20130831-1
北海道のトマムは湿地帯と言う意味があるそうで、北海道に来てほとんどが雨や霧に包まれています。大きなふきが、本当に傘のようにぽとぽと音を鳴らして、白樺の森はおとぎの世界のよう。

今日は、「どんころ野外学校」で「みなみふらのSHCクラブゆっく」主催のトマム・カリフリ岳の麓ウォーキングに参加しました。

20130831-2 

お天気が心配でしたが、奇跡的にこの時間は雨がやんで、歩くには丁度言いい気温でした。

これはヤドカリ?

20130831-3

いえいえでんでん虫虫かたつむり。
小さいね。

20130831-420130831-5

小さくひっそり咲いたお花が可愛らしかった。

20130831-6

野生の百合がたくさん。

20130831-7
山葡萄
まだ青く酸っぱかったけど、もう少ししたら黒くなって食べられます。
取ってくれたおじさんは焼酎に漬けて飲むのが楽しみだそうです。
木の実が見つかるとみんなのテンションが上がります。

20130831-8
鬼胡桃
木の実は土に1年間埋めて、周りを腐らせるそうです。
西洋の胡桃より固い固い殻は、割るのにも一苦労だそうです。
そして食べられる実はほんの少し。

20130831-9

すもも
小さな真っ赤なすももの実がたくさんなっていました。
揺らすと、ぽとぽと落ちて、餅まきのように拾いました。

20130831-10

野生のすもも、優しい味でおいしかった~。

20130831-11
あ~広いなあ。
手前の熊笹は少し陰干しして、お茶にするそうです。
北海道の森は熊笹だらけ。お茶には困りませんね。

20130831-12
途中に可愛らしいお家とお庭がありました。
人里離れて、ひっそり暮らしているのかなあ。
こんな暮らしに憧れます。

20130831-13
もうコスモスが満開です。
すっかり秋の様子の北海道。
風が吹くと、なんだか心がしんみり。
夏が思い出に変わってゆきます~。