20180416 - 22.jpg

神田カトリック教会。

1年ぶりに神田カトリック教会に帰って来ました。ルネッサンスダンスの小澤さんが亡くなられて以来です。

あれからもう1年も経ってしまったのですね。このマリア様の御像の前で、クリスマスや、イースターの時にはいつも小澤さんご夫婦といつもお写真とっていたのを思い出します。そんな時にはいつもビシッと美しいスーツ姿で決められて、、。おミサの時には美しいお声と立ち振る舞いで朗読をされ、心から祈りを捧げる小澤さんの姿が、今でもはっきり思い出せます。

そんな小澤さんを思いながら今日はおミサを受けさせていただきました。

 

教会の目の前に、インドカレー屋さんがあって、インドカレー好きの私たちは気になってしょうがなかったので、ランチに行きました。

20180416 - 23.jpg

周りに大学が幾つかあるので、大変リーズナブルで、ボリュームも満点。ナンもライスもおかわりできますよ~。と言われましたが、私たち中年のお腹にはおかわりする余裕がありませんでした。でもおいしかったよ~。小澤さんともよくインドカレーを食べに行ったなあ~。楽しいひと時。小澤さんならいっぱい食べられたのに。

 

そしてそして。今日は小澤さんの追悼舞踏会の日。本当は舞踏会の踊りにお誘いいただいていたのですが、練習に参加できず観覧のみの参加となりました。残念。

でもルネッサンスダンスの皆さんの久しぶりの踊りや演奏を見ることができるのでとっても楽しみ!!

20180416 - 24.jpg

小澤さんの衣装や、お写真が展示されていました。

20180416 - 25.jpg

素敵なスケッチも。なんて素敵。小澤夫婦にそっくり。

20180416 - 26.jpg

私の大好きなピアニストの久保田恵子さんもいらしていました。

恵子さんと出会ったのは、聖フランチェスコのラウダの講座に小澤さんが行けなくなって、代わりに私が伺わせていただいた時に、出会いました。

もう一目惚れの出会いでした。ビルのエレベーターで一緒になり、講座が終わったら恵子さんにお茶に誘っていただいて、恵子さんの音楽を聴かせていただいて、、、。今まで聞いたことのない清らかな美しい音楽に引き込まれ、それ以来恵子さんの音楽がこの上なく大好き。恵子さんに憧れ、そして自分の好きな世界観の中で音楽を紡いでゆくことへ道を開いてくださったのも恵子さん。出会えたことに感謝です。小澤さんありがとう。

 

舞踏会は小澤さんを慕う方々でいっぱいでした。ルネッサンスダンスの衣装を着た方々の美しい踊りと音楽に3時間以上あった時間もあっという間でした。小澤さんと一緒にステップした音楽や踊りに、小澤さんの面影がふわふわ衣装とともに舞ってそれはそれは美しく、涙がこぼれました。

20180416 - 27.jpg

小澤さんの奥様の幸子さん。

美しい。もうこの一言!幸子さんがステージに現れた瞬間からその美しさに皆さんがため息をつかれていました。細身の方が相方をされていて、小澤さんの重量と違うので、難しかった~。と言ってらしたのが可愛かったです。いつもダンスの時には幸子さんをリードしていた小澤さん。でも二人のときにはどうやら甘えん坊小澤さんになるようでしたが、、。。あの天真爛漫な小澤さんは幸子さんの愛情のおかげですね。

20180416 - 28.jpg

楽隊の皆様と。

ダンスの練習の時には、いつも楽隊の方々の生演奏に合わせて踊りました。皆さんそのうちにダンスも踊りだして、結局みんなでダンス、ダンス。毎週楽しい時間を過ごさせていただいていました。そして、その出会いのおかげで、私も楽器が弾きたくなってハープを始めることになりました。皆さん本当に親切で、音楽を愛されていて、妖精さんみたいで、大好きです。いつかまたご一緒できる日が来ますように。頑張ります。

20180416 - 29.jpg

小澤さんと。

たくさんの方に愛された小澤さん。そしてたくさんの方々を心から愛して、愛し抜くために生まれてきたような方。生きている時にはその愛の深さに気づくことができす、いなくなったらこんなにも大きな穴がぽっかり空いてしまうなんて、、。きっと私と同じような思いで、小澤さんに会いたくて、たくさんの方がこの舞踏会に訪れ、そして素晴らしい踊りや音楽に小澤さんを感じ、涙したことでしょう。本当に素敵な会でした。

企画してくださった方々、本当にありがとうございました。心から感謝しています。

 

 

 

