7月の終わりのころ、お誕生会にご招待していただいた素敵なカズさんに会いに行きました。
素敵なお庭があるのよ〜。とお話を聞いて、ずっと訪れてみたかったのです。
お天気のよいこの日、
陽の光に照らされたお庭がキラキラ輝いていました。


カズさんは美容師さんで、お家は「東宝美容室」をやっています。
今は引退して、娘さんが継いでいます。


レトロで清楚な美容室。
子供の頃、憧れていた美容室の世界がここにありました。
「東宝美容室」という名前もおしゃれですよね。
昔カズさんは東京の池袋で美容師をされていて、お客さんに東宝映画の有名人たちが来ていたんですって。
なんだか自分も映画俳優になった気持ち。

美容室から眺めるお庭も素敵。
さあお庭に遊びに行きましょう。


小さな小道にわくわく。
真夏だからお花は少ないけれど、生命力あふれる緑が本当に美しい。
カズさんは裸足で歩き、芝生の上で寝転んだりして、緑の気ををいっぱい取り入れるんですって。
大好きなターシャ・テューダーさんを思い出しました。
家族を愛するようにお花を愛する気持ちが伝わってきます。

 


ひっそりと咲いたお花がなんとも愛おしい。


宝石のようなブルーベリーはもう終わり頃でしたが、私たちのためにとっておいてくださいました。夏の香りいっぱいの甘酸っぱい味。ありがとうございました。


この素敵なお庭は、お庭づくりで有名な石原和幸さんという方が設計されたそうです。
もうずっとここに存在していたかのように緑が生き生きしていますが、実は去年石原さんと出会い、魔法のようにふわ〜っとここにお庭が舞い降りてきたようです。天からの素敵な贈り物のようですね。
みんなで心を込めて植えた苗たちは、ぐんぐん育ち生きる喜びを教えてくれます。木々やお花たちはよほどここが気に入ったんでしょうね。


白蝶草が風にゆらゆら。
緑の先端で小さなお花が飛んでいて、まるで人形劇を見ているようでした。

東宝美容室のお花たちの劇がはじまるよ〜。
さあ緑の絨毯へ。
ほらおめかしした妖精さんが踊りだしたよ〜。