道の駅で素敵な出会いがありました。
お坊さんがチェレステ楽団という車のシールを見て話しかけて下さいました。
昔お坊さんになる前にデキシージャズをキャバレーで演奏していたそうです。
今は托鉢をしてガソリン代や生活費をまかないながら、全国祈りの旅をしているそうです。
本気で旅生活をするうえでの旅の情報や、
気をつけたい事などいろいろ教えていただきました。
またどこかで会いましょうと約束をしました。
音楽好きのお坊さん。
でも今年の暑さは尋常じゃないと、旅を一旦中止。
もう一度お寺にもどって旅を練り直すそうです。
本当に暑い夏。
私たちも試行錯誤して熱中症にならぬように気をつけなければ。


暑い時には出来るだけ山の方へ行くといいよ。
お坊さんのアドバイスにしたがって、山の方へ。


名水との看板があり、そろそろ水もなくなるところでしたので、水を汲みに向かいました。
そこは山口県と島根県と広島県の境目にあります「五竜の滝」という名所でした。
せっかくですので見物に。


延齢の水。
甘く森の香りがするお水。

 


想像以上の絶景に驚くばかり。
険しい滝登り。
涼しいのに汗が滝のように流れます。
どこまで登ってゆくのだろう。
不安に思いながらも、でもさっきおじいちゃんおばあちゃんが元気に見物を終えて笑顔で帰ってきていたところでしたので、私たちも上まで行けるはず。
しかしながら観光地で出会うお年寄りは本当に元気ですね。
生き生きキラキラ。
私たちもあんなに元気に長生きできるかしら。


ふうふう息を切らせながらも美しい水の白い糸を眺め癒されてゆきます。


溜まりの澄み切った水が冷たくて気持ち良さそう。
思わず飛び込んでしまいそうです。

 


上まで登ると手彫でしょうか、
トンネルがありました。
トンネルは左右に分かれていて神社へ抜ける道と、修行の霊場への山道へ続きます。
暗いトンネルは私がギリギリ立っていられるほどの高さしかありません。
真っ暗です。
途中、土の中に吸い込まれそうになり、自分の体が消えてしまうような錯覚に陥りました。
なんだか急にこわくなり、水を汲みにきただけの軽装だったこともあって、冒険するのは断念しました。
形あるものに別れを告げ、魂一つで修行をするための準備のトンネルなのでしょうか。
今のような階段や手すりなどない時に竜が襲いかかるように流れる滝を登り、トンネルを掘り、下界とさよならして、さらに山を登り修行をするなんて、、、先人たちの勇気は本当に頭が下がります。

暑い夏の穴場なのか、若いカップルが以外と多く、妊婦さんまで登っていたのにはびっくりしましたが、省エネ対策でお家で暑い夏を我慢するより、足を伸ばして山の方へ涼みにゆくのが体のためには良いかもしれませんね。

夏に滝見物、最高ですね。
お水大変美味しくいただきました。
お恵みに感謝。

山口県を離れる前に、山口市のサビエル記念聖堂へ、お祈りに行きました。
でももう遅い時間でしたので、聖堂は閉まっていましたが、聖なる土地の安らぎを感じることが出来、心静かにお祈りが出来ました。


聖堂は再建されたもので、モダンな建築。
初代の聖堂は、ザビエルの生家で、スペインのナバラ州パンプローナにあるザビエル城を模して建てられたものだったそうです。市民にも広く親しまれていましたが、1991年(平成3年)9月5日に失火により全焼し、イタリア人神父のコンスタンチノ・ルッジェリと建築家ルイジ・レオニのデザインによって再建されました。
初代聖堂の面影をほとんど残すことなく再建された聖堂ははじめ、初代の聖堂の姿に慣れ親しんできた市民から異論が起こったそうですが、山口市の景観にあっているとのことで、現代にも通じる建築として憩いの場となっているそうです。
前の建築も見てみたかった〜。


