車生活の毎日のイベントの中で最も重要なのがお風呂。
でも幸いな事に日本には本当にたくさんの温泉があります。
心に残る温泉にもいくつか出会いました。
でも昨日ほど感動した温泉はありませんでした。

佐賀県の嬉野温泉。
日本三大美肌の湯で有名なところだそうで、知人が一番良かったとおすすめの温泉でしたので是非行ってみたかったところです。
「肥前風土記」に「東の辺に湯の泉ありて能く、人の病を癒す」と記され、江戸時代には長崎街道の宿場町として栄えたところだそうです。

でも残念ながら温泉博士という雑誌の中にありました温泉に行ったのですが、源泉ではなかったのでしょうか、確かにつるつるして良い温泉でしたがそんなに感動はしなかったのです。
でも飲用すると胃腸に良いそうで、大根を食べ過ぎて胃の調子がわるかったトシオさんが飲用したいと大張り切り。街中で飲用出来るところがないか散策する事にしました。

すると足湯をするところがあって入ってみましたら、これがものすごくいいお湯で、こんなにぬるぬるした湯は初めてなぐらいぬるぬるしていました。肌もすべすべ一皮むけたようで、正しく美肌の湯です。ナトリウムを多く含む重曹泉で、角質化した皮膚をなめらかにし、みずみずしい肌をよみがえらせるそうです。

これは素晴らしい温泉かも!
でもなかなか飲用出来るところが見つからなかったので、神社へお参りしてみる事にしました。


豊玉姫神社
古来より海の神、水の神として広く祟敬を集めているそうです。


豊玉姫の遣いとされる白なまずを祭ったなまず社。
豊玉姫はあの竜宮城の乙姫様で肌がとても白くて美しかったことから、美肌の神様としても広く親しまれているそうです。
最近また日焼けをしてシミやそばかすもいっぱい。
まだまだ夏は続きます。
どうぞ日焼けで肌荒れしませんように。
冬にはまた元に戻りますように。


お祭りの準備をしていました。
神社の夏祭りなんて楽しんだろうなあ〜。
なんだかわくわく。

そして神社を出ましたら、


ちょろちょろと温泉らしき湯が出ていました。
するとおじさんがふら〜っとやってきて、この温泉飲めるよ〜。
と教えていただきました。
でもとってもちょろちょろで、手のひらいっぱいになるのも一苦労。
「ここの旅館で温泉飲ましてもらえるよ。ここの豆腐も最高よ〜。温泉で豆腐がとろ〜っとするよ。」
と言って行ってしまいました。

そしてちょろちょろでしたが、温泉を一口。
あまりの美味しい温泉に感動。
あまくて優しくて、いろんな温泉を口にした私ですが、こんなに美味しい温泉は初めてでした。

これは、温泉を分けていただかなくては。

裏口らしきところから恐る恐る中へ入ってゆきましたら、、、
それはそれは立派な旅館でした。
下駄とサンダルに普段着のみすぼらしい私たち。
これは退散しなければと顔を見合わせていましたら、
旅館の方がとっても素敵な笑顔で
「どうぞ〜」迎えて下さいましたので、正直に
「温泉を分けていただきたいのと、こちらのお豆腐がおいしいと聞きまして。」
と言いましたら、
どうぞどうぞと、親切にご案内していただきました。

嬉野の大豆と温泉で出来たお豆腐はそれはそれはとろけるほど柔らかく絶品。お豆腐はお持ち帰りが出来ませんでしたので、実家に帰る頃にあわせて送っていただく事にしました。温泉も旅館の方がペットボトルにお分けして下さり、本当に親切にしていただきました。ありがとうございました。


そこは、大正屋という嬉野温泉の中心に位置する老舗の宿でした。
いつかお泊ましりたいね。がんばろう!
嬉野温泉
大好きな温泉でした。
通る時には必ず寄りたいです。