2ヶ月ほど滞在しました九州をでて、関東に向け出発をはじめました。
沢山の方にお世話になり、心もからだも復活しエネルギーをたくさんいただきました。
家族の皆様、出会った方々本当にありがとうございました。
九州をぐるっと回る予定でしたが、梅雨の時期でしたので、なかなか冒険は出来ませんでしたが、またゆっくり行けますので、次回に取っておきます。

九州を出る前に、最後のエネルギー補給、大好きな福岡の「ベジガーデン」に寄って、美味しいマクロビのお料理を頂きました。
心がほっとしました。
オーナーの仲さんと久しぶりにいろんな話をしました。
心に思う本当のことを相談できる大人の方に出会うのは本当に幸せなことですね。
生きぬくヒントがたくさん。
いつもいつもありがとうございます。
また秋の頃会う約束をして、オススメの場所を紹介していただきました。


その日は「むなかた」という道の駅でお泊り
。海がすぐそばでまわりも田んぼや松林しかなく、風が気持ちよく通り抜けて涼しく過ごせました。
ただ雷がゴロゴロ。天気が気になりましたが、でもそのうちに晴れてきて、
朝から快晴、気持ちの良い一日の始まりです。


張り切って宗像大社へ。
大きい〜です。
なんだか力強い感じですね。
ここは辺津宮。
本殿。
宗像大社は古代より、道の神様としての篤い信仰を集めていたそうです。
遠く大陸に渡った遣唐使なども、交通安全のために必ず参拝をしていました。
私たちチェレステ楽団も旅の安全をお祈りしました。

中世以降、御祭神である 市杵島姫神は弁天様といわれているそうです。
弁天様は琵琶を奏でる姿から音楽や芸術の才能を伸ばし、弁知(知恵)の神、更には縁結びや、財宝をもたらす金運の美女の代名詞である「幸福の女神」。ここはその総本宮だそうです。重ね重ねお祈りです。


本殿の敷地内の脇から鎮守の森へとお散歩をしました。
緑がもりもり。その先には「高宮祭場」がありました。


古式にのっとって続けられているお祭りがこの地で行われているそうです。

天照大神の「永遠に皇室をお助けし、皇室からも厚いお祭りを受けなさい」とのお言葉により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったと「日本書紀」に記されているそうです。 
神籬(ひもろぎ)・磐境(いわさか)というお祭りの原点を今に残す、全国でも数少ない古代祭場です。

「宗像大社」は沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称で、田心姫神、湍津姫神、 市杵島姫神を祭っています。

しかし沖ノ島の沖津宮は、女人禁制。
今でもそれが守られ続けている神の島ですので渡ることが出来ないそうです。
でももうひとつの大島の中津宮には行けると聞いて、早速船に乗って島へ渡ることにしました。

 


チケット売り場に猫ちゃんが座っていました。
近寄っても全くどうじません。
前に住んでいたところにいた白猫のシロ先生を思い出しました。
かわいいなあ。なんだかとってもいとおしくなりました。


さあ船が出発しました。
夏の海。雲がモコモコ立ち、青空とのコントラストに清々します。
あ〜気持ちがいいなあ。風を切って船は大島へ。
あまりの暑さにふうふうしていましたので、生き返るようです。
続きは次回へ。

昨日は盛りだくさんな1日でしたが、最後にきれいなお星様を見ることが出来ました。
七夕の日にこんなに星を見たのは初めてかもしれません。
家族で道路に寝っ転がって星の鑑賞をしました。


あの星が蠍座で、あの星がアルタイル?天の川はみえる?とかみんなで学校で習った昔の知識を持ち寄って語っていましたが、やっぱりよく分かりませんでした。写真に撮ってみると目に見えない星まで写るのでもう全然何の星かは分かりません。でも、みんなでこうして見ているだけで幸せだなあ。

織り姫と彦星の邪魔にならないように、お月様がひっそりと雲間から顔を出していました。


みんなで。電線がまるで五線紙のよう。
お星様きらきら。
幸せが降り注ぎました。

先日のコンサートで声をかけて下さった方に、竹田で素敵なお祭りのお話を聞きました。
毎年たくさんの灯りを町中で灯すお祭りで、音楽や舞や芸術がなどいろんなところで流れているというのです。
わくわく。
なんて素敵なお祭りなのでしょう。
もしかしたらどこかで演奏できるかもよ、とそのかたが親切に、観光協会の方にご紹介していただきました。
そして竹田の町へ。

