玉置山から
熊野の神倉神社のおじさまのおすすめの玉置神社に行きました。


カエルさんが出迎えて下さり、トシオさんとにらめっこ。
道をあけて下さいな。


参道は緑が清々して歩くのが気持ちがよいです。
足取りも軽く、ふわふわ浮かびます。


歩くほどに心が清められてゆく感じ。
本当に体がなくなって透明になってゆく感じがしました。


玉置神社
熊野三山の奥の院。
玉置山の頂上近く標高1,000m付近に鎮座し、崇神天皇の時に王城火防鎮護と悪魔退散のため、創建されたと伝えられているそうです。
吉野から熊野に至る大峯山脈には標高2000mに近い峰々が連なり、奈良時代より役小角を開祖とする修験道の聖地とされました。玉置神社を含む「大峯奥駈道」は2004年7月に「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産に登録されたそうです。

夫婦杉


境内には巨杉いたるところにそびえ立っていました。

神代杉
樹齢は推定3000年だそうです。


ここでも素敵な出会いがありました。
瞑想ヨガをされている小峰弥夏さんと
慈しみと愛のスピリチュアルヨガのLOVEForestを主宰し、ヨガを通して様々な活動をされている方です。
神代杉に見守られ、お話ししているうちにとっても心があたたかくなりなりました。ここで出会えた事が本当にうれしかった。握手をしているだけで心が通じ合うような、そんな不思議な方でした。
そして遠野というところの石を持たせてくれました。


小峰弥夏さんは岩手県の遠野で修行をされていたそうです。そこもこの十津川村のように素朴で日本の原風景が残るところだそうです。東日本大震災で被災された方々へ一緒にお祈りしました。
そして、この旅のすべての出会いに感謝し、祈りました。

心を空っぽにして、導かれるままに紀伊半島を旅したこの数日。
目を閉じるとこの地で感じた優しさや、あたたかさ、懐かしさ、幸せな気持ちに包まれて、ふわふわと心が軽くなります。


終着点でもあり、人生の始まりの場所でもある熊野のよみがえりの地。
崩していた体調もすっかり良くなり、心新たにまた歩き出すことができそうです。
そして今年の終わりに、この旅の記録をまとめることができて本当に良かった〜

来年も素敵な1年になりますように。
皆様の健康と幸せをお祈りしています。
どうぞ良いお年をお迎えください。

ありがとうございました。