この黒崎教会があります長崎県の外海町は、五島列島や生月島とともに隠れキリシタンの里として知られています。また、遠藤周作の代表作である「沈黙」の舞台の1つ。
外海地方の産業・社会福祉・土木・建築・医療・教育文化などに奉仕したフランス人宣教師ド・ロ神父さまの指導により聖堂建設が計画されました。
信徒たちが積み上げた赤茶けた煉瓦の一つ一つにたくさんの思いが込められています。


今日はこの美しい教会でチェレステ楽団のコンサートが開かれます。
両手を広げてマリア様が迎えて下さいます。
どうか素敵な時間を皆さんと過ごすことができますよう、お見守りください。


外から眺めるよりずっと広く天井の高い聖堂。
静かな聖堂内に響きわたる音にもううっとり。
音響は必要なさそうです。


美しいステンドグラス。
マリアさまのやさしい子守唄が聞こえてきそう。


優しさにつつまれて演奏。
まるで夢を見ていたかようなあったいう間のひとときで、とっても幸せでした。


去年の夏の「とぎつカナリーホール」のコンサートを企画して下さった方が、私たちの音楽を教会で!と、教会関係の方ではないのですが、美しい黒崎教会に声をかけて下さり、そして神父様があたたかく迎えて下さり実現しました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
教会の方もあたたかい言葉をかけて下さり胸がいっぱいです。

また夏に大村市で出会った「京都から長崎からまでの日本26聖人巡礼の道」を完歩された、Yさんがたくさんのお友達に声をかけて下さり、駆けつけて下さいました。あたたかな笑顔に大変助けられ励まされました。

福岡からのお客様も来て下さったり、遠方から本当にうれしかった〜。

大変ありがとうございました。

演奏が終わり外に出るとたくさんの星空が夜空に輝いていました。
ここのところ黄砂やPM2.5などの大気汚染がひどく、外海の景色もかすんでいたようですが、この日は満点の星空。海も澄み渡っていましたよ〜。
ご褒美だね〜。


今日は楽しいひな祭り。
最後に、手作りのお店のおいしいお弁当と、大好きな桜餅を持たせていただきました。涙がこぼれそうになりました。あたたかいなあ〜。

星を見ながら至福の一時。
幸せな1日に感謝です。

ありがとうございました。