震災メモリアルも無事終えて、心がふ〜っと一休み。
今年はいろいろあった年でしたので、この日への思いも今までとまた違い
ここ何日か神経が張りつめていたのでしょうか。
少し肩の荷が下りてほっとしています。
今回は、久しぶりに一人で出てきて寂しかったのか、皆さんの温かくして下さることがジーンとまた心にしみました。
いつも小出にゆくと良くして下さるお友達が、今回はつきっきりでお世話をして下さいました。
本当にありがとうございました。


そしてそのお友達に、秋の実をたくさん持ってきていただきました。
栗に、アケビ、トチの実に、そしてなんとブナの実。
ブナの実は「ブナの実一升、金一升」といわれるほど貴重なのだそうです。
成長が遅いため、地面に根を下ろしてから約50年から60年かけて初めて実をつけ、その後は5年に一度しか実をつけないそうです。
三角のような小さな身の皮を剥くと白い実が顔を出します。初めて食べました。ナッツのような味でとてもおいしかったです。