子供の頃何度か訪れたことがありましたが、こんなに素敵な町だったなんて。


いろんな時代の思い出が、小さな町のなかにたくさん転がっていて、飾ることなく、でもとても大切にして、ささやかに暮らしている町の様子が伝わり、本当に素敵な町。


町には蔵や古い建物がたくさん。この建物の壁には戦争中に目立たないように墨を塗っていたのがそのままです。


荒城の月で有名な作曲家、滝廉太郎のゆかりの地でもあります町には、蓮太郎トンネルがあって、通る度に作曲した音楽が流れます。普通の生活のなかでちょっとした遊びが面白いですね。そのほかにも最近、テレビドラマ「坂の上の雲」が放送されましたが、その主人公廣瀬武夫という方の生まれ故郷で、軍神として、神社がありましたり、「犬のおまわりさん」などを作詞された佐藤義美という、童謡作詞家、童話作家のかたの出身地でありましたり、、、、
小さな町なのですが、たくさんの方々がこの街で素敵な伝統や芸術、精神を育てていたのですね。


そして静かにひっそりと切支丹洞窟礼拝堂がありました。
隣の洞窟には司祭様が暮らしていたそうです。
滝蓮太郎もクリスチャンだったそうです。この礼拝堂にも訪れたのでしょうか。


お花が捧げられていました。誰もいなくなった礼拝堂ですが、祈りは永遠ですね。

観光協会の方にすっかり町を一周案内していただいて、、、、
本当にありがとうございました。
そしてチェレステ楽団を紹介していただいて、本当にありがとうございます。
こんな静かでのんびりとした町。
11月後半、街中に灯籠の火が灯されます、「竹楽」というお祭り。
竹がたくさん育ちすぎて困っていたことから、13年前から毎年竹を切って灯籠を灯し、最後は墨にして竹に感謝を捧げています。街中の方みんなで、お祭りを主催して、お客様をお迎えするそうです。それはそれは素晴らしい灯りです。
参加出来るといいな〜。七夕の空にお願いしょう。

皆さんも竹田の町に是非訪れて下さいね!

七夕の日。
姉が今勤めている保育園で演奏させていただきました。
入り口を入ると笹の葉にたくさん飾りがしてありました。
お願い事もたくさん。みんな叶うといいなあ。


コンサートのお知らせまで作っていただきました。
かわいい〜。


会場の隣のお部屋でみんな元気に歌っていました。お歌が好きなんですね〜。
私たちの音楽も気にってもらえるかな〜。
ドキドキしていると、子供達がびょこぴょこあらわれました。


乳母車に乗った小さなお子さんもお目々をまんまるにして不思議な楽器を見ています。
演奏が始まると、ますますお目々がまん丸になってきらきらお星様のようです。
とっても良く聞いてくれたので、こちらがびっくり!!
最後に七夕さまや、きらきら星を、元気にみんなで歌いました。
あっという間に時間は過ぎてしまいましたが、
お母様や先生方、お父さんも見えられていたりして、みんなで七夕の日を過ごしました。
幸せなひととき。ありがとうございました。


朝から雨が降っていましたが、終わる頃には雨もやんで、、、、
もしかしたら晴れてくるかな。願いを込めて。

優しい時間。
ふるさとの温かな気持ちをたくさんいただいた「チェレステ楽団 in 七夕eve♪ ライブ」
去年の春に大分のボイボイカフェさんの大草原で、むにゅと羊さんと演奏した時から、つながりつながり、また一昨日に素敵な方々と出会い、幸せな時間を過ごすことが出来ました。
ふれあうどのかたがたとも、初めてお会いするのに、とても懐かしく、とても居心地が良く、安心できて、とても不思議な思いでいっぱいです。本当に私たちチェレステ楽団を皆さんの心の中に迎え入れてくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。


素敵ならんたんの明かりに、皆さんうっとり。
らんたんを灯していただいた竹川美砂恵さん
町にあふれる不要になった紙パックを使って一つ一つに命を吹き込んでゆきます。
物語りを綴ってゆく切り絵たち。
会場の電気の明かりを消して、小さな炎のやわらかな光に模様たちが目を覚まします。
いつまでも眺めていたくなるような優しい光。
そんな会場のなかで、みんなが小さな子供に戻ってしまって、にこにこ。
竹川美砂恵さんのブログに会場を素敵に載せていただいています。
本当にありがとうございます。
海ガラスのアートや切り絵のアートもやられていて、とっても可愛いですよ〜。いろんなイベントにも参加されていますので、是非訪れてみて下さい。


雨の中たくさんの方が足を運んで下さり、びっくり!!とっても緊張しました〜。
でも本当に皆さんにこにこして一つ一つの曲に耳を澄まして下さり、私も大事に歌うことが出来ました。温かかった〜。
懐かしい同級生がいらしたと思うのですが、お声をかけられず、すみません。
ありがとうございました。


繋がって下さったみなさんと一緒に。
この大分滞在2ヶ月間は皆さんとお会いするためだったと強く感じます。
そして皆さん本当に楽しい方々。いろんなお話が出来て〜。
もうどの方も面白くって話題が尽きなくって、またお会いするのが楽しみでしょうがありません。
そしてたくさんの励ましと愛をいただきました。
本当にありがとうございます。


小さな灯りに浮かんでくるのは優しい気持ち。みんなで願い事。
七夕、イブの夜、「明日は晴れるといいな〜。」