3月11日(土)さとううさぶろう&ふじのよしあき コラボセミナー&コンサート

「時代はワンネス、つながろう未来へ!」

とっても素敵な会に参加させていただきました。
さとううさぶろう&ふじのよしあき コラボセミナー&コンサート:チェレステ楽団

うさとの服のデザイナー「さとううさぶろう」さんとオーガニック野菜の宅配ファイン「ふじのよしあき」さんがみなさんに伝えたい「大切な事」を語るコラボセミナー。

私たちチェレステ楽団も演奏させていただきましたよ~。

 

はじまりはタイのチェンマイで製作されている「うさと服」の出来るまでを、手仕事や、自然、生活の音と静かな音楽だけで綴られた、優しい風を感じる映像を見させていただきました。

糸を紡ぎ、色を染め、機織りし、一枚の布になる愛おしいほどの手仕事の中に、生きることの永遠を感じ、大地やお日様香りまで伝わるとっても美しい映像でした。

そして、うさぶろうさんのお話。

うさぶろうさんの思いが込められ、大切に作られた布から、形になる「うさとの服」。

来られた方のほとんどの方が、うさと服を着られていましたが、どれ一つ同じ形はなく、まるでその人のために作られたかのように、皆さんお似合いでびっくりしました。

着る人までが、服を完成させる制作者、と語るうさぶろうさん。体に心地よいお洋服たちがリラックスさせているのでしょう、それぞれの方の素直な心を映し出すかのようで、皆さん輝いておられました。また、不思議な体験をされているうさぶろうさんの素敵なお話にあっという間に時間が過ぎてゆきました。もっと聞きたい~。そしてなんと、うさぶろうさんとトシオさんは北海道の南富良野出身で、同郷だったことがわかり、とっても嬉しかった~。うさぶろうさんとトシオさんの子供のような純粋な目は、あの南富良野の自然を心に持っているからなんだなあと感じました。

チェレステ楽団

チェレステ楽団の演奏。

3、11、東日本大震災から6年目を迎えた日です。悲しみやなくしたものは多くかったけれど、それよりも生きるということに目を向けて、自分たちの意思で歩き始めるきっかけになった大震災。自分の心に問いかけながら、自分の音に向き合った一生懸命の6年でした。時には失敗したり、くじけそうになったり、いろんなことがありましたが、そんな私たちさえも大きく包んで、見守り、応援してくださる方々に感謝の気持ちを込めて、そしてこうして音楽人生を歩ませていただいていることに幸せをかみしめながら演奏しました。

たくさんの方々にあたたかな声をいただき、目指している方向が同じである方々に出会えたことが本当に嬉しかった。ありがとうございました。

さとううさぶろう&ふじのよしあき コラボセミナー&コンサート:チェレステ楽団

最後にファインのふじのよしあきさんのお話会。

食を通して、生きることの大切さを身を以て伝えてくださり、涙涙の感動の時間でした。

余命1年の癌を宣告されたふじのさん。自分自信の治癒力を信じ、直してゆくことを決心された心の強い方です。大変な時なのに、私たちのことまで気遣って下さり、こうして演奏させていただける機会を作ってくださり、本当に心のあったかい方です。「よいと思った方へと子供のようにずんずん突き進んでゆくふじのさん」とスタッフの皆さんが話しておられましたが、そのふじのさんを支える奥様がまたとってもステキで、私たちの憧れの夫婦です。


ふじのさんと。

「みんな全て一つにつながっています。だからまずは自分のことをたくさん愛してあげてください」

そう語るふじのさんの言葉がみんなを優しく包み込み一つに。

本当に心に残る素敵な時間をありがとうございました。

 

 

チェレステ楽団

つくば牛久にあります福祉施設にて
2月26日、トシオさんの大叔母がお世話になっている、福祉施設でチェレステ楽団のコンサートをさせて頂きました。日本の歌曲や童謡をたくさんの方が一緒に歌ってくださり、大変楽しい時間となりました。昔NHKの放送局に勤めていた方がいらして、音楽の担当をされていたのか、「私もよく放送局で歌っていたのよ。今でも毎日歌うのよ〜。やっぱり毎日歌わないと声が出なくなるからね〜」と嬉しそうにお話してくださいました。お年は90歳だそうですが、とっても若々しくて、歌詞もみんな覚えていて、歌の力ってすごいなあと改めて感じました。スタッフの皆さんも大変あたたかく、皆さん安心して生活をされている様子が見ることができ、大叔母も嬉しそうにされていたので良かったです。

お天気も良く、暖かな1日で、とっても幸せな時間を過ごすことができました。わたしもいつまでも歌を歌い続けて元気に年を重ねていきたいです。

ありがとうございました。

 

