ヒフミヨイ(12345)日本人なら誰しも知っている数えことば。
そこに眠る太古日本の記憶。
この不思議なヒフミヨイの歌を作って以来、
自分の生まれた国、
日本というものがどんなところなのかと興味を持ちました。
今こうして導かれるように旅を続けていられることに、
驚きと感謝の気持ちでいっぱいの日々を過ごしています。

どこまでもつながっている地球。
どこへ行っても太陽はひとつで空もひとつ。
世界中に散らばっていった人間は、
見かけも言葉もそれぞれ違うように思えるけれど、
みな同じ空をみながら生きています。
そして、みな同じ心のふるさとをもとめて生きている、
そう感じます。

本当に大切なものはひとつで、
そして私達もその一部であること、
みんなつながっていることを感じずにはいられません。


緑豊かな、
水の清らかな、
日本という小さな島に生まれて、
当たり前のようにその恵みを受け取ってきました。

まだ数週間の旅ですが、
車で少し行っただけで、
偉大な山々、
清らな川、
美しい海に出会えます。
太陽の光の中で生き物たちは、
青々と育ち、
星空の下で安らかに眠る。
朝露にしっとり心も体も生き返り、
また太陽の光で目を覚ます。

そんな夢のような天国のような日本に生まれてきたことは
本当に奇跡のようなものかもしれません。

時には自然が恐ろしいこともあります。
昨今の自然災害で沢山の方々が恐怖の中、
息を呑んで暮らしていることでしょう。
昨日も雨の降りしきる中、
テントの中で眠っていると地震が起き、
不安で不安で眠れませんでした。
人間はとても弱い生き物です。
自然と寄り添って生きてきた古代の人々。
自然を敬い日々に感謝し、
恵みを分けあい、
知恵を出しあい、
助けあって生きてきたのでしょう。

恐ろしい火山の噴火でさえ、
ゴツゴツした岩の間を清い水が流れ、
土地は豊かになり、
人はまた山に感謝します。
津波で街を流してしまう恐ろしい海も、
私達生き物の主体である水であり、
多くの生命を産み育てでいます。

古代の人々は恵みあふれる豊かな山や海は神の住む聖域として
木や岩で聖なる鳥の門を建てました。
また赤い色の鳥居は自然の危険を知らせ、
人も自然も守ってきました。

人間が自然をどうにかしようとするのではなく、
その一部として感謝して生きてゆくこと。
とても単純なことなのに、
自然から離れ、
人間の安全や便利さばかりを追いかけるようになってしまった今の世の中。
でもみんなつながっている以上は
大いなるその力から逃れることは出来ない。
その事をすっかり忘れてしまった今の世の中。

古代の人々が最も大切にしてきた何かを、
私達現代人は思い出し、
受け継ぐことが出来るでしょうか。

これから先がますます見えなくなってきている今、
どんな環境になろうとも、
根をおろしたその場所で、
空に向かって迷うことなく咲いている木々や草花ように、
たくましさを胸にいだいて、
生きてゆきたい。
そう思います。

次の目的地、埼玉県までの道のりを、
岐阜や長野県を通って行く予定でしたが、
二人とも満たされて、
心が不思議な感覚になっていましたので、
大事をとって
伊勢湾フェリーに乗って愛知県から静岡県を抜けて行くルートを取ることにしました。

朝起きると、一番早い便の船まで、だいぶん時間がありましたので、
少なくなってきましたお水を汲んでゆくことにしました。

前の日に伊勢神宮から志摩の方へ行く道の途中で、
「天の岩戸」の名水 という看板が出ていたのを思い出して、行ってみることに〜。
狭い道ですが、観光地だけあって、通りやすく、駐車場もありました。


薄暗い森を8分ほど歩いて行くと、小さな滝がありました。


心が洗われてゆきます。
小さな小川のちょろちょろ流れる音がなんとも心地よく、
鳥が朝の歌の練習をしていました。
この水が流れてゆく神路川は昔、”裏の五十鈴川”と呼ばれていたそうです。