フランシスコ・サビエルの像
初めに山口へ訪れたときには布教に失敗しましたが、再度訪れた際、布教の許可を得、数百人の方が信者となりました。
山口の領主「大内義隆」は京都の生活に憧れ、文芸を奨励し、キリスト教も擁護しました。しかしサビエルが山口から豊後(大分)へ足を向けた十数日あとに、家臣の陰謀により切腹に追い込まれたそうです。そして山口に京都文化と西洋文化とを築いた大内一族も、再び日本史の上にその名を現わすこともなく姿を消したそうです。


マリア観音さま。

キリシタン禁止令の弾圧によりその後、信徒は悲劇の一途をたどることになりますが、戦後、元藩主の毛利家によってカトリックへの祈りは途絶ることなく、今にいたり守られ続けています。
山口県にはたくさんの隠れキリシタンの遺跡が残されているそうです。


ここへは8年ほど前に「みすず」というミュージカルに出演したときに、山口県を訪れた際、出身の恩師の案内で訪れたことがあります。
聖堂の中のステンドグラスがきれいで、感動したのを覚えています。
その時にはキリスト教というものが遠い存在でした。
綺麗で美しい世界にただただ憧れる思いでした。


ルルドのマリア様。
たくさんの蝋燭の火が灯されていました。
優しいまなざし。永遠の愛。

今こうしてまたザビエル記念聖堂を訪れることになり、また違った思いで見つめることができました。
こうした場所に訪れると、いつも考えさせられます。日本人とキリスト教。異国の宗教を信じる事で迫害を受けてきた歴史。またキリスト教自身も良い歴史ばかりではありません。
でもそこに日本人が忘れてしまっていた、「愛」と呼んでいる思いやりのこころ、があったのでしょう。
どんなことがあっても何にも変えることが出来なかったキリシタンたちの意思が感じられます。
その遺跡には悲しみを含みながらも、不思議と憎しみの影はまるで無く、本当に純粋で優しくて、、
確かに愛を感じます。


山口県のきくかわという道の駅。朧な夜の月。道の駅は車中泊の車がどこも多いのですが、この日はほとんど止まっていませんでしたので、トシオさんがWebの仕事をしている間に駐車場で久々に体操したり踊ってみたり、のびのびしました。

そして、朝の光が眩しくて目が覚めて、一日暑くなる予感。
今日はどこで練習をしようか〜。
涼しいところ、山の方。
秋吉台へゆくことにしました。


わ〜。
駐車場から上へ登ってゆくとてゆくと、
一面に石灰岩が露出したカルストの高原が広がります。
この辺りはみんな海だったようですよ。
ちょうど展望出来る東屋がありましたので、そこで練習をすることにしました。
風がビュービュー吹き、ハープが歌い出します。
エオリアンハープですね。
美しい響き。
風に吹かれるまま。
それに合わせて私も歌い出します。
トシオさんのタイコもポコポコ雲のようにふわりと音が飛んでゆきます。
うっとり。ふたり音楽に酔いしれました。

ふと顔を上げると、たくさんのかたが一緒に聞いてくれていて、びっくり。
そしてチェレステ楽団のミニライブさせていただきました。
熊本県の水俣や茨城県の鹿島から見えられている方々でした。
聞いて下さってありがとうございます。
鹿島からの方々は、地震の被害を受けられ、お家が半壊してしまったそうです。
今仕事の出張で山口県に来ていて、もうもどらなければならないので、最後に秋吉台を観光しているところでした。
私たちの音楽で少しでも明るい光を灯すことができるといいなあと思って、心を込めて演奏しました。
風にのってどこまでもどこまでも。
ライブ映像を撮ってみましたので、そのうちにチェレステ楽壇のウェブにアップしたいと思います〜。

気づいたら、お昼もすぎてお腹がペコペコ。
4時間も高原に。なんだかまた皮膚がまたヒリヒリ。
ぎゃー。また真っ赤っか。
これは危険。
ということで体を冷やすために、洞窟へ行くことにしました。


