ゴールデンウイーク、もあと少し。
4月の終わり、東京から大分に戻って、旅の準備をはじめようと思っていたのですが、また大切な恩人が、天に召され、すっかり心にぽっかり穴が空いたようで、気が弱っていたのでしょう。喉の痛みからはじまり、5日間39℃以上の熱が毎日出ては、下がりを繰り返し、喘息になったりと、体調を崩してしまいました。でも去年の年末の肺炎と比べるとそれほどではなかったので、安静に自分の治癒力を信じひたすら回復を待ちました。
そして何とか復帰し、ようやく次のコンサートに向けて出発しました。長引かなくて良かった。また少し強くなったと思って、張り切って移動旅とコンサートの準備に勤しみたいです。ここのところ体調を崩すと結構過酷なことが多く、熱でもうろうとすると、弱気になったりするけれど、もしまだ何か私にやるべきことがあるのなら、生かされるし、そうでなければ神様の思うままにと、思って身を任せています。今できることを張り切って頑張ろう。生かされているのは何か意味があるはず。感謝です。
久しぶりの長旅になりそうででワクワク。どんな出会いが待っているのだろう。
どちらにしても、体は思っているより繊細なようですので無理せずゆっくり日々を楽しみたいです。
しかしゴールデンウィークは道が混んで移動が大変だなあ。。
20170505b.jpg