杵築城を後に国見町の方へ海岸線を走ります。
今日は巡礼の旅だね。とトシオさん。


ペトロ・カスイ岐部神父記念公園へ着きました。
赤い屋根の記念聖堂。毎年10月に顕彰のための岐部祭が開催されるそうです。


聖堂は閉まっていましたが、入り口からすっかり内部が見渡せます。
町の方のおかげできれいにお掃除されています。

 


舟越保武氏によるペトロ・カスイ・岐部神父のブロンズ像。
遠く海の向こうを見ています。舟越保武氏のペトロ岐部神父様への思いがしっかりと刻み込まれています。心を決めた神父様の堂々とした姿が美しい、、、


公園の後ろの小高い丘は、岐部一族の居城であった岐部城跡だそうです。
上に登ると、遠く姫島が見えました。

ペトロ・カスイ岐部神父
1587(天正十五)年、この豊後国国東郡の岐部で、岐部城主・ロマノ岐部と波多マリアの間に生まれました。あの大友宗麟死去の年です。やがて13歳で長崎の有馬セミナリオに入学しラテン語や音楽などを修めます。キリシタン禁教令後もマカオに渡りイエズス会コレジオに学んでいます。しかし日本人への偏見によって司祭への道が閉ざされ、ローマへの旅を決意します。インドからアラビア、パレスティナの陸路を経てローマに至り、日本人として初めてエルサレム、そしてローマを訪れます。1620(元和六)年ローマにて司祭に叙階。その後、殉教を覚悟して日本への渡航を希望し、日本にキリスト教をもたらした、フランシスコザビエルと同じ経路をたどりながら、日本へ帰国。激しい迫害を受けながらも九州より東北まで移動しながら信徒を励まし続け、1639年7月4日殉教しました。


海に浮かぶ姫島。夕焼けの霧の中に包まれて何とも美し。
激しい迫害を受けながらも、信者たちを励まし続けた神父様の思いが、
今私たちにも聞こえてきます。
きっと震災に遭われ心を痛めている全ての人に、たくさんの愛を注がれている。
そう信じています。

杵築カトリック教会を出て、心もお腹もいっぱいになったので、
お城をお散歩することにしました。


杵築城。
昭和45年に模築。日本で一番小さいお城と言われているそうです。
どうりで、真新しくて可愛らしい感じ。

応永元年(1393)大友一族の木付頼直によって築城され、代々受け継がれますが、大友義統が秀吉に幽閉された時、17代木付統直は切腹して木付氏は滅びました。
その後替わり替わって、明治まで松平氏が12代にわたって居城しました。
江戸時代には震災や暴風雨によって天守閣が損壊し、城を跡にして山麓に居館を移しました。
今は城跡は公園となり、新しく築いた天守は資料館となっています。

神父さまのお話の中で、杵築のキリシタンたちのお話がありました。
大友一族といえばキリシタンを思い出しますが、この頃はこの杵築でもたくさんのキリシタンがいらしたそうです。
秀吉の時代になると、キリシタン禁止令が発令され、キリシタン達は、お寺や神社のあるところよりもさらに上のほうに雷神社などを建てて、また祈りの言葉を逆さに読んだりしながらそこで静かに信仰を続けていたそうです。
九州がキリシタンであふれるのをみて、秀吉は日本が他の国からの侵略され征服されるのを恐れ「キリシタン禁止令」を出したといわれていますが、でも本に心を救ってくれた信仰を、奪い去ることは出来なかったのでしょう。
私の祖父が戦時中、ビルマ(ミャンマー)の海で爆撃に遭い、奇跡的に助かった後、リュックサックに紛れこんでいたどこの何だかも分からない仏像に祈りを捧げつづけたその思いは、誰にも止めることは出来ないですものね。

スペインからいらしたフラガ神父様は複雑な思いで、この日本を見つめてこられたことと思います。
文化というものがあまり好きではないとおしゃっていた神父さま。文化や文明は進化しているはずなのに、ある時代の文化を重んじすぎて、今という時を忘れてしまっている。。。
とても難しい問題ですね。このことについて今日何度も考えて、ブログを書き直しています。
文化って何だろう。
杵築の町も江戸時代より前にはその文化があり、その前にもその前にも、追いかけてゆくと原始の話になってしまいます。
文化を大事にといってもどの文化を大事にすればと分からなくなります。
結局は、今何が大切なのかを自分で選ばなければならない。

