「スペースアップルよいち」の道の駅の売店に、鳥人間のような形をしたものを彫っているペンダントがありました。何だろうと思ってみていますと、どうやら余市には「フゴッペ洞窟」といわれる遺跡があるようです。これはただものではないと思い、早速そこへ行くことにしました。

フゴッペ洞窟の保護展示施設
洞窟を覆うように建設された展示施設に入ると、施設の方が丁寧に案内してくれました。

現状、奥行が約5メートル、問口が約4メートル、高さは約5メートルの遺跡。
壁面のいたる所に原始的な図像が陰刻され図は200以上あり、人物や動物、船などを象徴したものと推定されるものが多く、他に列点もあり、呪術的な性貭を有するものと考えられているそうです。
遥か昔の古代人が刻んだメッセージ。
薄明かりの中で静かに語りかけてきます。


頭に角が生えた人のような絵


横から見た船に乗った人々の絵。


手にひらひらがついていたり、足が3本だったり、どういう意味があるのでしょう。
獲物ではない人物の絵を描くときは子供が描く絵のように抽象的になる傾向があるそうです。


洞窟には厚さ約7メートルの遺物包含層があり、堆積土層から発見された土器や骨角器の分析から、およそ2000~1500年前の続縄文期に属する遺跡であることがわかっているそうです。


岩壁に刻画を残す洞窟遺跡は小樽市手宮洞窟とこのフゴッペ洞窟以外に日本には対比されるものがまだないそうですが、北海道のいろんな所になぞの遺跡が点在しているそうです。

この遺跡の下にもまだまだ遺跡が眠っている可能性があるそうですが、調査する技術がまだ追いついていないそうです。また近くにJRが通っていて、その振動で日々少しずつ岩がずれて、いつ落ちてきてもおかしくない状態ですので、強化ガラスを設置したり、苔が生えないように明かりを気をつけたり、湿度を保ったり、いつか発掘調査の技術が進み調査が進められるようになるまで、この遺跡をできる限り保存をしているそうです。

まだまだわからないことだらけの遺跡だそうですが、それだけに研究する人たちのロマンを駆り立てるようです。私もすっかりはまってしまいました。


スタンプがかわいらしくて、お土産に押してかえりました。


受付のそばに環状列石のミニチュアがありました。
気になって受付の方に訪ねると、近くにストーンサークルがあるとのこと。
せっかくですのでそこにも行ってみることに〜。

「スペースアップルよいち」というこの不思議な名前の道の駅。
宇宙とりんご?お土産屋さんには、宇宙関連のグッツのお土産とリンゴチップスなどが売られています。

ロケットの模型が!!
何でしょう。気になって、入ってみることに。


余市宇宙記念館「スペース童夢」
余市町出身の日本国民初のNASA宇宙飛行士としてスペースシャトルに搭乗した毛利衛氏の功績をたたえて1998年4月にオープンしたそうです。
さまざまな展示や3D映像や、プラネタリューム、ハッブル宇宙望遠鏡などがあり、盛りだくさん。
ですが映像などが時代とともに古くなってしまっているのがちょっと残念です。
最新のデジタルの美しい映像や、新しいスピーカーなどを少し加えるだけで、大分かわるのになあ〜。とトシオさん。


それでも楽しそうに見て回っていました。宇宙服がよくお似合いです。


ロボットの頭を押すとしゃべりかけてくれました。

たくさんのお金をかけて建てられたようですが、進化してゆくものを展示するのは難しいですね。
どうしても古くなってしまう。もう少し縮小して毛利さんに特化した建物にしたら少し見やすいかなあと思いましたが毛利さんは毛利記念館なんてとんでもないと承諾しなかったそうです。この会館も創立に毛利さんは関係していないそうです。
う〜んなんとも不思議な建物です。

それより、アップルが気になります。
実は、余市の町はリンゴが日本で初めて実をつけたところだそうです。
それは本当にすごい!!
リンゴ好きの私としては、かなりの驚きです。
こちらの方をもう少し広げて、いただけたらいいのになあ。

