無事本州へと戻ってきました。
北海道の旅、半分は雨だったり、期間も短いながらも大変充実した時間でした。
北海道、本当に素敵な所。
すっかり大自然の美しさに魅せられ、もう次はいつにしようかと考えてしまいたくなります。
またたくさんの出会いもありました。
6月からずっと滞在して、もう4回北海道を廻ってしまった山口のおじさん。
そんなおじさんと出会い一緒に旅をはじめた関西のおばさん。
雨竜の町をもう48回も自転車でぐるりと回った千葉のおじさん。
原発反対を訴えながら、日本中をまわるご夫婦。
たくさんの方が、それぞれの思いで北海道を旅しています。
素晴らしいことだけではありません。
泊原発が再開したことで、出会う人で会う人、みんなおこっていました。
「原発にたよるぐらいなら、節電した方がいい。
ちょっと昔の時代に戻るだけでいいのに。
そうすれば自然エネルギーでも十分まかなえるのに。
みんなその覚悟が出来ているのになぜ?」と

北海道に広がる湿地帯は、一度壊してしまったら二度ともとに戻ることはないそうです。
美しい大自然。
地球の命は私たちの命。
海も大地も森も動物もみんな同じ命の一部。
もうこれ以上傷つけないで!!
いたくて、いたくて泣いているよ。

船に揺られながら、荒れ狂う涙の海にたくさんお祈りしました。