広島平和記念公園に訪れました。
なんと言っていいのか、、、
想像していたものと全く違う空気で驚きました。
平和を祈り立てられた西洋的な記念碑たち。
綺麗に保存された無機質な原爆ドーム。
静かな時を刻む公園。
沈黙。


何か大きなもので覆い隠され、平和のような空気、、、
どう感じ取ったらいいのかと惑うばかりでした。
でも確実に大地からは悲しみや苦しみの声を感じ、とっても重くのしかかりとても辛かった。

広島平和記念資料館も全く同じ印象を受けました。
美術舘や博物館のような整然とした展示。
原爆の恐ろしさ、悲惨さ、悲しみや苦しみよりも先に、資料の文章の多さに圧倒されました。
そして原爆投下がまるでしょうがなかったような雰囲気を感じるような内容まで感じられ驚かされるばかりです。
東館と本館があるのですが、
「前に来たときには、本館しか無かったとおもうのだけれど。」
とトシオさん。
資料を読むのに疲れてしまって、被害に合われた方々のメッセージが込められた本館に付いた頃にはもうくたくたになってしまいます。

本館では原爆に合われた方々の遺品や写真などがきれいに小さくこじんまりと飾られ、
ガラスケースの中で必死に訴えている声が聞こえるようで悲しみでいっぱいになりました。

各国の訪問者のコメントがありました。
この苦しみは繰り返してはいけないと綴られていながら核を保有し続ける国々。

そして原発からきっぱりとさよならしない日本も同じこと。
広島や長崎の犠牲を無視しているかのようです。

原発問題の影響もあってか、たくさんの外国人の姿が見られました。
どう感じているのだろう。
伝わっているでしょうか。
なんだかやきもきしてしまいました。
もっと叫んでいいのではないか。
もっと訴えていいのではないか。
市民の本当の声は出口近くのモニターから流され、
資料見物に疲れた人々は目を留めることはありません。
弱い立場の国。
虚しさでまた悲しくなります。
でもこれが自分も含め日本の日本人の現状なんですね。
自分の無力さに心が痛いです。
もういろんな感情がごちゃごちゃになり、疲れ果て自分か無機質になってゆくのを感じ、涙が出てきました。


暑い夏。ただでさえ、照りつける太陽に体がぐったりなのに、この中で原爆に焼かれていった広島や長崎の人々の痛みは計り知れない、、、
本当に胸が締め付けられる思いです。

そして、苦しみ悲しみを背負いながら生き抜き、 大変な圧力を受けながらも、原爆の恐ろしさ、平和を訴え続ける方々。
その思いは確実に世の中を平和へと導いてくれています。

彼らの思いそしてここに手を合わせてゆく世界中の方々の祈りが世界中に広まり、争いのない、思いやりのある本当の平和な世の中をこれから築いてゆけるよう、私もこころからお祈りしました。

山口県とさよならして、広島へとやって来ました。
この日も早起きをして、ずっと行きたかった宮島へ向かいました。
トシオさんは修学旅行で来たことがあるそうですが、私は全くの始めて。
ワクワク。


竜宮城への入り口のような大鳥居。
波がキラキラ。なんて美しいのでしょう。


厳島神社。
まるで飼い慣らされているかのような静かで穏やかな海に浮かんでいます。
やはり女性の神様の神殿らしく、すっきりして華奢で美しいです。
お日様をたくさん含んだ海風に吹かれて、まとった衣がゆらゆら揺れ、
すべての悲しみの涙を優しく包み込んでくれるよう。


「いつき島にまつれる神」嚴島神社。
原始宗教のなごりで、島全体が神の島として崇められていましたので、陸地では畏れ多いと海中に社が建てられたそうです。
御祭神は天照大神の娘である宗像三女神、
市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命です。
やはり真ん中の鏡がとても印象的です。
時折、奉納の琵琶や、タイコの音が聞こえてきます。
私たちも神様に捧げる音楽を奏でることが出来たら。
そんな願いを込めて、お祈り。
なんて優しい空気。
心が温かになりました。


