10月22日(土)魚沼にありますオーク(蕎麦&カレー)でコンサート。
前回の魚沼でのライブのときに、お昼におそばをいただいて以来すっかりファンになってしまい、
ここで演奏できたらいいね〜が現実に。
本当にありがとうございました。


リハーサルに文化会館の小ホールをお借りして。なんて贅沢。
西野雅人さんとの素敵な伴奏に支えられながら、今回も弾き語りをがんばります。
タブラのトシオさんが、お仕事の都合で出ることができませんでしたので、なんだかちょっと寂しい。
二人で、太鼓の音を思い浮かべながら音を作っていきます。


そしてライブが始まりました。
私はずっと日本の歌や、童謡を新潟で歌ってきましたので、自分のオリジナルが受け入れられるか、いつも心が不安でいっぱい。
でも、いま感じることを、誰かの言葉ではなく、誰かのメロディーではなく、自分の心から生まれてきた思いを誰かと共有したい。その思いで、一生懸命に演奏しました。
その思いが伝わっているといいなあ。

懇親会では、ギターの西野さんが皆さんのリクエストに応えて素敵なギターを奏でてくれました。
すっかり頼もしくなった西野さん。演奏に自信がみなぎります。優しくて、面白くって、本当に素敵な方です。ただいま花嫁募集中だとか。今がチャンスですよ〜。

最後にオークの店長が新そばをごちそうしてくれました。
つゆにつけるのがもったいないほどおいしかった〜。(実際あんまりおいしくてそのままで全部いただいてしまいました)是非是非新そば食べに行って下さい。ピリ辛のカレーもまたおすすめですよ。

いろいろまた盛り上がって、また12月に面白い企画が生まれそうです。
お酒の席での口約束で本当に実現してしまうのはこの地域ならでは。
みんな心あたたか、ほろ酔い気分でも心は真剣。
なじみなある皆さんと楽しい会話を交わしながら、そうやって13年もここに通い続け、まるでふるさとのように過ごさせてただいています。本当にありがたいことです。
これも豪雪の寒い冬の厳しい中、助け合いながら支え合いながら生きてきた新潟の人々の心の広さと、温かさのお陰です。

明日は、中越地震メモリアルの日。
そんな皆さんと、心を通わせ素敵な時間を過ごせますよう、心からお祈りしてお休みしました。