島根でのお泊りはせっかくなので海岸沿いがいいね。
という事で、道の駅「きらら多伎」へ。
金曜の夜という事もあって、たくさんの車が。


運良く止まっていた車が帰って行きましたので、海よりの端っこに止める事ができました。
すると、キャンパーの方が私たちの車を見て声をかけてくださいました。
ひと月ほどの車の旅を定期的にされているご夫婦の方で、私たちと同じような車の上が空いてテントになるフリートップ型の車に乗られていました。
皆さん試行錯誤しながら車生活を楽しんでおられます。
いろんなお話で話が弾みます。
そしてとっても素敵な事を教えていただきました。

「温泉博士」という雑誌が出ていて、それに載っている全国各地の温泉が雑誌を見せると無料ないし割引ではいる事ができるというのです。
旅の中でもっとも、お金がかかるのがお風呂なんです!
特に夏は、毎日汗を流したいですよね。
ですので親切に教えて頂いて本当にありがたかった〜。
天使ですね。
なんだかまたどこかの温泉でこのご夫婦にも会えそうな気がします。
楽しみ。
ありがとうございました。


月夜の晩
砂浜では遅くまで若者たちで賑わっていました。
花火をしてワイワイ。
一つ花火に火を付けるたびに笑い転げて楽しそう。
あの時代は何をしてもおかしくってお腹がいたくなるほど毎日笑っていたなあ。

いつもここに海あって、
いつものお友達と、
思いっきり笑いながら遊ぶことは
きっと彼らには普通だけど、
きっと何よりもの宝物になるんだろうなあ。

月と星と海と花火。
ちょっとうらやましくって
でもこうしてここにいるのも
だいぶ素敵な事だなあと
夢見心地でお休みしました。

波の音で目が覚めると、澄み渡る空。
キラキラな海。素敵な1日の始まり。