お天気に恵まれ、九州から車旅、関東まで無事たどり着きました。福井県の若狭までは日本海側をひた走り、鳥取からはたくさんの雪がまだ残っていました。上の写真は滋賀県の琵琶湖からちょっと離れたところです。雪に覆われた景色は、昔の里山の風景を見せてくれているようです。綺麗でしたよ。

今日は以前コンサートをさせていただいた実家の近くのカフェ「田んぼカフェ龍のらんぷ」に久しぶりにお茶をしに行きました。すると素敵なお客さんが見えられていて、お知り合いになりました。

江戸文字職人の梅八師匠。な!なんと、チェレステ楽団の文字を書いてくださいました。すいすいすい。生き生きした筆使いに見入ってしまいました。字にワクワクするなんてはじめてです。そして噺家でもあります師匠は、お話がとても楽しくお声も素敵でした。

私たちの名前まで書いていただいて、一緒に写真まで撮っていただきました。ありがとうございます。とっても気さくであたたかな梅八師匠は、日本に40人ほどしかいない江戸文字職人さんの一人で、斎藤ひとりさんの招き札なども書かれているそうです。

我が家の家宝に。江戸文字は見ているだけで元気なれるそんな不思議な力がありますね。今年はこの文字のように、力強く生き生きと頑張ります!!

本当にありがとうございました。