20180416 - 19.jpg

トシオさんの亡くなったお友達の13回忌がありました。そのお友達は私たち夫婦では若社長というあだ名で呼んでいて、若社長がスカウトして集まった技術者の仲間で会社を立ち上げようと頑張っていたのですが、13年前突然に天に召されてしまいました。一時期、私たちの住んでいたお家の一部を事務所にしたりして、皆さんにお会いしていたので、お写真見て皆さんの変わらない笑顔に、懐かしさで胸がいっぱいになりました。私は用事で行けなかったのですが’、トシオさんがとっても嬉しそうに帰ってきたので、いろんなお話ができたんだなあと思いました。

お父さんもお母さんも嬉しそうでよかった。

コンピューターで、いろんなことを開発したいと夢膨らませていたあの頃。まだスマホなんてない時代だったけど、みんなで便利ツールや、コンピューターで勉強する教材などいろいろみんなで作れないか模索していました。若社長がいなくなってそれぞれ散らばってしまったけれど、こうして集まってきっといろんな夢をまた語り合っているんだろうなあ。そしてやっぱり、若社長がみんなを集めている。天国へ行ってもさすが優しくて頼もしいカリスマ若社長!きっといつかみんなで何か面白いことをやってくれると信じています。

仲間っていいなあ~とちょっと羨ましかったです。

20180416 - 21.jpg

にゃんたん。かわいい~。あれちょっと若社長に似てるかも。

僕も仲間にいれてにゃん。

 

 

20180416 - 14.jpg

東京!

先日、大阪の道路を走り都会だなあと思ったけれど、やっぱりさらに東京は都会だ!!

電車に乗って目的地まで歩くぐらいだと、あまりそうは思わないのだけど、車で中心を抜けていくと、どこまでも続く都会にびっくりさせられます。

20180416 - 15.jpg

あ!オリンピックのエンブレムのマークした車だ。

20180416 - 16.jpg

帝国劇場に、帝国ホテル。渋滞でしばらくここで止まりました。

学生の頃ウェティングの聖歌隊をしていて、帝国ホテルのお仕事の時は緊張しました。

普段の服を着ていくと怒られるので、いつもスーツ。いちどワンピースを着て行ったら怒られちゃった、、。

ウェティング会社の社長さんがコーヒーをご馳走してくださった時、1杯1500円のだったのが貧乏学生には衝撃的で忘れられません~。

20180416 - 17.jpg

20180416 - 18.jpg

通るたびにビルが増えて、都会の森はどんどん広がっているようです。

オリンピックに向けて急ピッチです。人も信じられないぐらい集まっている。

田舎は全然人いないのになあ~。

 

 

 

 

 20180416 - 8.jpg

富士山から地下を通って湧き出てくる柿田川湧水群にお水を汲みに。

ここのお水は、本当に美味しくて大好き!最近は日本海側ばかり通っていたので、久しぶりでワクワク。

お天気も良く、春の新緑に覆われた清流に心も体も癒されます。

20180416 - 6.jpg 

ここから、砂を押し上げて水がわきでていました。

綺麗な水。水色とはこのことですね。

 20180416 - 7.jpg

元気で柔らかそうなフキがもしゃもしゃ。

20180416 - 9.jpg 

川の水の中は、水草がサラサラ揺れてなんて涼しげなのでしょう。

20180416 - 10.jpg 

あ~私も水の中に浸かりたい。

20180416 - 11.jpg 

豆乳アイス。

柿田川の湧水で作る豆乳アイスは40パーセントも大豆が入っているそうです。濃厚!!とっても美味しかった。

お豆腐もとっても美味しかったよ~。

 20180416 - 2.jpg

あ、にゃんたん。こんにちは。

 20180416 - 1.jpg

こっち、こっち。

20180416 - 3.jpg 

僕のおうち見てみて。

20180416 - 5.jpg 

柿田川の公園に住む、にゃんたんのお家でした。

 

 

 

20180411 - 22.jpg 

久しぶりに太平洋側を通り、都会を通り抜けて行きます。

 20180411 - 23.jpg

あ!宮崎行きのフェリー。前に乗った船だなあ。なんだか絵本に描かれそうな可愛いいフェリー。

 20180411 - 24.jpg

車、橋、ビル。

 20180411 - 26.jpg

大阪から奈良へ。十三峠を走ります。

木の隙間から時々顔を出す大阪の夜景はとびきり綺麗でした。

でもこの光がなかったら、空には美しい星が無数に輝いている、、。

本当はその方が素敵なんだろうな。

この人工の光で心を満たす現代の私たちのなくしたものは、空や大地の本来の姿。

美しい夜景や都会の街並みを見ると、賑やで楽しいはずなのにどこか心が満たされないのは、見えなくなった何かを探しているからなのかもしれないなあ 。