秋芳洞。
清流のとなりでカリンバを演奏しているカップルがいました。
水の雫のような音。
ここから気温が一気に下がって、ひんやりしてきました。


すると洞窟から大量の水が流れ出ています。ちょっと怖いです。


恐る恐る入ると、そこは神秘の暗闇。ライトに照らされた鍾乳石がぼんやり浮かんでいます。秋吉台地下水系は国内最大級。流れる水の音がごうごうと耳をふさぎます。


夏でも冬でも気温が13度ほど。ほてった体がほっとして、生き返るようです。
とっても広く壮大です。探検している気分でテンションが上がります。

 

 

 


奥まで行くと、古代から未来への道がありました。


ずっと絵が描かれているようです。
とっても綺麗なのですが、ここは湿気がすごく、絵の板のせいでしょうか。
科学的な臭いがして奥までゆけませんでした。残念。


洞窟の中で、水の雫の音だけが響く場所がありました。
声を出すととっても綺麗に響き渡り、もう終わりの時間が間近だったせいで誰もいませんでしたので、少し歌ってみました。
体が癒されてゆきます。


洞窟を出ると日も大分落ちて、過ごしやすくなっていました。
トンボが沢山飛んでいました。水がきれいで虫たちも美しい。


車を止めさせていただいたお店のお婆さんに秋吉台の道のりや、鍾乳石のことをいろいろ教えていただきました。そして記念に秋吉台の鍾乳石をいただきました。

心も体も癒された秋吉台。
素敵な思い出になりました。
ありがとうございました。


さあ玄界灘に浮かぶ大島に着きました。
海きれい。エメラルドグリーンに輝いています。
しかし日差しが強いです。眩しくて目が開けられません〜。 


船着場から出て5分ほど歩いてゆくと宗像大社中津宮。
湍津姫神をお祭りしています。海運漁業者の信仰が、とりわけ篤いお宮だそうです。


階段が急で段差が激しいので、これくらい登っただけで足が棒になります。
でもこれにもきっと意味があるのです。


中津宮本殿。とってもすっきりしていて、女性の神様らしい奥の鏡がとても印象的でした。

古事記、日本書紀に記載されている伝説。
『天真名井』で天照大神と須佐之男命の誓約により、天照大神が、須佐之男命の、 剣、十拳剣をとって三っつに割り『天真名井』の聖水を口に含み勢い良く吹きかけ、その吐噴霧から3柱の女神が化生いたしました」
それがこの化生伝説の社だそうです。


ご神木の前で一休み。


ここはなんと天ノ川伝説の地であります。
この天ノ川と呼ばれる川に、御嶽山の伏流水、『天真名井』霊泉、 が流れ込んでいます。
そして天ノ川を挟んで、織姫を祀る神社、織姫神社、牽牛を祀る牽牛神社が祀られていました。
この2つの神社を併せて、星の宮と呼ばれ、七夕伝説の発祥の地といわれています。


織姫神社


牽牛神社。

両神社とも、昇り降りが大変。縁を結ぶのも大変なものですね。

今年は素敵な七夕を満喫しました。感謝の気持ちを込めて、お祈りしました〜。

 

あんまり暑くってもう汗だくになりましたので、海に飛び込みたくなりました。
いざ足をつけてみると、ぬる〜い。それでも久しぶりに海水に浸かり楽しみました。


浜辺を歩いてゆくと小夜島といわれる小さな島がありました。
夜は潮の干満により小夜島が、月夜に浮かぶようですよ。


その横に潮が引いているときに二人で渡りきると結ばれるという砂浜もあって、渡ってみました。
もちろん手をつないで〜。


浜辺にはたくさんの貝殻が落ちています。子供の頃夢中で拾ったなあ〜。
夏の家族旅行は一生の宝物。
帰ってきて現実に引き戻されても、しばらくは貝殻を耳にあてて、波の音のような潮風のような音を何時までもきいて、海を思い出していました。