職人さんでしょうか。
こうやってお手入れをされているので、常に美しさをたもっているのですね。
お化粧のようですね。


海外のツアーの方がたくさん。


砂浜と海藻のコントラストが美しい〜。


友人に厳島神社のとなりにあります大願寺でお守りを買うと良いよ。
と聞いていましたので、さっそく大願寺へ。
御本尊厳島弁財天は、日本三大弁財天の一つ。
神仏分離令までは、嚴島神社の御本殿にお祀りしてあったそうです。
チェレステ楽団の良い前途をお祈りして琵琶を手にした弁天様を旅の記念にいただきました。


少し街を散策することに。
展望台の方から街をみようと少し高いところへゆきましたが、木が生い茂ってよく見渡せません。
隙間を見つけて


宮島の街並み。


大きな木の下で一休み。木陰が一番涼しい〜。

鹿の親子が寄り添って草をパクパク。
なんて可愛らしいのかしら。
それにしても島中鹿さんだらけ。
皆さん穏やかです。
神の国の聖なる生き物として大切にされてきたそうです。
インドの牛さんのようですね。


焼きたてのホカホカの名物もみじ饅頭もいただきました。


千畳閣
豊臣秀吉公が戦没者のために、千部経の転読供養をするため発願。しかし秀吉の死により未完成のままだそうです。
857畳の畳を敷くことができるほど広くがらーんとしています。
ここは風の通り道でしょうか。
なんて涼しいのかしら。
ここでお昼寝することができたら、、、
と思いましたが、寝転び禁止の札が貼ってありました。
みんな考えることは同じですね。
神聖な場所ですから、ね。


千畳閣から厳島神社を眺めていましたら、なんと大鳥居の周りが砂浜へと様変わりしていました。

記念写真。


大きなカメラを持っているからでしょうか。
沢山の人がトシオさんに写真のリクエスト。
なんだか仕事のよう。
でも嬉しそうなトシオさん。天使だあ。


暑くって子供も水遊びに夢中です。
ジリジリ太陽が照りつけ、体力が奪われてゆきます。
もう暑くて耐えられない〜。
観光客もたくさん溢れてきましたので早めに船に乗って本土へ。

神の島。
慈しみあふれる穏やかでやさしい島でした。

道の駅で素敵な出会いがありました。
お坊さんがチェレステ楽団という車のシールを見て話しかけて下さいました。
昔お坊さんになる前にデキシージャズをキャバレーで演奏していたそうです。
今は托鉢をしてガソリン代や生活費をまかないながら、全国祈りの旅をしているそうです。
本気で旅生活をするうえでの旅の情報や、
気をつけたい事などいろいろ教えていただきました。
またどこかで会いましょうと約束をしました。
音楽好きのお坊さん。
でも今年の暑さは尋常じゃないと、旅を一旦中止。
もう一度お寺にもどって旅を練り直すそうです。
本当に暑い夏。
私たちも試行錯誤して熱中症にならぬように気をつけなければ。


暑い時には出来るだけ山の方へ行くといいよ。
お坊さんのアドバイスにしたがって、山の方へ。


名水との看板があり、そろそろ水もなくなるところでしたので、水を汲みに向かいました。
そこは山口県と島根県と広島県の境目にあります「五竜の滝」という名所でした。
せっかくですので見物に。


延齢の水。
甘く森の香りがするお水。

 


想像以上の絶景に驚くばかり。
険しい滝登り。
涼しいのに汗が滝のように流れます。
どこまで登ってゆくのだろう。
不安に思いながらも、でもさっきおじいちゃんおばあちゃんが元気に見物を終えて笑顔で帰ってきていたところでしたので、私たちも上まで行けるはず。
しかしながら観光地で出会うお年寄りは本当に元気ですね。
生き生きキラキラ。
私たちもあんなに元気に長生きできるかしら。


