20170612 - 27.jpg
羅臼岳
斜里町といえば、世界遺産の知床半島です。
もう羅臼岳も目の前に、、。
なんだか雲行きがあやしい感じです。すっかり雲に覆われて、明日の天気は嵐のようです。
知床に行くか、この辺りでちょっと様子を見て向かうか迷いました。
というのも、トシオさんがお腹の調子を壊して、なんだか痛いというのです。私も少し疲れ気味だったので、少し戻って、シャリの道の駅でお休みすることに。
20170612 - 28.jpg
空は金色に輝いて美しいですね。
20170612 - 29.jpg
風がビュンビュウ吹いて、雲がどんどん形を変えてゆきます。
これは嵐になりそうな予感。
あー神様私たちをお見守りください。
 
20170612 - 14.jpg
そろそろまた水がなくなってきましたので、水汲みの場所を探していましたら、斜里町に「来運の水」というところで水が汲めるそうなので早速行ってみました。
20170612 - 13.jpg
とっても美味しいお水でしたよ。
水汲み場の奥に神社があるようでしたので、行ってみました。
20170612 - 18.jpg
素敵な小道。でもやっぱりクマが出そうで怖いです。
20170612 - 21.jpg
森の中は蝉の鳴き声でいっぱいです。
まるで夏の終わりのようです。
20170612 - 15.jpg
20170612 - 16.jpg
小さなお花がに癒されながら、歩いて行くと
20170612 - 17.jpg
小さな神社がありました。
来運をお願いします。
おいしいお水もたっぷり汲むことができました。
ありがとうございました。
20170612 - 20.jpg

ここのところ、朝早起きなことと、朝の音楽の練習でちょっとかわっった練習を取り入れていたら、お昼にはすっかり疲れ果ててしまい、ドライブ中(助手席)少し眠ってしまうのですが、この日は全然目覚める気がしなく、夢の中でも頭がグルングルンして、もう現世に帰ってこれないという夢を見ていたら、もうそろそろ起きたほうがいいんじゃないとトシオさんに起こされました。トシオさんも、ちょっとお腹の調子が悪いと、ここで一休みしていたようです。
20170612 - 25.jpg

そこはストーンサークルのようになっていて縄文時代のお墓なのかな。
20170612 - 22.jpg
夢の中のぐるぐるぐるぐると何か関係があるのかなあ。
とっても天気が良く、気持ちが良い日なんですが、ちょっと空気の重さが異質な感じでした。
 
 
20170612 - 4.jpg
屈斜路湖から網走の方へ車を走らせました。
20170612 - 5.jpg
オホーツク海。
あんまり広くて、海を見ているのか、空を見ているのかわからなくなります。
なんだかちょっと寂しい。
20170612 - 8.jpg小清水の原生花園駅小さくてかわいいなあ。
オホーツク海沿いを走る、石北本線。
20170612 - 10.jpg
駅の向こうの原生花園。
北海道の内陸を抜けて、オホーツク海に出ると、海と草原の素敵な眺めが眺められそうですね。
まだお花はあまり咲いていませんが、少しずつお花の蕾がほころびはじめていました。
20170612 - 6.jpg
ハマナスが、一輪だけ咲いていました。
蕾をやっと開いた感じで、まだぎこちない感じですね。
お顔を見せてくれてありがとう。
20170612 - 12.jpg
クロユリが綺麗。
蛇などに食べられないように臭い匂いをしているそうです。

20170612 - 11.jpg

20170612 - 7.jpg

北海道の春はまだ続きそうです。
 
 
 
 
 
 
20170612 - 2.jpg
目がさめると、ちょうど日が昇るところでした。まだ4時前です。いつもなら二度寝してしまいますが、張り切って朝日を拝みに行きました。美しい~。

20170612 - 3.jpg
朝日を眺めながら体操。気温もそう低くなく、暖かい朝でしたので気持ちが良いです。

雄大な景色の中で体を動かすと、自分の存在を忘れてしまいそうになります。
素敵なお導きがありますように。

DSC_1566.jpg

摩周湖の後、今日の車中泊する道の駅を見ていたら、お隣の屈斜路湖の展望台のある道の駅を見つけて、今日はそこへ行くことにしました。摩周湖のような妖艶さはありませんが、清々する雄大な景色に深呼吸です。

鏡のような湖面に雲がオーロラのように映り本当に美しい湖でした。

DSC_1578.jpgお天気も良く、なんだか空に浮いているみたい。

DSC_8579.jpg日差しがかちかち。風が吹いて帽子が飛んで行きそうです。

DSC_1580.jpg綺麗なお花を撮っていたら、ハチさんがぷ~ん。

DSC_1583.jpg

あ!とまった。ふさふさのハチさん。蜜を吸っています。かわいいねえ。

DSC_1594.jpg

DSC_1631.jpgいろんな小さなお花が咲いていました。楽園のようですね。

北海道の春を満喫です。

前回北海道を訪れた時は、小さなお花たちが咲き終わった頃で、次回はお花のある時に来られますようにと、お祈りしていたのが天に通じました。本当に幸せ。

 

このところ、北海道はもう4時前には日が登って明るいので早寝早起きが続き、夕方5時ぐらいになるともうお腹がペコペコ。今日はもうお風呂も済ませたし、車に戻り夕飯をいただいていると、だんだん日が暮れてきました。

DSC_1599.jpg

湖と反対側の遠くの山へ日が落ちてゆきます。

DSC_8620.jpg

雲間から夕日が生まれました。

DSC_1648.jpg

トシオさんと夕日。

DSC_1667.jpg

みんな赤く染まってゆきます。

DSC_1658.jpg

DSC_1636.jpg

DSC_1663.jpg

DSC_1670.jpg

DSC_1678.jpg

DSC_8613.jpg

私も真っ赤っか。

DSC_8637.jpg

お月様が輝き始めました。

お昼の気温は嘘のようにひんやりしてきました。

この北海道の温度差が、ちょっと辛い、、。

風邪をひく前に退散して、いい夢をみよう!

美しい1日に感謝。