向こうから戻ってくるとすっかり潮が満ちて、道が無くなってゆきます。
ギリギリでした。

本当に暑い一日。車に戻るとなんだか顔や手がひりひり。
鏡を見るとヒャ〜真っ赤か赤。焼けちゃった〜。
でも島に渡っている間に本土の方は雨が降っていたらしく、涼しくなっていました。
宗像大社、満喫の一日。


門司港の夕焼け。
さあこれから関門トンネルをぬけて九州を離れ本州へと入ってゆきます。
どんな出会い待っているかしら。
楽しみです。

2ヶ月ほど滞在しました九州をでて、関東に向け出発をはじめました。
沢山の方にお世話になり、心もからだも復活しエネルギーをたくさんいただきました。
家族の皆様、出会った方々本当にありがとうございました。
九州をぐるっと回る予定でしたが、梅雨の時期でしたので、なかなか冒険は出来ませんでしたが、またゆっくり行けますので、次回に取っておきます。

九州を出る前に、最後のエネルギー補給、大好きな福岡の「ベジガーデン」に寄って、美味しいマクロビのお料理を頂きました。
心がほっとしました。
オーナーの仲さんと久しぶりにいろんな話をしました。
心に思う本当のことを相談できる大人の方に出会うのは本当に幸せなことですね。
生きぬくヒントがたくさん。
いつもいつもありがとうございます。
また秋の頃会う約束をして、オススメの場所を紹介していただきました。


その日は「むなかた」という道の駅でお泊り
。海がすぐそばでまわりも田んぼや松林しかなく、風が気持ちよく通り抜けて涼しく過ごせました。
ただ雷がゴロゴロ。天気が気になりましたが、でもそのうちに晴れてきて、
朝から快晴、気持ちの良い一日の始まりです。


張り切って宗像大社へ。
大きい〜です。
なんだか力強い感じですね。
ここは辺津宮。
本殿。
宗像大社は古代より、道の神様としての篤い信仰を集めていたそうです。
遠く大陸に渡った遣唐使なども、交通安全のために必ず参拝をしていました。
私たちチェレステ楽団も旅の安全をお祈りしました。

中世以降、御祭神である 市杵島姫神は弁天様といわれているそうです。
弁天様は琵琶を奏でる姿から音楽や芸術の才能を伸ばし、弁知(知恵)の神、更には縁結びや、財宝をもたらす金運の美女の代名詞である「幸福の女神」。ここはその総本宮だそうです。重ね重ねお祈りです。


本殿の敷地内の脇から鎮守の森へとお散歩をしました。
緑がもりもり。その先には「高宮祭場」がありました。


古式にのっとって続けられているお祭りがこの地で行われているそうです。

天照大神の「永遠に皇室をお助けし、皇室からも厚いお祭りを受けなさい」とのお言葉により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったと「日本書紀」に記されているそうです。 
神籬(ひもろぎ)・磐境(いわさか)というお祭りの原点を今に残す、全国でも数少ない古代祭場です。

「宗像大社」は沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称で、田心姫神、湍津姫神、 市杵島姫神を祭っています。

しかし沖ノ島の沖津宮は、女人禁制。
今でもそれが守られ続けている神の島ですので渡ることが出来ないそうです。
でももうひとつの大島の中津宮には行けると聞いて、早速船に乗って島へ渡ることにしました。

 


チケット売り場に猫ちゃんが座っていました。
近寄っても全くどうじません。
前に住んでいたところにいた白猫のシロ先生を思い出しました。
かわいいなあ。なんだかとってもいとおしくなりました。


さあ船が出発しました。
夏の海。雲がモコモコ立ち、青空とのコントラストに清々します。
あ〜気持ちがいいなあ。風を切って船は大島へ。
あまりの暑さにふうふうしていましたので、生き返るようです。
続きは次回へ。