竹田津港を望む丘陵。110メートルほどの山をぐるぐるとあがってゆきますと、国の史跡に指定されている6世紀に築造された鬼塚古墳がありました。途中には、JAの鳥さん?のえさを作っている工場があって、本当に古墳なんてあるのだろうかと不安になりながらも、なんとかたどり着きました。


斜面に半地下に埋め込まれた「横穴式石室」だそうです。
お墓だけど、、、こんなお家で暮らしてみたいなあ。


中の様子はこんな感じ。
柵がしてありますので、入れませんが、連絡すれば見学させてもらえます。
玄室(横穴式石室や横穴の死者を埋葬する墓室)各壁に、
鳥や舟、舟上の人など線刻され、
この地方の海上で権力のあった人物の古墳とされています。


海風も吹いて、気持ちいいなあ。古代の風景がぽつんと残されている不思議な場所です。
小さな草木におおわれてとても可愛らしい感じ。
登ってその上で演奏したい気持ちに駆られましたが、お墓ですし、ぐっとこらえて。


何やらトシオさん一生懸命写真を撮っています。
あら、大好きなトカゲさんがいらしたのですね。