鳥居をくぐると、小さな洞窟から水湧き水が流れていました。
とても冷たいのでしょうか、白い霧が立ち込めていました。

さっぱりした味で、清々したお水でした。

 


不思議な形をした石が祀られています。

天の岩戸の伝説の地は各地に幾つかありますが、
伊勢神宮の近くにということもあり、
神聖さが増しているようです。


お水もをいただいて、これで安心して船に乗り込めます。
と時計をみると、フェリーの時間が迫っていました。

随分ゆっくりしてしまったんだなあ。
朝一の便はもう間に合わないかなあ〜と思いながらも、
あきらめ半分車を走らせました。
するとギリギリ間に合いました。


聖なる森が離れてゆきます。
またここに訪れることができますように。
感謝の気持ちを込めて
見えなくなるまでずっと眺めていました。

伊勢神宮

森の中にひっそりと鎮座する神様。
その聖域は想像以上に安らかで清らかで遠く遠くいとおしい、、、

伊勢神宮は正式な名称は「神宮」。
古くは伊勢太神宮とも言われたそうです。
「神宮」とは、皇大神宮と豊受大神宮の二つの正宮を中心に総計125のお社の総称で最も至貴至高の唯一のお社だそうです。


 豊受大神宮(外宮)へ

入り口の鳥居の奥の参道は大きな木々に囲まれ、聖域へと人々が吸い込まれてゆくようです。


外宮の前に「三ツ石」がありました。
正式には「川原祓所」(かわらはらいしょ)と言って穢れを祓う場所だそうです。
パワースポットだそうです。
目をつぶって手をかざしてみました。

豊受大神宮(外宮)


御祭神は天照大神の食事を司る豊受大神で、お米をはじめ五穀の豊穣、衣食住のめぐみを与えてくださる産業の守護神でもあります。
雄略天皇(約1500年前)に、天照大神の「お告げ」によって丹波国から、こちらへお鎮まりになったそうです。

3つの別宮(正宮に次ぐ高位の宮)


風宮(かぜのみや)


土宮(つちのみや)


多賀宮(たかのみや)
石段を登ると見守るように鎮座しています。
個人的なお願い事は、活動的で現実的なパワーを持つ豊受大神の荒御魂を祀るここでするとよいといわれているそうです。
若い方がたくさん。
小さいお願いごとをしてちょっとワクワクしました。

外宮のそばにある月夜見宮にも足を伸ばしてみることに。


月夜見宮
外宮の別宮で、ご祭神は天照大神の弟神、月夜見尊(つきよみのみこと)。
ここもみたされて優しい気持ちになります。

お参りした後は、境内に入って右手にある大きな楠にお願い事をしてもいいそうです。


お稲荷さんを祭った大きな木。


寝不足のトシオさんでしたが樹木のように、太陽の光をうけとりエネルギーを補給していました。


外宮から月夜見宮へ行く通りは「神が通る道」
とされ、「神路通り(かみじどおり)」と呼ばれるそうです。
通りの真ん中は神様が通るので人は端を歩くようにと子どもに教える風習があるそうで、確かに子供が端を歩いていました。
通りに「こうじや」というお味噌屋さんがありました。
味噌プリンをいただきました。
味噌の濃くのあるカラメルがプリン甘みを引きたて、とても美味しかったです。

その後、内宮へゆく前に猿田彦神社へ行きました。


ご祭神は猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)。
高天原から宮崎県の日向の高千穂に向かう際、猿田彦大神がその道案内をしたことから、道や境界を守る神様、方位の神様として信仰を集めるようになったそうです。
車の禊もやっていただけるそうです。
道中無事でありますようにお祈りをしました。


