先日のコンサートで声をかけて下さった方に、竹田で素敵なお祭りのお話を聞きました。
毎年たくさんの灯りを町中で灯すお祭りで、音楽や舞や芸術がなどいろんなところで流れているというのです。
わくわく。
なんて素敵なお祭りなのでしょう。
もしかしたらどこかで演奏できるかもよ、とそのかたが親切に、観光協会の方にご紹介していただきました。
そして竹田の町へ。

子供の頃何度か訪れたことがありましたが、こんなに素敵な町だったなんて。


いろんな時代の思い出が、小さな町のなかにたくさん転がっていて、飾ることなく、でもとても大切にして、ささやかに暮らしている町の様子が伝わり、本当に素敵な町。


町には蔵や古い建物がたくさん。この建物の壁には戦争中に目立たないように墨を塗っていたのがそのままです。


荒城の月で有名な作曲家、滝廉太郎のゆかりの地でもあります町には、蓮太郎トンネルがあって、通る度に作曲した音楽が流れます。普通の生活のなかでちょっとした遊びが面白いですね。そのほかにも最近、テレビドラマ「坂の上の雲」が放送されましたが、その主人公廣瀬武夫という方の生まれ故郷で、軍神として、神社がありましたり、「犬のおまわりさん」などを作詞された佐藤義美という、童謡作詞家、童話作家のかたの出身地でありましたり、、、、
小さな町なのですが、たくさんの方々がこの街で素敵な伝統や芸術、精神を育てていたのですね。


そして静かにひっそりと切支丹洞窟礼拝堂がありました。
隣の洞窟には司祭様が暮らしていたそうです。
滝蓮太郎もクリスチャンだったそうです。この礼拝堂にも訪れたのでしょうか。


お花が捧げられていました。誰もいなくなった礼拝堂ですが、祈りは永遠ですね。

観光協会の方にすっかり町を一周案内していただいて、、、、
本当にありがとうございました。
そしてチェレステ楽団を紹介していただいて、本当にありがとうございます。
こんな静かでのんびりとした町。
11月後半、街中に灯籠の火が灯されます、「竹楽」というお祭り。
竹がたくさん育ちすぎて困っていたことから、13年前から毎年竹を切って灯籠を灯し、最後は墨にして竹に感謝を捧げています。街中の方みんなで、お祭りを主催して、お客様をお迎えするそうです。それはそれは素晴らしい灯りです。
参加出来るといいな〜。七夕の空にお願いしょう。

皆さんも竹田の町に是非訪れて下さいね!

七夕の日。
姉が今勤めている保育園で演奏させていただきました。
入り口を入ると笹の葉にたくさん飾りがしてありました。
お願い事もたくさん。みんな叶うといいなあ。


コンサートのお知らせまで作っていただきました。
かわいい〜。


会場の隣のお部屋でみんな元気に歌っていました。お歌が好きなんですね〜。
私たちの音楽も気にってもらえるかな〜。
ドキドキしていると、子供達がびょこぴょこあらわれました。


乳母車に乗った小さなお子さんもお目々をまんまるにして不思議な楽器を見ています。
演奏が始まると、ますますお目々がまん丸になってきらきらお星様のようです。
とっても良く聞いてくれたので、こちらがびっくり!!
最後に七夕さまや、きらきら星を、元気にみんなで歌いました。
あっという間に時間は過ぎてしまいましたが、
お母様や先生方、お父さんも見えられていたりして、みんなで七夕の日を過ごしました。
幸せなひととき。ありがとうございました。


朝から雨が降っていましたが、終わる頃には雨もやんで、、、、
もしかしたら晴れてくるかな。願いを込めて。

優しい時間。
ふるさとの温かな気持ちをたくさんいただいた「チェレステ楽団 in 七夕eve♪ ライブ」
去年の春に大分のボイボイカフェさんの大草原で、むにゅと羊さんと演奏した時から、つながりつながり、また一昨日に素敵な方々と出会い、幸せな時間を過ごすことが出来ました。
ふれあうどのかたがたとも、初めてお会いするのに、とても懐かしく、とても居心地が良く、安心できて、とても不思議な思いでいっぱいです。本当に私たちチェレステ楽団を皆さんの心の中に迎え入れてくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。


素敵ならんたんの明かりに、皆さんうっとり。
らんたんを灯していただいた竹川美砂恵さん
町にあふれる不要になった紙パックを使って一つ一つに命を吹き込んでゆきます。
物語りを綴ってゆく切り絵たち。
会場の電気の明かりを消して、小さな炎のやわらかな光に模様たちが目を覚まします。
いつまでも眺めていたくなるような優しい光。
そんな会場のなかで、みんなが小さな子供に戻ってしまって、にこにこ。
竹川美砂恵さんのブログに会場を素敵に載せていただいています。
本当にありがとうございます。
海ガラスのアートや切り絵のアートもやられていて、とっても可愛いですよ〜。いろんなイベントにも参加されていますので、是非訪れてみて下さい。


