さっきまで星空を満喫していたのに、あっという間に天気が一変し雨が降ってきてしまいました。
山の天気は変わりやすいなあと思っていましたら、なんだか台風が接近していて、何日か雨が降るようです。
とりあえず、「あいおい」という道の駅へ。
台風が気になるところですが、
風がまだ強く吹いていなかったので、テントで眠ることができました。

朝目覚めると、目の前に機関車が。


何だろうと近づいてみますと、
「相生鉄道公園」とありました。


旧国鉄時代に廃止になった、北見相生駅が残されていました。


駅舎の中はそのまま時間が止まってしまったかのよう。
なんだか懐かしいなあ。
地元の駅もこんな感じ(今でも)。


トシオさんがはしゃいでします。
自分はよく写真を撮っているのに撮られるの苦手なトシオさんですが、
珍しく張り切って電車に上ってポーズをとっています。
とても楽しかったようです。
この電車たちは、実はお宿になっていて、泊まることができるそうです。
そうと知っていれば、、、。
でも次に雨風を凌がなければならないときには、
ここにくれば安心して眠れそうです。
しかしながら北海道は旅行者に本当に優しいですね。
「雪のときに避難できる場所をこしらえてくれてくれているんだよ。
命に関わることだから。」とトシオさん。
さすが北海道出身。
そういえば夏なのに道の駅のトイレには必ず暖房がかかっていました。
北海道の冬。
ダイアモンドダストの美しい雪を一目見てみたいなあと憧れますが、、、。
九州育ちの私に耐えられるでしょうか。
今年の冬はどこで過ごそうかなあ〜。