ふうふう息を切らせながらも美しい水の白い糸を眺め癒されてゆきます。


溜まりの澄み切った水が冷たくて気持ち良さそう。
思わず飛び込んでしまいそうです。

 


上まで登ると手彫でしょうか、
トンネルがありました。
トンネルは左右に分かれていて神社へ抜ける道と、修行の霊場への山道へ続きます。
暗いトンネルは私がギリギリ立っていられるほどの高さしかありません。
真っ暗です。
途中、土の中に吸い込まれそうになり、自分の体が消えてしまうような錯覚に陥りました。
なんだか急にこわくなり、水を汲みにきただけの軽装だったこともあって、冒険するのは断念しました。
形あるものに別れを告げ、魂一つで修行をするための準備のトンネルなのでしょうか。
今のような階段や手すりなどない時に竜が襲いかかるように流れる滝を登り、トンネルを掘り、下界とさよならして、さらに山を登り修行をするなんて、、、先人たちの勇気は本当に頭が下がります。

暑い夏の穴場なのか、若いカップルが以外と多く、妊婦さんまで登っていたのにはびっくりしましたが、省エネ対策でお家で暑い夏を我慢するより、足を伸ばして山の方へ涼みにゆくのが体のためには良いかもしれませんね。

夏に滝見物、最高ですね。
お水大変美味しくいただきました。
お恵みに感謝。

山口県を離れる前に、山口市のサビエル記念聖堂へ、お祈りに行きました。
でももう遅い時間でしたので、聖堂は閉まっていましたが、聖なる土地の安らぎを感じることが出来、心静かにお祈りが出来ました。


聖堂は再建されたもので、モダンな建築。
初代の聖堂は、ザビエルの生家で、スペインのナバラ州パンプローナにあるザビエル城を模して建てられたものだったそうです。市民にも広く親しまれていましたが、1991年(平成3年)9月5日に失火により全焼し、イタリア人神父のコンスタンチノ・ルッジェリと建築家ルイジ・レオニのデザインによって再建されました。
初代聖堂の面影をほとんど残すことなく再建された聖堂ははじめ、初代の聖堂の姿に慣れ親しんできた市民から異論が起こったそうですが、山口市の景観にあっているとのことで、現代にも通じる建築として憩いの場となっているそうです。
前の建築も見てみたかった〜。


フランシスコ・サビエルの像
初めに山口へ訪れたときには布教に失敗しましたが、再度訪れた際、布教の許可を得、数百人の方が信者となりました。
山口の領主「大内義隆」は京都の生活に憧れ、文芸を奨励し、キリスト教も擁護しました。しかしサビエルが山口から豊後(大分)へ足を向けた十数日あとに、家臣の陰謀により切腹に追い込まれたそうです。そして山口に京都文化と西洋文化とを築いた大内一族も、再び日本史の上にその名を現わすこともなく姿を消したそうです。


マリア観音さま。

キリシタン禁止令の弾圧によりその後、信徒は悲劇の一途をたどることになりますが、戦後、元藩主の毛利家によってカトリックへの祈りは途絶ることなく、今にいたり守られ続けています。
山口県にはたくさんの隠れキリシタンの遺跡が残されているそうです。


ここへは8年ほど前に「みすず」というミュージカルに出演したときに、山口県を訪れた際、出身の恩師の案内で訪れたことがあります。
聖堂の中のステンドグラスがきれいで、感動したのを覚えています。
その時にはキリスト教というものが遠い存在でした。
綺麗で美しい世界にただただ憧れる思いでした。


ルルドのマリア様。
たくさんの蝋燭の火が灯されていました。
優しいまなざし。永遠の愛。

今こうしてまたザビエル記念聖堂を訪れることになり、また違った思いで見つめることができました。
こうした場所に訪れると、いつも考えさせられます。日本人とキリスト教。異国の宗教を信じる事で迫害を受けてきた歴史。またキリスト教自身も良い歴史ばかりではありません。
でもそこに日本人が忘れてしまっていた、「愛」と呼んでいる思いやりのこころ、があったのでしょう。
どんなことがあっても何にも変えることが出来なかったキリシタンたちの意思が感じられます。
その遺跡には悲しみを含みながらも、不思議と憎しみの影はまるで無く、本当に純粋で優しくて、、
確かに愛を感じます。