神社の境内中央には、八方位を示す八角形の石の文字盤があります。
この文字盤の決められた方位の文字に手のひらを当てて祈願すると、願い事がかなうそうです。
三方位が〜なんとか〜とかいうことだけしか覚えていなく、自分の干支とフィーリングで手を当ててみました。良い方向を選んでいますように。


佐瑠女神社
芸能の神・縁結びの神として知られる神社だそうです。
ご祭神は天鈿女命(あめのうずめのみこと)。
天照大神が天岩戸に隠れてしまわれた時、舞を舞って岩戸を開かせたという女神。
原始の頃の舞はどのようなものだったのでしょうか。
夢でもいいからみてみたいです。


神社の後ろにはご神田がありました。神様に見守られ青々としていました。

 皇大神宮(内宮)へ

御祭神は皇室の御祖神、また私たち日本民族の大御祖の神でもある天照大神。
天照大神は、初め歴代天皇のおそば近くでおまつりされていましたが、永遠にまつる宮処を求めて、倭姫命が伊賀、近江、美濃等の国々を巡幸され、そして、垂仁天皇(約2000年前)の時に、伊勢の五十鈴川(いすずがわ)の川上に、「大御神の御心に叶った最も美しい永遠の宮処」としてお鎮まりになりったそうです。


宇治橋
五十鈴川にかかり、内宮への入り口。
聖域へ架け橋です。
気が引き締まる思いです。
宇治橋も20年毎に、かけ替えられるそうで、清潔感があってシンプルで大変清々しいです。
気が引き締まる思いでした。


また五十鈴川の美しさに、心の雑念が消えてゆくようです。


御手洗場
内宮参道を歩いてゆくと右手に徳川綱吉の生母、桂昌院が寄進したものといわれる五十鈴川岸の御手洗場にでます。
五十鈴川は別名「御裳濯(みもすそ)川」と呼ばれ、倭姫命が御裳のすそのよごれを濯がれたことから名付けられたという伝説があるそうです。

綺麗に手足を洗って、さあ参りましょう。
 
正宮


20年に1度、式年遷宮の大祭を行って建て替えられてきた宮は、2000年昔と変わらない姿を今も拝することができます。

4重の御垣に囲まれた一番奥にあるご正殿に、天照坐皇大御神がお鎮まりになっているそうです。
拝殿の前に立つともいなにも考えることがなくなる感覚がしました。
ただただ導かれるままに、ただただ大いなるそのご意志のままに。
 
ご鎮座以来まったく斧を入れることのなかったという禁伐林。大きく立派な鉾杉(ほこすぎ)から太古の歌が聞こえてきそうです。
またモミ、マツ、ヒノキ、カシ、シイ、クス、サカキ、など沢山の木が茂っているそうで、まさに鎮守の森ですね。

 


小さな石からも声がきこえてきそうです。


平日ですが夏休みということもあってか朝早くから沢山の参拝客が訪れていました。
みなさん同じように、心静かにお祈りをしています。
なんて平和なのでしょう。
橋をわたってしまっても、ずっとこの安らかな気持ちのまま暮らしてゆけたらいいなあ。


内宮の門前町「おはらい町」。
大変な賑わいです。江戸時代にタイムスリップしたようです。
江戸時代、日本全国から「一生に一度でも」と伊勢へ押し寄せ、満足な宿泊施設もない当時の参宮は、命懸けの旅だったようです。


「おかげ横丁」
そんな中、自分の施しが神様に届きますようにと旅人を支え、
あたたかく迎えた伊勢の人々。
時代はかわってもその心は受け継がれ、自然の恵みに感謝し、
日々おかげさまの心が息づく町。
「おかげ横丁」はそんな思いが込められているそうです。

