おひさまの恵みいっぱいの『おひさんの畑』というパン屋さんで素敵な会を開いて頂きました。


屋久島の素材だけでパン作りができることを目指し、小麦も作り始めた『おひさんの畑』のパン。素朴な味でかめばかむほど美味しいパンは、毎日食べたい味です。そしてこのお店はオーナーご夫婦が自分たちで廃材を使って作られたそうです。「パンを作っている場所、そしてお客様が立つ売り場から、自然に負荷をかけないように」という思いが込められているそうで、漆喰の壁にパンの酵母の良い香りがしていました。


オーナーご夫婦は、日本各地、アジア、アフリカと多くの地を旅をしながら夢を見つけ大事に育んできたそうです。旅で出会ったたくさんの言葉や手のぬくもり、心通わせ感動した日々に勇気をもらい、前進してきたそうです。あ〜私たちの憧れの方々です。私たちもそんな生き方をしたい。

そんな素敵なご夫婦や、今回企画して下さいましたOさんご夫婦のお人柄に惹かれて、たくさんの方が足を運んで下さいました。


自然を大事に、自分たちの生活を見直し、心のぬくもりを大事にされている方々。子供たちも、素直で元気いっぱい。優しさあふれる時間でした。民族音楽をされている方もたくさんいらしていて、久しぶりにタブラのお話をしたりトシオさんもとってもうれしそうでした。
世の中の常識に惑わされず、心の声に従って自然とともに自分らしく生きてゆく若者たちの姿を見ることができて本当にうれしかった。演奏も心で聞いて下さり演奏していて涙が出そうになりました。心が救われました。もっとたくさん皆さんとお話ししたりしたかった〜。本当にありがとうございました。

『おひさんの畑』のブログで素敵なお写真を載せて頂きました。是非彼らの暮らしとともに、ご覧頂けたらと思います。


帰りにクッキーを持たせて頂いたり、島バナナや安納芋など旅のお供にと貴重な食材を持たせて頂きました。皆さんの心の温かさに感謝です。いつか恩返しが出来ますようチェレステ楽団頑張ってゆきたいと思います。本当にありがとうございました。