少しずつですが地元大分で少しずつチェレステ楽団の輪が広がってきていることに、本当に感謝でいっぱいの日々。友人宅で先日ライブをさせていただいた時にも温かいお言葉、励ましの言葉をいただき、音楽をやっていて良かったなあと〜しみじみ感じます。
私たちのような石ころのような小さな楽団を拾い上げ口伝えで広めて下さり、そんな方々がいるお陰で、音楽を続てていられることがとてもありがたく、本当に幸せ者だなあと感じています。

久しぶりにトシオさんが親戚の結婚式のためひとり上京し、久しぶりに親子3人で過ごしています。
先日は母の誕生日でしたので、3人で紅葉を見に行きました。
耶馬渓という紅葉で有名なところへ行きました。
小さなとき来たことがありますが、もうまるで覚えていませんでした。
今年はまだ温かい日が続いていますので絶景の紅葉には一足早かったのですが、
自然を満喫しました。


一目八景。8つの奇岩が一望できるそうです。
平日ですがたくさんの観光客が訪れていました。


青の洞門。
旅の途中、ここに立ち寄った禅海和尚という方が、
断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て、
安全な道を作ろうと、ノミと槌だけで30年かけてトンネルを掘ったそうです。


光を通すためのトンネルの窓。ノミの跡が残る岩。大変な作業だったことでしょう。


のびた枝に、紅葉のネックレスがかかっていました。


色づきはじめの紅葉のコントラストがきれい。


少し寒い秋の日。猫ちゃんも寄り添っておひるね。

 


耶馬渓は本耶馬渓や裏耶馬渓など広範囲に絶景が広がっています。
あの岩は、七福神を祭っているようです。


夕暮れの空もきれい。
温泉にもゆっくりつかって、ゆったりした時間を過ごしました。

明日から3日間、竹田市で「竹楽」というお祭りがあります。
町中が竹の灯籠で照らされます。
チェレステ楽団も19日に参加します。。。が、トシオさんが東京に用事が出来てしまい、
今回は、私の弾き語りと、姉の詩の朗読をする予定です。
キリシタン礼拝堂跡地での演奏です。
もうこのごろは寒い日が続いていますので、手がかじかんでいつものようにハープ演奏できないかと思われますが、そのときにはアカペラで歌ったりして、秋の町に灯された明かりの中で、なにか奏でることが出来たらなあ〜と思っています。姉と二人きりの会も初めてですのでとっても楽しみです。
5時からはじめる予定です。
ただ、お天気が心配です。
雨天のときには、ハープの演奏が完全に出来ませんので中止になってしまうかもしれません。
でも少しだったら、傘をさして姉と二人で朗読しようかなあ〜。でも灯りが消えてしまうかなあ〜。
どうか雨が降りませんように。