IMG_7357.jpg

大分別府にあります、松原温泉の上の階にあります松原公民館にて、「チェレステ楽団コンサート」をさせて頂きました。

なんだかとっても雰囲気があります。お地蔵さんに手を合わせて、どうか素敵なコンサートになりますように。 20181203beppu.png

主催してくださったタンポポさんが手作りの素敵なリースやチェレステ楽団の文字を用意してくださり、素敵な舞台になっていました。そしてたくさんの方々が足を運んでくださり、私たちの音楽に耳をすませ、じっくり聞いて下さいました。オリジナルの音楽ですので、聞きなれない歌に疲れてしまうのではないかなあと心配でしたが、心を合わせてくださり、優しい笑顔に励まされて、幸せなひと時となりました。ありがとうございました。

DSC_0053.jpg

ご協力いただいた皆さまと。手作りのチケットや、皆さまへのお土産など、心のこもったおもてなしに感激しました。街の小さな公民館ですが、タンポポさんのような地元の方々がミュージシャンやアーティストたちをお迎えしたり、講演や講習などいろいろなイベントがよく行われているそうです。ちょっと寂れた雰囲気を大いに生かして、地元の若い人も年配の方も協力しあって街を生かしている別府の街がまた好きになりました。

IMG_7359.jpg

別府の商店街にありますカレー屋の「MOMO」でスタッフのみなさんとお食事させていただきました。

みなさんと、いろんなお話をさせていただき楽しいひと時でした。チェレステ楽団の音楽もとっても気に入ってくださり、温かい言葉を沢山いただいて嬉しかったです。つたないながらも自分たちの気持ちのこもったオリジナルの音楽を応援してくださる貴重な方々に出会えて、涙がこぼれます。いつも自信のない私は、みんなの知らない曲ばかりのオリジナルのコンサートにいつも怯えてしまいます。聞き馴染みのある曲じゃないとわからない、誰々さんの歌が合いそうだから歌ったらいいのに、もっとお客さんに合わせて曲を選んでもらえたら、、。などなど、アドバイスをいただけるのは嬉しいのですが、、。そんな時は自分の力不足にただただ心が折れそうになります。でもお客さんの全てを喜ばせるのは難しいし、それは自分の目指すところではないので、くじけず頑張っています。空からいただいた恵みを私たちの心を通して言葉にしたり音にしたり、私たちが好きと感じる音楽を演奏したいという思いからの活動ですので、そこを諦めてしまうと音楽をする意味が無くなってしまうから。心の情熱が無くなってしまうから。少しずつでも、小さな活動でもそこは守っていけたらいいなあ。といつも試行錯誤の日々です。でも今日はそんな悩みを抱えている私たちに、スタッフのみなさんが「チェレステ楽団の音楽が聴きたいのよ!みんなにあなた達の曲を聞かせたかったの。他の人の曲は他の人がやればいいのよ」と言ってくださいました。本当に嬉しかった。励まして頂き、本当に、本当にありがとうございます。

 

お話に夢中でお写真を撮るのを忘れてしまったのが残念。カレーもサモサも美味しかったですよ。ついつい毎日通いたくなるような、居心地の良い雰囲気にとっても癒されました。ここでもインド音楽の方々がライブをされたりするそうです。聞いてみ たいなあ。12月の10日には「ホピ:聖霊カチーナとともに生きる「平和の民」から教えてもらった事」という本を出された天川彩さんのスペシャルトーク「HOPI」~平和の民から教えてもらったこと~

1210日に19:00からあるそうです。ギャラリー『たんぽぽりん』でも「カチーナ展」を11:0018:00 *3日間限定 入場無料でしているそうです。わ~良さそう。行こう!!

IMG_7369.jpg

最後にタンポポさんに別府の小さな路地裏にあります「中浜地蔵尊」に連れて行って下さいました。今日の素敵な出会いに感謝の気持ちを込めて。合掌。