雨の中たくさんの方が足を運んで下さり、びっくり!!とっても緊張しました〜。
でも本当に皆さんにこにこして一つ一つの曲に耳を澄まして下さり、私も大事に歌うことが出来ました。温かかった〜。
懐かしい同級生がいらしたと思うのですが、お声をかけられず、すみません。
ありがとうございました。


繋がって下さったみなさんと一緒に。
この大分滞在2ヶ月間は皆さんとお会いするためだったと強く感じます。
そして皆さん本当に楽しい方々。いろんなお話が出来て〜。
もうどの方も面白くって話題が尽きなくって、またお会いするのが楽しみでしょうがありません。
そしてたくさんの励ましと愛をいただきました。
本当にありがとうございます。


小さな灯りに浮かんでくるのは優しい気持ち。みんなで願い事。
七夕、イブの夜、「明日は晴れるといいな〜。」

今日は朝からしとしと雨が降っています。
ここのところ、暑い夏日だったり、激しい突風が吹いたり、雷が鳴りひびいたり、空がめまぐるしく姿を変えていましたので、今日の雨はなんだか優しく、気持ちを穏やかにさせてくれます。
実家のお庭でうれしそうにお花たちが咲いていました。


グラジオラス 
葉が古代ローマの剣(グラディウス)のような形をしているのでそれにちなんで名付けられたそう。
とっても鋭い感じの名前ですが、こんなに陽気で優しいお花を見ていると手品のように鞘から抜くとお花の剣が出ていたようなイメージが湧いてきます。全ての剣がみんなお花に変わったらいいのに。


お庭にたくさん咲き始めました真っ白な芙蓉の花。
ふわふわな花びらがとっても好き。


なんだか甘いいい香り〜。
金柑のお花が咲いていました。
食いしん坊なので実がなっているときしか目がいかなかったけれど、夏にはこんなに可愛らしいお花が咲くんですね。


不思議な夢をみました。
祖母がお花のそばによると起き上がり、お花から遠ざけるとまた眠りにつくので、家族みんなでたくさんのお花が咲くお庭に行き、みんなで楽しくしている夢を見ました。
すると、朝起きるとなかなか花を咲かせなかったこの桔梗の花が咲いていました。

今は亡き祖母が私の実家に移り住むときに、大好きなこの桔梗のお花を、昔住んでいたお庭から持ってきて植えました。このお花は本当に祖母そのままなイメージです。
紫色が大好きで、ひっそりとしていて、でもおしゃれでしゃんとしていて。
小さな日常の幸せのなかで、きらきら笑っていた祖母。
まるでお星様のように。

明日は七夕。
雨が降っても、きっと地上のお星様たちが織り姫と彦星の再会を見守ってくれることでしょう。

もうすぐ七夕ですね。
なかなか東京でひっそりと住んでいるときには、子供がいませんので行事ごとに参加したりする機会がありませんが、甥っ子や姪っ子の近くにいますと、行事ごとでたくさんな事に驚かされます。昨日は、保健センターで子供達の七夕祭りがあり、姉の紹介で演奏させていただく事になりました。
0歳児から3歳児の子供達、お母さん方がたくさん見えられ、短冊を作ったり、折り紙をしたり、大賑わい。音楽を聴くのは難しいかな〜。と思ったけれど、音楽の好きな子供はちゃんと耳を澄まして聞いてくれました。きらきら星や七夕さまを一緒に歌ったりとっても楽しかったです。
ありがとうございました。


カラフルな飾り。
七夕飾りのいろんな形にも一つ一つ意味があるそうです。
短冊は、書道の上達を願って。アミアミのような飾りは魚の豊魚を願って。衣のような折り紙は、裁縫が上手になりますよう。イカの足のような長いひらひらがついているものは織り姫の糸を表し長寿を願って。お野菜の形は秋の豊作を願って。などなど。

そして、由布市立図書館でのチェレステ楽団のミニ個展「ヒフミヨイ」も始まりました。
7月いっぱい展示させていただいています。
旅で出会った空や、植物や、虫など、トシオさんのカメラの向こう側の世界がのぞけますよ〜。
是非是非、お立ち寄り下さい。

チェレステ楽団
太宰陽子の BLOG
「夢のつづき」

blog-yoko

ピックアップ記事