お天気に恵まれ、九州から車旅、関東まで無事たどり着きました。福井県の若狭までは日本海側をひた走り、鳥取からはたくさんの雪がまだ残っていました。上の写真は滋賀県の琵琶湖からちょっと離れたところです。雪に覆われた景色は、昔の里山の風景を見せてくれているようです。綺麗でしたよ。

今日は以前コンサートをさせていただいた実家の近くのカフェ「田んぼカフェ龍のらんぷ」に久しぶりにお茶をしに行きました。すると素敵なお客さんが見えられていて、お知り合いになりました。

江戸文字職人の梅八師匠。な!なんと、チェレステ楽団の文字を書いてくださいました。すいすいすい。生き生きした筆使いに見入ってしまいました。字にワクワクするなんてはじめてです。そして噺家でもあります師匠は、お話がとても楽しくお声も素敵でした。

私たちの名前まで書いていただいて、一緒に写真まで撮っていただきました。ありがとうございます。とっても気さくであたたかな梅八師匠は、日本に40人ほどしかいない江戸文字職人さんの一人で、斎藤ひとりさんの招き札なども書かれているそうです。

我が家の家宝に。江戸文字は見ているだけで元気なれるそんな不思議な力がありますね。今年はこの文字のように、力強く生き生きと頑張ります!!

本当にありがとうございました。

昨日、2月8日、大分県の別府市にあります、ホテルGAHAMAterraceにて

「それぞれのカタチ展」がはじまりました。

私たちのCDを置いてくださっている、別府のアートギャラリー「花民」さんの企画で、大分県にゆかりのある8組のアーティストとのコラボ展です。陶芸に、アクセサリー、押し花にパッチワーク、木工飾りに、家具、それぞれの形たちが集まりました。音楽は本来形はありませんが、皆さんの形を包み込む見えない形として、音楽を流していただいています。

たくさんの方々が足を運んでくださり大賑わい。

別府ガハマテラスでの演奏:チェレステ楽団 

ホテルGAHAMAterraceレストラン「ビストロ・ヴァンヌーヴォ」にて

初日のプレイベントとしてチェレステ楽団のコンサートもさせていただきました。

ホテルGAHAMAterraceは昨年オープンしたばかりですが、建物自体は古く、その前は九州電力の保養所だったそうです。丁寧に凝って建てられた和洋折衷の作りは、大変モダンで、温かみのある空間でした。

チェレステ楽団

ヴァレンタインデーも近いので、「愛のかたち」をテーマに心を込めて演奏しました。

空間が広いので、音がこもらずスーッと広がって、とても演奏しやすかったです。

立ち見になってしまった方が多くいらっしゃる位、たくさんの方に来て頂きました。皆さん本当に熱心に聞いてくださり、胸が嬉しさでいっぱいになりました。

思わぬ懐かしい出会いや、人とのご縁、優しさをたくさんいただいた大変幸せな時間となりました。

本当にありがとうございました。

チェレステ楽団

チェレステ楽団CDや、トシオさんの作った小さな映像もささやかながら流させていただいています。

後ろの壁も、おしゃれで、贅沢。一つ一つタイルを張り合わせているようです。

展示の皆さんの作品も本当に素敵。でも、皆さん人気ですので、作品がどんどんなくなってゆきますので、お早目にお越しいただければと思います。

GAHAMAサロンにて2月の14日まで行っています。

ぜひぜひ!

 

 

木城町の川原自然公園。

シンポジウムの次の日、朝のお散歩。

晴れ渡る空に川の水が青く美しかった~。

 

少し冷たい風が吹いていましたが、宮崎はやっぱりあたたかい。

実家の大分と隣りの県なのにこんなに気温が違うのにびっくり。

この日は、昨年コンサートをさせて頂いた「アトリエ空」さんのところに遊びに行きました。

 

チェレステ楽団

久しぶりに、ゆっくり楽しい時間を過ごさせて頂きました。

焼きたてのパンや、取れ立て野菜、あたたかなスープ。そして楽しいおしゃべり。

美味しかった~。

本当にありがとうございました。

 

椅子に座られているオーナーの杉田さんは、生け花や絵画の先生で、ここにアトリエを作って、いろんなイベントやお教室を開催し、町の人々を繋ぎあわせている素敵な方です。シンポジウムで東埼玉病院の中野先生が話ていましたコミュニティーデザイナーさんですね。杉田さんのようなコミュニティーデザイナーと言われる人々を生かしての町づくりが、これからの活性化した地域にしていく事のキーワードとなると言われていましたが、本当にそうだと実感します。

杉田さんのアトリエにはさまざまなジャンルの仕事をされている人が来られます。そして町の子供からお年寄りまで集まって楽しく交流しています。空のように境目なく心が繋がってゆくような「アトリエ空」さん。

ゆっくりたくさんお話し出来てうれしかったです。

また寄らせて下さい~。