20170512-1.JPG

長野から群馬の草津に抜けて関東に向かいました。暖かかくなったのに、まだ桜が咲いているね~。と浮き浮き。
すると志賀高原の看板。志賀高原か~。はじめてだなあ。

20170512-2.jpeg
すると登ってゆくと桜どころか雪がたくさん。湖もまだ凍っているようです。でも美しい。小さな気や白樺がいっぱいで童話の世界のようです。

20170512-3.jpeg
あー綺麗。顔を出した湖の鏡に青空。

冷たい氷の世界が溶け出し春に少しずつ姿を変えてゆくところのようです。

20170512-4.jpeg
うひゃー。寒いね。さっきまで暑くて薄いリネン一枚だったのに、慌てて首巻きをしました。

どんどん登ってゆくと、わー雪がまだこんなに。まるで黒部のアルペンルートのようです。

20170512-5.jpeg
先日、スタッドレスから夏用タイヤに戻したばっかりだったのに。ちょっと心配。

20170512-6.jpeg
何だか山の雲行きが怪しいなあ。
だんだん怖くなってゆきます。

20170512-7.jpeg

もうあたりは霧で真っ白。頂上付近から前がほとんど見えなくなって、怖かった~。草津の方には通行止めで通れませんでしたので万座ハイウエーでゆっくり下りてゆきます。

20170512-8.jpeg

はじめての志賀高原。ふらっと通るには壮大過ぎました。スキー場や温泉宿に観光客がいたのでまだまだスキーも楽しめるようですね。日もくれかかり、雪や霧や凍結が恐ろしく、通行止めで車中泊もシャレにならないので、観光地には目もくれずただ通り抜けただけの志賀高原。まさか雪の中を走ることになるなんて思っていませんでした。でも綺麗でしたよ。自然はすごいね。また気候の良い頃にゆっくり訪れたいです。

20170510a.jpeg 

長野県から群馬に抜けるとき、美しい林檎のお花がたくさん咲いていました。りんごの道をドライブ〜。

 20170510b.JPG

薄ピンクの花びらから甘い香りが漂います。大好きな林檎がたくさんなりますように。

20170509-1.jpg
森の緑が綺麗で、川原で休憩したり、ついはしゃぎたくなりますが、黄砂がすごかったですね。外にしばらくいると喉がいがいが。トシオさんは鼻炎で大変です。

 

20170509-2.jpg

夕日もなんだか白くぼんやりで、トレッシングペーパー越しのようです。目もかゆかゆ、困ったなあ。キャンパーには黄砂は過酷です。すっきりとした青空が見たいよう。

20170509-1c.jpeg

富山県で湧き水を探していると沢スギと呼ばれる、杉林を見つけました。

小川が流れ地下水の湧出する海岸に近いこの地域は、黒部川扇状地の末端部で、スギの多い林が発達しており、その場所を杉沢、そこに生えているスギを沢スギと呼んでいたそうです。

20170509-2.jpeg

館の中に杉の木が。

木を囲むように螺旋階段がありました。

 20170509-3.jpeg

ぐるぐる登っていくと。

 

 20170509-4.jpeg

展望台から。

杉林に田んぼにチェレ号。

遠くの山は黄砂で見えませんでした。

360度見渡せる展望台です。

 20170509-5.jpeg

 20170509-6.jpeg

森の中は沢山の鳥の声が聞こえます。

海岸沿いなのに不思議です。山の恵みが海に注がれて、、富山のお魚が美味しいのは自然の繋がりを大切にしているからかなあ。美味しいお水もいただけ、旅の疲れも休まる小さなオアシスでした。

20170506b2.jpg
関東までの移動は、あまり時間がないので日本海側をひた走ります。今日は山口県の菊川から出発。
混み合うことを予想して温泉に行きましたら、なんとボイラーが故障で私たちから、臨時休業。入れなかったので、他を探して車を走らせていたら、萩焼祭りという看板を見つけて、今日まででしたので、行ってみることに。
最近、見かけた萩焼の美しいグラデーションのお椀を見て、好きかも~。とちょうど話をしていたところでしたので、ワクワク。

20170506b3.jpg
わ~すごいたくさん。人もいっぱい。萩焼と言っても色々あるねえ~。薄い花びらのような幸せな色のものが目を引きます。お家があったらいつか揃えたいなあ。と思いつつ、車生活には難しいので、プレゼントに幾つか買うことができました。良かった。
温泉はダメだったけど、萩焼を堪能出来て、嬉しかった。
今度は萩焼の工房に行ってみたいなあ~。
ゴールデンウイーク、あまり混み合いませんように祈りつつ、楽しく移動しております

チェレステ楽団
太宰陽子の BLOG
「夢のつづき」

blog-yoko