20151019 01
清々しい秋晴れの10月18日、大分市にあります大分聖公会で、チェレステ楽団のコンサートが行われました。この白くて素敵な礼拝堂は120年ほど前の建物だそうです。聖公会はカトリックとプロテスタントの中道を行くキリスト教の宗派で、礼拝はカトリックのミサととてもよく似ていて、聖歌も大変美しく、牧師先生のお話もとっても素敵なんですよ~。

20151019 02
礼拝堂にてチェレステ楽団コンサート。
竹田のキリシタンのイベントのご縁で、演奏させていただけることになりました。つなげて下さった方や教会の皆さんが大変素敵な方々で、いつもあたたかく迎えて下さり、ともに祈って下さいます。今日は、キリスト教伝道コンサートということで、イエスさまの恵みに包まれながら演奏させていただきました。こうして音楽を奏で、みなさんとつながり、皆さんの優しさに触れることができることに感謝の気持ちでいっぱいです。教会の方々の他にも、福岡の南キリスト教会でお知り合いになった方が駆けつけて下さったり(お声をかけられずすみませんでした)、以前にコンサートで演奏を聴いて下さった方が、また来て下さったり、本当にうれしいコンサートでもありました。

20151019 03
私たちと同じ世代の牧師先生。イエスさまの愛の喜びを伝えるそのあつい情熱が素敵です。牧師先生のお説教は、日々の生活に寄り添っているのでとてもわかりやすく、また元気が湧き出てくるので、大好きです。いつも心にメッセージが残り、いろんなことを思い起こしたり考えたりさせられます。

20151019 04
牧師先生の優しい奥様に、お世話になった方々と。教会につなげて下さった左端の黒阪さんは、染織家でチェレステ色のスカーフをプレゼントして下さいました。ふんわりシルクが心地よくて、大好きな色に包まれ心が落ち着きます。私の隣の美しい方はボサノバが大好きだそうで、またゆっくりお話ししたいです。いつも手作りの美味しいお昼やお菓子を囲んでみなさんとお話しする時間がとっても楽しいんですよ。大変お世話になりありがとうございました。

20151019 05
牧師先生から素敵なプレゼントがありました。来て下さったお客様全員に聖書とロザリオを。
韓国出身の牧師先生は、ふるさと韓国の93歳の信者さんに作っていただいたそうです。とっても美しく、心のこもったロザリオは手にじんわりなじんで、たくさんの祈りが聞こえてくるようです。演奏の前に、祝福のお祈りをして下さった牧師先生のおかげで、神さまに身を委ねることができた1日がとっても幸せで、穏やかな時間を過ごすことができました。祈りは国境がないこと、真の平和を求める牧師先生の輝く瞳に人間の本当の美しさを感じました。
本当にありがとうございました。