前に髪を切ってから2ヶ月ほどたってしまって、ふたりとものびのびの髪に鬱陶しくなってきました。
そんな時のために、散髪セットを車に積んでいました。
そして、ぴったりの場所が。
田舎道のちょっとした休憩所のようです。


朝も早く、利用する人もいませんでいたので、
小雨の降るなか、散髪屋さんをしました。
散髪の免許は持っていませんが、
ここ何年かトシオさんの髪を切っています。
それがすごく面白いです。
しくじったり、ちょっと身を着ちゃった時もありますが、、、
でもすきバサミがあれば、だいたいうまく整ってくれます。
と思っていますが、、、。
私の方は、切りそろえるだけでいいので、と無理やり頼んで今回で二回目。
私の髪は多いので、なんだか調整が難しそう。


すっきりした二人は、そのまま近くの温泉へ。
実は初めての「温泉博士」の雑誌を利用します。
どきどき。
雑誌を見せるとハンコウを押してくれてそのまま入ることができました。
ちょっと感動。
河原の流れるせせらぎを聞きながら、露天風呂に入りました。

そして車を走らせると、また名水の看板。


このお水は妊婦さんや、赤子にとってとても良いお水のようです。


お水の神様が祀られていました。


傍に優しいピンクの花が咲いていました。

それから丹波の方の「丹波おばあちゃんの里」という道の駅で休憩をしていると、おじいさんが話しかけてくれました。
チェレ号がたいそう気に入ったようで、いいなあ〜。とまじまじと見ていました。
おじいさんの軽トラックには、何やら道具がいっぱい。
これから、周辺の草取りをするそうです。
するとおじいさんやおばあさんが続々とやってきました。
田舎の道の駅の掃除や草取りは、ほとんど地元のシルバーサークリルの方々がボランティアでやっているそうです。若い方々に帰ってきてほしいと願って頑張っているそうです。
頭が下がります。


おじいさんと写真。


旅のお共にと、自家製の丹波の黒豆茶を頂きました。
本当にありがとうございました。


また車を走らせると、古墳のある「針・T・R・S」道の駅がありました。
(なんだか最近道の駅巡りをしています)


広くて気持ちが良いので、ここで練習することに。
でも油断してるとまた、日焼けして真っ赤かになってしまうので、日陰でこそこそ練習。
でもお外での練習は本当に気持ちが良いです。
道の駅、私たちのオアシスです。

おじいさん、おばあさん。
本当にありがとうございます。