小樽へ来たものの、まだ朝が早く、お店もみんなしまっていますし、慣れない船旅に疲れていましたので、小樽から西の方へ30分ほど余市という町にある、「スペースアップル余市」という道の駅で、ゆっくり休憩することにしました。

余市の町は祖母が北海道にいるときに住んでいた町です。
雑貨屋さんをしていたと聞いていたのですが、そういえば祖母は洋裁が大好きで、よくお洋服や、編み物や、小物を作っていました。母は、また雑貨屋さんがしたかったんじゃないかなあ。と言っていました。祖母の作るものは、どこかハイカラでおしゃれ。私のライブのとき時々祖母の作ったお手玉を使うのですが、昔のかわいらしいお花柄の生地でたくさん作ってカンの箱に保管していました。きっと子供たちに縫ったお洋服の端切れで作ったのでしょう。懐かしいお洋服のがらがパッチワークになっていました。そんな祖母のゆかりのまち。どんな町でしょう。

町を散歩してみました〜。
すると立派な西洋的な建物が、、、。


ニッカウヰスキー北海道工場・余市蒸溜所


“日本のウイスキーの父”と言われる竹鶴政孝氏とリタ夫人。

竹鶴氏がスコットランドに留学のときに恋に落ちて、駆け落ち同然に結婚したそうです。
「スコッチに匹敵するウイスキーを日本でつくりたい。」という夢を持ち続ける竹鶴氏にリタ夫人は
「マサタカさんは、大きな夢に生きていらっしゃる。その夢は日本で本当のウイスキーをつくること。私もその夢を共に生き、お手伝いしたいのです」
そういって、母国を離れ、竹鶴氏を支え、彼についてゆくことが自分の役目であると信じ続けたそうです。
また戦時中で、イギリス人というだけでいろいろな制約を受けたそうです。
しかしリタ夫人は日本人以上に日本人らしい気配りで、日本人女性の理想像となったそうです。
そうして、二人は幾多の試練を乗り越え、スコットランドと気候風土が似ている余市の町に、ニッカウヰスキーを誕生させました。


スコットランドの荒涼とした大地に一面に咲くヒースの花が余市のリタロードに沿って咲いていました。
スコットランドでのある時、リタ婦人は、竹鶴が日本の打楽器・鼓を持っていることを知り、自分のピアノとで合奏しようと誘ったそうです。
文化の違いを超えて、音楽を通して心を通じ合う二人の楽しい思い出。
小さなヒースの花からこぼれるたくさんの愛情の香りが漂っていました。

朝の5時頃、小樽に到着しました。
夜があけるちょっと前のゴールデンアワーです。
柔らかな明かりが浮かんでとっても美しいです。


まだ寝静まっている小樽の町を散策することに。


運河へたどり着いたときには、もうすっかり朝になってしまいました。
曇りの日の水面ははまるで鏡のようです。

まるで出迎えてくれたかのように街の至る所にお花が咲いています。

 

 

さあ北海道に向けて出発です。
初めて新潟港から、新日本海フェリーに乗って小樽へとわたります。


18時間の船の旅。
海鳥たちがたくさん飛び交います。
船を出るときはどうしていつも寂しい気持ちになるのだろう。
昔お友達がお引っ越しで大分から船で東京に行ってしまうとき、テープカッターを投げていつまでも手を振っていたのを思い出します。


赤紫に染まる夕焼けが、とっても美しくて見とれていました。
そしたら私の唇もすっかり紫色になって、気づいたら体が冷えきってしまっていました。
慌ててお風呂へ。

のんびり船旅。
久々にたくさん眠りました。
揺れる船の中、やっぱり地震の夢を見てしまいました。
私でもうなされるのですから被災地の方々の心はどれほど疲れきっていることでしょう。
皆さんの心が平静でいられますようにいつもお祈りしています。