魚沼でのコンサートで、いつも楽しみにしているのが、福祉施設訪問コンサート。
ある場所で、コンサートを開いて来ていただくのではなく、慰問コンサートは、私達のほうがお邪魔させていただいて、みんなで楽しむことができるのでとっても好きなんです。
なんだか、アットホームな場所で、聞いてくださる皆さんもリラックスして、私たちもそこへ仲間入りするような、そんな気持ちになれる場所です。
魚沼の小出郷文化会館は、地域の方々と一緒になって運営している珍しい会館です。
毎年、音楽や芸術のアーティストさんたちを呼んでは、文化会館を拠点に、学校や施設に慰問していただいてみんなで町を活性化しています。
素晴らしい活動です。
そんな地域は見たことがありません〜。


午前中に訪れた「六花園」にて
みなさん本当に童謡や唱歌が大好きですね。
目がキラキラキラキラ。
一つ一つの音や言葉に耳を済ましています。


ギターの西野雅人さんは、ウクレレ奏者でもあります。
ウクレレ1本で、ショパンの「ノクターン」を豊かに演奏して頂きました。
ウクレレであんなに繊細で豊かな表現ができるなんて、、、
素晴らしいです!!


みんなで記念撮影。


笑顔あふれる時間となりました。


午後には、「やいろの里」へ


窓を開け放って、ちょっと暑いですが、なんのその。
皆さん元気いっぱいです。
一緒に歌ってくださったり、私が踊ると一緒に真似をしてくださったり、ほんとうに楽しかったです。歌の力ってすごいなあ。みんなが一つになれるんですもの。


魚沼でのコンサートに初めて加わったトシオさん。
一生懸命です。
タブラの説明や、不思議な太鼓の音色を聴いて、皆さんも大喜び。
たくさんの拍手をして頂きました。
よかった〜。
トシオさんも、今日はとっても楽しかった〜。
うれしかった〜。と何度も言っていました。


みんなで一緒に記念撮影

「六花園」「やいろの里」の皆さんが心を込めて作られたお野菜や、ぬいぐるみを頂きました。
本当にありとうございました。
おいしい〜。今、茨城の実家でみんなでいただいています。
夏の一番の思い出になりました。
また寄らせて下さい。
ありがとうございました。

さあ、コンサートの日がやって来ました。
{小出郷魚沼市小出郷文化会館15周年記念・魚沼市立小出郷図書館移転1周年記念事業・地域交流事業「心のふるさとふれあいコンサート」}
です。
ちょっと長いですが、図書館で歌うのは初めてでしたので、わくわく。


久しぶりの日本の歌に、ちょっと緊張しましたが、
温かく見守ってくださる皆さんに励まされながら
楽しく歌うことができました。
水害の直後で、大変な思いをされている中、
たくさんの方に足を運んで下さり本当にありがとうございました。
ふるさとのような町で、みんなで歌えることになんだかとっても嬉しく、幸せで、
思わず泣いてしまいました。ごめんなさい。
でもこんな時間を持てることがとても貴重で、本当にうれしかたです。
感謝でいっぱいです。


そして、先月私の実家の図書館でさせていただいた
「チェレステ楽団ミニ個展も」開いて頂きました。
みなさんトシオさんの素敵な写真に釘付けです。
また何処かで、写真展もひらくことができたらなあ〜と思います。
興味のある方は是非お声掛け下さい!!

本当にありがとうございました。

ちょうどコンサートの前日、有名な長岡のお祭りで、練習も早くに終わりましたので、
花火を見にゆくことに。
小出から長岡まで車で30〜40分ぐらいのところですが、混み合うと大変なことになってしまいますので、程々の場所を見つけて、遠くから眺めることに。
上がっています〜。見える見える〜。


クライマックスの復興祈願花火「フェニックス」。
素晴らしかった〜。
間近であったらどんなに感動することでしょう。
光が降ってきて、、、想像しただけで、うっとりしてしまいます。

65年前のB29大型爆撃機の来襲により焼け野原となった長岡の町。
一年後開催された、「長岡復興祭」よって長岡市民は心を慰められ、
不撓不屈の精神でまちの復興に臨んだそうです。
「空襲で亡くなられた方々への慰霊の念や、
長岡再興に尽力した先人への感謝、
また恒久平和への願い」を込めて、
毎年「長岡まつり」を開き、慰霊の花火を打上るのだそうです。

たくさんの祈りが世界中に広がって
平和な世の中になりますように。
この花火のように、皆さんの心に美しい光が差し込みますように。

新潟県魚沼市小出町
この場所に初めて訪れてから、もう14年ほど。
社会に出て初めての舞台「ファンタスティックス」というミュージカルの地方公演でこの町と出会い、
それ以来毎年のようにこの場所に呼んでいただいては、歌わせて頂き、
本当に第二のふるさとのような町。

今年も演奏させて頂けるということで、張り切ってやって来ました〜。


でも、魚沼は集中豪雨による水害で、町のあちこちに爪痕が残されていました。
川が今にも溢れてきそう。


そんな中でも、私たちを迎えて下さる方々には、本当に頭がさがる思いでいっぱいです。
いつも入り浸っている外科の先生宅にて。
今年はどんな思い出ができるかな。

3ヶ月ぶりに、関東に戻ってきました。
魚沼でのコンサートに向けて、ギタリストの西野雅人さんとのリハーサルのため、
埼玉県にやって来ました。

やっぱり関東は都会ですね。何処まで行っても建物が沢山。
信号が多いので、車のトシオさんちょっとお疲れです。
車の生活には都会は向かないですね。
駐車できる所がなかなかありませんから、、、
探しているだけで疲れ果ててしまいます。

ですので西野さんのお宅に直行です。
ありがたい事に西野さんの宅の前に停泊させて頂いて、合宿のように楽しくリハーサルができました。いつもお世話になりありがとうございます。

西野さんより一足先にゆっくり新潟県の魚沼市に向けて出発。

途中、「道の駅おかべ」というところで休憩していますと、道の向こうに蓮の花が咲いているのがちらっと見えました。
気になって行ってみると、池の中に蓮がたくさん咲いていました。


公園には中宿遺跡の古代倉庫2棟を復元されて、のどかな雰囲気です。


原始蓮1400年から3000年くらいまえのハスの一種だそうです。

 

 


ハチさんがハスの蜜を吸って大興奮。
ミツバチマーヤの世界を思い出しました。
マーヤも親友ーのウィリーと共に大自然へと冒険の旅をするんですよね。
なんだか私たちみたい〜と一人でうふふふ笑ちゃいました。