20131213-1

12月12日

福岡県にあります、大好きな”ベジガーデン”でのチェレステ楽団、童謡コンサート「森のゆりかご」無事終了しました。たくさんの親子連れのお客様が見えられ、ふんわりゆったりした雰囲気の中で、演奏させて頂きました。私自身が歌っていてとっても癒されました。ありがとうございました。

 

ベジガーデンのお子様は、本当におとなしいです。0歳児からの小さなお子様が多かったので、泣かれたり、わいわい遊んだり、大変な事になると構えてしまうところですが、ベジガーデンのお客さんのお子様は、違うんです!落ち着いて音楽をじっくり聞いてくれるんです。歌っていてもおしゃべりしても、じっと目を見て聞いてくれるんです。いい気持ちになるとすやすやそのままお休みになられるし、本当に不思議です。

マクロビをお勉強されているお母さんが食べられている食事の影響が大きいのではないかと、改めて感心させられます。

白いお砂糖の入った食べ物を与えられていると、子供が興奮状態になって叫んだり、落ち着かなくなったり、気持ちが高揚してしまうとベジガーデンで教えて頂きましたが、まさにその取っていないとどうなるのかという現象を、見てしまった感じです。

 

コンサートが終わると、子供たちがタブラの不思議な音色を確かめに集まってきました。

20131213-2

そして、0歳児のお子さまが、タブラを上手にたたいています。

トシオさんがとんとんすると楽しそうにとんとんたたき返します。

すごいなあ~。

 

 

そして今日はチェレステ楽団のライブの後に、

富田工房の富田貴史さんの茜染めのワークショップが行われました。

染め物を通して、いろんな事を教えて頂けた、貴重な時間となりました。

20131213-3

茜の根から色を取って染めてゆきます。

でも私たちは、染めるところから。

明礬につけた布を麻ひもやゴムなどで絞りを入れて、染めてゆきます。

茜のやさしい香りがお部屋中に広がり、しっとり包まれている感じに癒されました。

濃い茜色。生まれてくる前、子宮の中は、この茜色一色。ですので、茜色の中にいると安心したりするかたが多いそうです。なるほど~。

 

茜は薬効効果の高い植物だそうで、特に血液にまつわる薬効があるそうです。もちろん漢方薬としても使われますが、茜染めをした衣服をまとったりする事でも、その効果を発揮するそうですので、まとわない手はありません。

放射能や、農薬、化学物質などで、腎臓が弱り、免疫低下をしている体にも、この茜は力を貸してくれるそうです。茜をたっぷりしみ込ませた自然の素材の衣服、これからこのサバイバルの世の中を生き抜く重要なアイテムになりそうです。

20131213-4

染め上がった布を干してゆきます。皆さんそれぞれ素敵に仕上がっています。

干している間、みんなでこの布に囲まれてお話をしました。染め物を通して、皆さんの今思う気持ちを聞くことができました。それぞれの役割の中で生きてゆく皆さんの姿や思いがにじみ合って夕焼けの茜色のように美しく心に染み渡りました。

20131213-5

染め物は、染めたての頃は、お日様に当てる事で色あせを防ぐことができるそうです。

お日様に強くなるそうです。人も同じで、子供の頃、過保護になりすぎず自然に触れさせる事で強くなる事と同じだそうです。富田工房の富田貴史さんは、茜染め以外でも、様々なワークショップをされていて、暦、エネルギー、手仕事、自家発電など、いろんな事に精通されております。富田さんのの凛とした、教えをいただいて、私たちも、自分たちの役割を果たしてゆけるよう、この茜色の手ぬぐいを巻いて頑張りたいと思います。富田さん大変ありがとうございました。

大好きベジガーデンさま、素敵な1日を本当にありがとうございました。

そして、12月25日クリスマスには、このベジガーデンでチェレステ楽団のクリスマスコンサートをさせて頂けることになりました。

チェレステ楽団をはじめて間もない頃から、ベジガーデンは未熟な私たちをいつも応援して下さり、そしてたくさんの機会と出会いをいただき、成長させて下さいました。その感謝の気持ちを込めて演奏したいと思います。

皆さんと聖なる夜にお会い出来るのを楽しみにしています。

 

20131213-6
日時:2013年12月25日 18:00開場

ディナー18時30分、コンサートは19時30分から。

チケット:4500円 クリスマスディナーとスイーツ付

ご予約・お問い合わせ:お電話(092-524-7412)または店頭にて。

Stille Nacht(シュティーレ・ナハト)とは、ドイツ語で聖夜の意味。

チェレステ楽団の音楽と共に、素敵なクリスマスを過ごしませんか?