますよ。店長もとっても優しそうで、男前のダンディーなおじさまでした。イースターの過越がはじまると、一週間ほど酵母の入ったパンが食べられなくなるので、じっくりかみしめていただきました。

またゆっくり寄りたいです。

 

そしてそして、「やまGEN」さんのすぐ前には、いろんな人にいいよ~っておすすめされていた パワースポットで有名な幣立神宮がありました。 

「やまGEN」さんの場所を昨日地図で見るまで知らず、思わぬ出会いに感謝です。「やまGEN」さんのパンを頂く前にお参りに行くことに。

20180331 - 12.jpg 

高温注意報が出るほどのお天気で、鳥居が光り輝いていました。

20180331 - 13.jpg 

鳥居をくぐりると、神社の清らかさからか、木陰だからか、ひんやり涼しい空気を感じました。

20180331 - 14.jpg 

神社は美しく、まるで毎日生まれ変わっているかのよう。

お祈りをすると宮司さんが鈴を鳴らしてくださいました。

20180331 - 15.jpg 

トシオさんが大吉のおみくじを引きました。大吉は初めてだそうです。なんだかいいことが起きそうですね。

 20180331 - 16.jpg

この「ひさかき」という榊の一種だそうです。春の森でよくこの匂いがします。ちょっとへんてこな発酵した甘い匂い。

いつもこの匂いなんだろうと、トシオさんと話していて、やっと謎が解けました。

20180331 - 18.jpg 

神宮の森の道を歩きます。

 20180331 - 19.jpg

杉と楓の木が一つに生えている不思議な木。

20180331 - 20.jpg 

なんて立派な木。圧倒されます。

20180331 - 21.jpg 

光がまぶしい。

20180331 - 24.jpg 

お散歩していたら、素敵なお母様方と一緒になりました。延岡からいらしたそうで、皆さん高校の時の同級生だそうです。

「私たちみんな70歳よ~。パワーをもらいにやってきたの」皆さんとっても元気でお若くびっくりしました。

音楽旅をしていると言ったら、みんないそいそと、車からお土産を持ってきて私たちにも分けてくださいました。

うれしかった~。

お母様方の優しさと元気のパワーは、幣立神宮のパワーに負けないオーラを感じました!!

今年一番の、雲一つない空から降り注がれる光に包まれて、女神たちと記念写真。

素敵な出会いに感謝です。

ありがとうございました。