知人に聞いたお話ですが、天然記念物であります朱鷺という鳥を保護することは一見素晴らしいことのように思われますが、でも実際は絶滅してゆくのにも意味があって、今の時代ではもう朱鷺が暮らして行けない環境にある。だから保護をしているように見えても朱鷺のほうからしたらもう苦しくて、生き地獄のようなものなんだよ。かわいそうなんだよ。と。
そうやって考えると人間のエゴでいろんな事がちぐはぐになっているのではないか。。。いっぱいある気がする。。。
これから、ちゃんと大事な選択をすることが出来るのでしょうか。情報も何が本当で嘘なのか分からないし口にするのも怖い時代です。でもちゃんと考えて生きてゆかなくちゃ。

少し話がそれてしまいましたが、、、。

それでも杵築の町のように、華やかだった江戸時代の城下町を残すと決めて、そしてそれに今の風も取り入れて、しっかりと町を築いている姿、本当に素晴らしいですね。皆さんの町を思う思いが文化となってゆくのでしょう。

どんな時代になってもどこへ行こうとも神父さまのように大きな愛があれば、きっと心通じ合える。宗教も文化も超えて、、、、ふるさとのように海の風が吹き、人々も温かいこの杵築の町に来て、神父さまは今幸せだとおしゃっていました。
神父さまのいらっしゃる杵築の町、
そしてスペインがとっても好きになりました。
ありがとうございました。


城跡からの眺め。
お城の主は変わっても、この眺めはずっと変わらずここにあるのでしょう。

空を旋回する鳶。風に乗って杵築の町をぐるぐる。
お昼に寄り道した杵築の町。
どっぷりつかってしまいました。
さあ私たちもチェレステ号に乗って出発!!

杵築城下町
教会の通りには5つのお寺があり、道の向こうには天満社があったりで本当に守られた町ですね。


おそるおそる入り口を開けて「お祈りさせて下さい〜」というと
「どうぞどうぞ〜」と笑顔で神父様が迎えてくれました。
ステンドグラスに柔らかな光が差し込んで、やさしい雰囲気に包まれた聖堂。
久しぶりにゆっくりお祈りが出来ました。
東京から来ました〜。
といいますと神父さま、前は東京にいらしたそうで、いろんなお話をしていただきました。

立派な門を通り抜けると庭の片隅にルルドのマリア様

北スペインはガリシア地方ご出身で、もう50年日本にいらしゃるそうです。
どうぞ〜と暑い日だったので、アイスクリームを持って来てくれると、
パソコンを開いてグーグルアースで神父さんのふるさとを紹介してくれました。
リアス式海岸の名前は、ここ、リオから来ているんだよ〜。うつくしいよ〜。
大きなマリアさま像や、城壁に囲まれた美しい町。
とっても素敵な所。
スペインに行くときには是非立ち寄りたいです。

お話をしていると料理のお話になって、神父さま、有名なスペイン料理研究家でもいらっしゃるそうで、「フラガ神父の料理帳」という本を出されているというのです。
私たちが驚いていると、では、お昼ご一緒しませんか〜。
とお誘いをいただいて、私たちもお腹がぺこぺこでしたので、フラガ神父様にスペイン料理を一つ教えて頂くことになりました。
近所の方が持ってきて下さったというタコをつかって「たこのガリシア風」


圧力鍋をつかってタコを20分ぐらい良くゆでるそうです。その後むいたジャガイモを入れて、またジャガイモが芯がなくなるまでゆでます。ゆで終えたらタコを小さく一口大に切って、ジャガイモと盛りつけます。(汁は使いません!!あくですから?)

そして、にんにくのみじん切り、パプリカたくさん、オリーブオイルもたっぷりかけます。最後にお塩を振りかけて、あ!バルサミコも、たっぷりかけます。


「たこのガリシア風」のできあがり。
おいしそう!!いただきます。タコも柔らかくて、バルサミコの酸味がきいてとってもおいしい!!。オリーブオイル浸るぐらいかけたけど、全然油っぽくなく、むしろあっさり。本当に不思議なオイルですよね。血糖値を下げると西洋では医療に使われたりするようですね。町の方が大きなオリーブオイルの缶を買ってきて下さるそうです。本当に町の方が良くして下さると感謝していらっしゃいました。私たちもこんな素敵な恵みをいただいて、感謝です。


これが、神父さまの料理本です。
挿絵もとっても素敵!!池田宗弘さんという有名な版画家だそうです。
ひとページひとページ版画とお写真が載せられて、見ているだけでも楽しくなります。
お料理もシンプルで、誰でも作れるよ〜とおっしゃっていました。どれも素材を生かした料理で、スペインの風がふ〜と吹いてきそうです。是非挑戦してみたいです。皆さんも是非。


