屋久島に渡って数日、
あたたかい日が続きましたので、車でドライブ〜。
「猿川のガジュマル」と道沿いの看板を見つけなんだか惹かれて寄って見ました。


遊歩道になった森に入ってゆくと


だんだん木がぐにゃぐにゃ。
輪っかを抜けてゆくと


うわ〜ガジュマルの根っこがはびこって
そこいら中を飲み込んでいます。
いくつものガジュマルの木のようですが、
一本のガジュマルが木々に寄生して、どんどん広がっているそうです。

屋久島には所々ガジュマルの木がいて、観光用に整ったガジュマル園などありますが、ここはのびのびと繁殖を続けているようです。
お天気が良く、暑い日だったのでこの木陰で半日ほど過ごしました。


猿川のせせらぎの音
鳥の鳴き声や羽ばたく音。
遠くから鹿の声もおさるさんの声も聞こえたり、
自然の音楽の中でとても癒されました。


私たちも混じって演奏。
鳥たちは警戒して息をひそめていましたが、
そのうちにピコピコがーがー鳴き出して、
みんなで大合唱です。
(もしかしたら縄張り争いで、怒っていたかもしれませんが、、、。)
いつも二人きりのチェレステ楽団ですが、今日は楽団だと張り切って言えそうです。

すると木々の隙間から顔を出して小鳥がとことこ近づいて来てくれました。
カーテンコール!


石の上に置いていたハープが光に照らされ、
風が音を奏でていました。

なんて美しい響き。

でもこのまま置いていたらすぐに朽ちてゆき、
緑の一部になってしまうのでしょうね。