山口県のきくかわという道の駅。朧な夜の月。道の駅は車中泊の車がどこも多いのですが、この日はほとんど止まっていませんでしたので、トシオさんがWebの仕事をしている間に駐車場で久々に体操したり踊ってみたり、のびのびしました。

そして、朝の光が眩しくて目が覚めて、一日暑くなる予感。
今日はどこで練習をしようか〜。
涼しいところ、山の方。
秋吉台へゆくことにしました。


わ〜。
駐車場から上へ登ってゆくとてゆくと、
一面に石灰岩が露出したカルストの高原が広がります。
この辺りはみんな海だったようですよ。
ちょうど展望出来る東屋がありましたので、そこで練習をすることにしました。
風がビュービュー吹き、ハープが歌い出します。
エオリアンハープですね。
美しい響き。
風に吹かれるまま。
それに合わせて私も歌い出します。
トシオさんのタイコもポコポコ雲のようにふわりと音が飛んでゆきます。
うっとり。ふたり音楽に酔いしれました。

ふと顔を上げると、たくさんのかたが一緒に聞いてくれていて、びっくり。
そしてチェレステ楽団のミニライブさせていただきました。
熊本県の水俣や茨城県の鹿島から見えられている方々でした。
聞いて下さってありがとうございます。
鹿島からの方々は、地震の被害を受けられ、お家が半壊してしまったそうです。
今仕事の出張で山口県に来ていて、もうもどらなければならないので、最後に秋吉台を観光しているところでした。
私たちの音楽で少しでも明るい光を灯すことができるといいなあと思って、心を込めて演奏しました。
風にのってどこまでもどこまでも。
ライブ映像を撮ってみましたので、そのうちにチェレステ楽壇のウェブにアップしたいと思います〜。

気づいたら、お昼もすぎてお腹がペコペコ。
4時間も高原に。なんだかまた皮膚がまたヒリヒリ。
ぎゃー。また真っ赤っか。
これは危険。
ということで体を冷やすために、洞窟へ行くことにしました。


秋芳洞。
清流のとなりでカリンバを演奏しているカップルがいました。
水の雫のような音。
ここから気温が一気に下がって、ひんやりしてきました。


すると洞窟から大量の水が流れ出ています。ちょっと怖いです。


恐る恐る入ると、そこは神秘の暗闇。ライトに照らされた鍾乳石がぼんやり浮かんでいます。秋吉台地下水系は国内最大級。流れる水の音がごうごうと耳をふさぎます。


夏でも冬でも気温が13度ほど。ほてった体がほっとして、生き返るようです。
とっても広く壮大です。探検している気分でテンションが上がります。

 

 

 


奥まで行くと、古代から未来への道がありました。


ずっと絵が描かれているようです。
とっても綺麗なのですが、ここは湿気がすごく、絵の板のせいでしょうか。
科学的な臭いがして奥までゆけませんでした。残念。


洞窟の中で、水の雫の音だけが響く場所がありました。
声を出すととっても綺麗に響き渡り、もう終わりの時間が間近だったせいで誰もいませんでしたので、少し歌ってみました。
体が癒されてゆきます。


洞窟を出ると日も大分落ちて、過ごしやすくなっていました。
トンボが沢山飛んでいました。水がきれいで虫たちも美しい。


車を止めさせていただいたお店のお婆さんに秋吉台の道のりや、鍾乳石のことをいろいろ教えていただきました。そして記念に秋吉台の鍾乳石をいただきました。

心も体も癒された秋吉台。
素敵な思い出になりました。
ありがとうございました。