聖堂にて
神父さまといろんなお話をしました。日本語も上手ですし(考えて見ると私よりも日本にいる時間が長いですね)。一番驚いたことは、神父さまなんと82歳ですって。なんてお若いのでしょう。そして神父さまが神父様になられた教会が私が洗礼を受け、結婚式を挙げた教会と同じでしたのでこれもまたびっくりさせられました。なんだか感激で涙があふれてきました。


突然の訪れにもかかわらず、大変なおもてなしをして頂いて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
神父さまの優しさと笑顔、たこのガリシア風の味、心の中の大切な宝箱に。
いつまでも手を振って下さった神父さま。
愛にあふれた時間を本当にありがとうございました。

神に感謝。

国東半島いいよ〜。
ルネッサンスダンス師匠の半島めぐりのお話を聞いていたときに、
大分に帰ったら絶対行こう!!と決めていた国東半島。

ワクワクドキドキ。
雨が続く毎日ですが、お天気が良い日を狙ってチェレステ号出発。
どんな旅になるかしら。

別府の町を抜けて、まずは杵築という江戸時代の城下町が今もきれいに残されてる町へ
立ち寄る予定はなかったのですが、なんだかとっても気になって、
またお昼の時間でもあったので、ふらふら〜っと寄ってみました。


この坂などいくつかの坂はサンドイッチのように谷あいを挟んでいます。
坂の上には立派な武家屋敷が建ち並び、谷間には芝居小屋や、お味噌やさんお茶やさんと、老舗が残る商人の通りがありました。
着物を貸し出しして町をお散歩できたり、市役所も江戸風の建物だったり、小学校の門が昔の藩校の門とつながっていたりと、江戸文化が現在の町の暮らしとうまく絡み合っているようです。


一松邸という武家屋敷からは杵築城が見えました。この八坂川にはカブトガニがいるそうです。


町のマンホール。保護のマークでしようか。
タイコのトシオさんが大喜び。
昔、お友達がカブトガニの死骸を持ってきてくれたそうで、それ以来色々詳しくなったそうです。
天然記念物のカブトガニさん大分少なくなってきているそうです。
いろいろな原因があるようですが、下水道の問題も大きいようです。
一番身近なところで環境を考えることが出来る生活排水、気をつけたいですね。


途中に立葵の花が咲いていました。
花びらのひだが、涼しげな縮緬の浴衣のようでなんだかとっても気持ちよさそう。


するとお城の様な建物があり、何だろうと思ったら、教会でした。
こんな教会見たことない!!トシオさんとワクワクしながら教会へお祈りに行きました。
つづきはまた明日。お休みなさい。

姉と母と3人で、昨日紹介した明礬温泉で、新しくできました湯屋えびす天空の癒しというところに行きました。いろんなお風呂があり、また岩盤浴も楽しめます。
東京に住んでいたとき大好きだったラクーア温泉を思い出しました〜。
震災後お家に引きこもり、疲れがたまっていたときに、茨城の家族もみんなでラクーアに行ってゆっくり温泉につかったとき、本当に癒されました。
お風呂って本当に不思議。身体だけでなく心もなんだか洗われて子供に戻ったような気持ちになります。

温泉からあがるとアイスクリームが食べたい!!
母が言い出して、それじゃあということで別府から少し車を走らせて、湯布院よりもう少し上ったところにあります塚原という町に行きました。
前にブログでも紹介しましたが、山の中に、可愛いおせんべいやさんや、美術館、小さな図書館や、オニパンというパン屋さんやいろんなお店が点在していて、姉のお気に入りの場所です。
あいにくこの日はほとんどのお店がお休みで、しょんぼりでしたが、
ミルク村が開いていました。
そう!アイスクリームを食べに来たのですから〜。


草原の中にお店があり、とてものどかでした。
由布岳も見えますね。
この日はカメラを忘れてきてしまい、記録があまりないですが、携帯のカメラで〜。
アイスクリームはミルクベースに、いちごやラムレーズン、キュウイやバナナ、いろいろ。
おいしかった〜。
食べることとおしゃべりに夢中で撮れませんでしたが、、、。

かわりに牛さんを。


牛さんって本当に大きくて、模様も本当に白黒のまだらちゃんなんですね。
頭では分かっているのですが、近くでみるとびっくりします。
向こうもこちらが気になってお目々をぎょろぎょろ。
お休みのところすみません。
おいしいお乳をありがとう。