朝日が差し込んできました。
今日もよい天気のようです。
早々と練習をすませてヤクスギランドへ行く事に。


青く澄んだ空と海。


やんわりと紅葉も進んでいます。


ヤクスギランドという響きが人工的でもっと街中にあるのかと思いましたら、結構山の中で、1日ゆっくり楽しめる静かな場所でした。


30分や80分150分コースなど、時間と体力に合わせてトレッキングが出来るので、私たちのような山に詳しくない者にはちょうど良かったです。遊歩道も程々に整備され、歩きやすかったです。
でもやっぱり滑りやすいのでトレッキングシューズをはいていて安心でした。


きれいな川沿いを歩くのは、気持ちが清々します。


吊り橋もたくさん。楽しいなあ。


疲れたらお休みも出来ます。
お友達が作ってくれました、とってもおいしいケーキをリュックに忍ばせておいて、おなかがすいたら時々むしゃむしゃ。


さあヤクスギランドの森の中へ。
大きな木に囲まれて小人になってしまったような気持ちがします。

 

 

 


幹の間で雨宿りも出来そうです。

 


森の中は薄暗く、


苔むした木々がいきもののようにこちらを見張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 


ウィルソン株ではありませんが、、、


ハートの小窓


自然の美しさはきりがありません。

 

 


水は本当に美しく


口に含むと全身に染み渡ってゆく音が聞こえてきそうです。

 


朽ちてゆくもの、生まれてくるもの。
小さな葉っぱ一つ一つの命。
私と同じ命。


おひさまの光に包まれて。