すっかり心も体もいっぱいになりました。

午後は知人に教えていただいた、伊勢神宮から車で志摩市の方へ30分ほどの、志摩のもうひとつのお伊勢さん、
「伊雜宮」へ行きました。


志摩国の一宮で祭神は天照坐皇大御神御魂。
内宮から遠く離れた場所で天照大神の魂を祀ることから、「天照大神の遙宮」(とおのみや)と呼ばれるそうです。

いろんな説がありますが、伊勢神宮によると、倭姫命が志摩国を訪れた際、伊佐波登美命に出迎えられ、御贄地にふさわしい土地であるとして伊雑宮を建立したとされているそうです。皇大神宮に準じ、20年に一度の式年遷宮のためのお木曳行事や祭事が行なわれているそうです。

またこの周囲には、浦島太郎や海女が龍宮へ行ったという伝説がいくつかあるそうです。
玉手箱もあるそうです。
また海底に鳥居に似た岩があり、伊雑宮の鳥居であったと云われているそうです。 
とても興味深いお宮でした。


偉大な聖なる森。
小さな魂がふわふわ浮かんで、足取りが軽くなってゆきます。
吹く風はどこかなつかしく、優しい香りがしました。
確かに心のふるさとがここにあるような気がしました。


★伊勢神宮巡り。
なかなか説明ばかりになってしまい、読みづらいかと思います。
すみません。

天川村、いろんな意味で心に残る忘れられない場所となり、胸もいっぱいになりましたので、美しい天川を眺めながら、この地を去り、三重県の方へと車を走らせました。


車を走らせて行けば行くほど、自然が壮大になり、ゴツゴツした岩のなかを流れる川が台風の後のせいか、増水して恐ろしさを感じました。

知らない土地で二人ぽっちりですので、偉大な自然を前にするとちょっと怖くて不安な気持ちになります。


温泉と一体型の道の駅へ着き、湯に浸かりゆっくりしていると、おばあさんが話しかけてくれました。
いろんな話をしていたら、なんだか二人とものぼせてしまって、一緒に腰掛けておやすみしたりしていたら、すっかり仲良くなって、、
とても可愛らしいおばあさんでした。
お風呂から出ると、チェレ号を見つけて、あなたの車だと思ったわ。
とやって来て、この色が大好きなの、私の服と同じ感じでしょう。
とたいそう気に入ってくださいました。
おばあさんはバスでいらしていて、バスが来るまでトシオさんと3人でおしゃべり。
ここの川の水はいつもは水は少なくて透明で本当に綺麗なんですよ〜。

車で旅をしているんです。
というと、とっても心配そうでした。
食べるものはどうしているの?泊まるところは?洗濯は?仕事は?
色々話しているうちにおばあさんも一緒に旅をしている気分になったのでしょうか。
顔がキラキラしていました。

そしてこの道の駅なら大丈夫よ。安心してとめていられるよ。
と太鼓判を押していただきました。
自分のために買った葛入りの胡麻豆腐を美味しいから食べてと頂いてしまいました。


その夜はタイカレーを作って、お野菜に、そして葛入りごま豆腐。
おかげでこの日は大変なおごちそうになりました。
そして安心してゆっくりおやすみ出来ました。
おばあさん
本当に親切にしていただき、ありがとうございました。

川の音、鳥の声、ひぐらしの音で目が覚めました。
まだ空が薄暗く、霧の中の世界。
闇のなかの妖怪さんや妖精さんとふと出会ってしまいそう。
こっそりいつもの朝の体操を済ませて、りんごをいただくと、天川村へ向かいました。

道の駅から30分程の距離でしたので、朝の祝詞の時間には間に合うと余裕を持って出発しました。
でもさっきから小雨がぱらついてどうもすっきりしない天気。

縁がないとたどり着けない秘境と呼ばれている場所。

無事ついてくれるといいけど。
私達チェレステ楽団はものすごい方向音痴で、ナビがないと大変なことになります。
特に山のなかはナビの反応が悪くて、、、

あれ?ここさっきも通らなかったっけ。
ナビの通りに進んでいるのに、ぐるぐる回って、泊まっていた道の駅に戻ってしまいます。
何度も再起動してまた挑戦。
すると、とんでもない山道へと突入してしまいました。

どうやら小南峠というところを通っているようです。
狭い道と一緒に川がごうごうと流れています。
知っている道だったら自然の中で楽しいはずでしょうが、、、
怖くて怖くて。車が大きいので、引き返すのも難かしく、ずんずん登って行きました。
どんどん道が狭くなって、沢から溢れた水が道路にざあざあ。
雨の後だから危険だよ〜。
どうしよう。
落石注意の看板のそばからは、相当な量の落石がゴロゴロ転がっています。
木々の合間から見えるのは深い森。
半べそかいている私の横で必死に運転のトシオさん。
なんだかとりつかれた様にもくもくと進んでゆきます。


そしてとうとうあちらの世界の入り口へ。
と思う程、震え上がりました。
手彫りのトンネル。高さはギリギリ、横幅はギリギリ。
もしかしたら途中出っ張っているところでもあれば、通行不可に。
でも今きた道を引き返すのも、、、
意を決して灯りのない暗いトンネルの中へ。
もう夢中であまり覚えていませんが、二人の心はひとつ。
光の方へ。

その後、方針状態でまた細い道を下り、やっと広い道へとたどり着きました。


天川村へまでに洞川温泉やお寺などありましたが、もう車を降りて観光する気分ではなかったので、そのまま天河大弁財天社へ。
予定の30分が2時間近くかかりました。 
「 酷道 」 として有名な峠のようですが。
冬になると通行止めになるそうです。
迂回路の案内の看板などあったようですがまるで気づきませんでした。
小南峠の名称の由来は、あまりにも苦しい峠道なので貴重な米すら投げ捨ててしまう「米投げ」が転訛し「こみなみ」となったそうです。
「ひだる(空腹)神」に憑かれ、歩行不能になった者も多かったそうです。


でもなんとかたどり着きましたし、、、
そう。この試練を乗り越え、ここへワープしてきたと思うことにしよう。
そう思った途端、曇っていた空がぱーっと晴れて、青空が出てきました。
だんだん元気を取り戻してきました。

巫女さんの箒をはらう音がします。
月曜の朝ですので、訪れる人が少なく、またゆっくりお参り出来ました。


今まで見たどんな神社より美しく洗練されています。
ゴンゴロ不思議な音。
拝殿の五十鈴(いすず)は、天河神社に古来伝わる独自の神器。

「天照大御神が天岩屋戸に篭もられたとき、天宇受売命がちまきの矛(神代鈴をつけた矛)を持って、岩屋戸の前にて舞を舞われ、神の御神力と御稜威を乞い願われた。
それによって岩屋戸が開かれ、天地とともに明るく照りかがやいたという神話に登場する、天宇受売命が使用した神代鈴と同様のものであると伝承では言われている。」
そうです。


本殿に祀られている弁財天像は普段見る事が出来ず、毎年7月16日から17日にかけて盛大に執り行われる例大祭においてのみ御開帳され、各種祝詞・般若心経や神楽とともに、能楽やアーティストの演奏などが奏上されるそうです。

宮司さんに音楽のことを伝えると、奉納させていただけることに。
朝の澄んだ空気のなかで、大好きな音楽たちが響いてゆきます。
気に入っていただけるかしら。
とても緊張していました。


演奏しているうちに背中のあたりからあつい何かがぐーっと入ってくるような感覚になりました。
そうしたら胸の内が込み上げてきて、こぼれるように声が出てきました。
不思議な感覚。

能舞台は響きが良く、とても気持ちが良いです。
美しくしなやかな拝殿を見つめると奥の鏡がキラキラ。
素晴らしいひとときでした。

おみくじを引くと、なんと大吉 !
滅多に大吉なんて引いたことがないのでびっくり。
恐怖の天川村への道でしたが、
すっかり良い思い出に変わりました。
たどり着いてよかった。
この縁に感謝。
ありがとうございました。