20180411 - 22.jpg 

久しぶりに太平洋側を通り、都会を通り抜けて行きます。

 20180411 - 23.jpg

あ!宮崎行きのフェリー。前に乗った船だなあ。なんだか絵本に描かれそうな可愛いいフェリー。

 20180411 - 24.jpg

車、橋、ビル。

 20180411 - 26.jpg

大阪から奈良へ。十三峠を走ります。

木の隙間から時々顔を出す大阪の夜景はとびきり綺麗でした。

でもこの光がなかったら、空には美しい星が無数に輝いている、、。

本当はその方が素敵なんだろうな。

この人工の光で心を満たす現代の私たちのなくしたものは、空や大地の本来の姿。

美しい夜景や都会の街並みを見ると、賑やで楽しいはずなのにどこか心が満たされないのは、見えなくなった何かを探しているからなのかもしれないなあ 。

 

 

 

 

20180411 - 9.jpg

雪の日から一夜。風の影響で空は青く澄み渡っていました。

そして雪が降ったおかげで、大山が雪化粧をして美しく輝いていました。

20180411 - 10.jpg

兵庫県に入るまで日本海側だったのですが、11日ごろまた春の嵐がやってくるそうなので、今のうちに太平洋側に移動することに。

但馬や丹波のほうはまだ桜がまだみられます。

トシオさんはもうほとんど体調が回復しましたが、私の方はお熱と頭痛と鼻水で完全にノックアウト。車にゆられるがまま。

でも振動がいい心地で眠りを誘うのでよく眠れます。早く治らないかなあ。なんだか体調不良ばかり続くと生きるのが辛くなるよ~。

私の生きる意味は何でしょう。張り切って新しいCD作って、練習して調子を上げてやっと演奏できるよ~って宣伝して回ろうと思った矢先に、、、。

頭がぐるぐる涙が出ます。情けない。

sleep sleep sleep

 

時が経てば、体は自然に改善するものですね。

今回は3日寝込んだけど、熱もようやく下がってちょっと動けるように。

20180411 - 11.jpg

北神戸にあります「フラワーフルーツパーク大沢」の道の駅でお休みして、朝起きると、遊園地がありました。

20180411 - 12.jpg

わーい、と喜んだ矢先、定休日。お休みの日の遊園地は何だか寂しいなあ。

でも病み上がりだからどちらにしても眺めるだけ。

20180411 - 15.jpg

公園内を少し散歩。朝の新鮮な空気が体に染み渡ります。

チュウリップがちょうど咲いていてまるでオランダのよう。かわいい!!

20180411 - 13.jpg

なんて愛しい蕾たち。肉厚でみずみずしくて生命力にあふれています。

20180411 - 14.jpg

春のやわらかな光に目を覚ました花びらさん。おはよう。

20180411 - 16.jpg

ヨーロッパルネッサンスを意識して建てられた公園をお散歩。

20180411 - 19.jpg

奥にはアムステルダムの美術館ようなホテルがありました。泊まってみたいなあ。

20180411 - 21.jpg

朝早くでまだ人があまりいないので、公園を独占です。

でも9時を過ぎると平日なのに続々と人が来場していましたよ。人気の公園のようです。

20180411 - 20.jpg

道の駅のレストランのそばに足湯があって、そこでしばらく療養。有馬温泉が近いので鉄分の多そうなオレンジ色のお湯で、ポカポカ体が癒されて行きました。たくさんの花々にエネルギーをいただき、大好きなオランダの街並みに心のテンションも上がって、風邪も何処へやら。

元気を取り戻して、また関東に向けて出発です。

弱った私に、大好きなチュウリップがこんなに美しく咲いてくれて、なんだかわからないけどみんなが応援してくれているような気持ちがするので、度々続く体調不良に負けず頑張ります。

 

 

 

20180412-1.jpg

九州を離れ、山口県の「北裏街道豊北」という道の駅でお休みしていると、ものすごい風で大変。春の嵐が猛威をふるって、車が揺れに揺れています。

そして、先週まであんなに暖かかったのに、また冬に戻ったかのようなお天気。綺麗な海を見たいなあと思っていたのですが、曇り空で海も荒れに荒れて、エメラルドグリーンに浮かんでいるはずの橋が、、、。グレーの世界に包まれています。

昨日まで元気に過ごしていた私も、なんだか寒気がしてきてどうも怪しい。

でもとりあえず関東の用事まであまり時間がないので先を進みます。

 

なんだか具合の悪くなってゆく私のために、途中海沿いを離れ温泉へと、匹見峡温泉へ行きました。

まだ桜が美しく咲いていました。春の霞に包まれた美しい里の景色。20180411 - 3.jpg

私の好きな温泉で、水も景色も綺麗な場所ですのでとっても癒されたのですが、、。

20180411 - 4.jpg

あれれ、雪が散らついてきました。風情があるなあ。

あんまり寒いし風もひどくなりそうなので、日本海側は諦めて太平洋側から関東へ向かうことに。

でもその前に山道を通らなければなりません。

 

20180411 - 5.jpg

あれれ、これは雪が益々降ってきました。

ついこの間車のスタットレスタイヤを夏用に履き替えたばかり。

なんということ。

20180411 - 6.jpg

ひゃーこれはスリップしちゃうかも。

20180411 - 7.jpg

もう危ない。引き返そう。

仕方なく、来た道を引き返し、急いで日本海側へ戻ることになりました。

しかしまあ風がひどく、寒さも増して、わたしの気管支は真っ赤に腫れダウン。

気管支が晴れるとすぐ39度近く熱が出てしまうので、下がるまでの辛抱です。

道の駅で、トシオさんがペットボトルにお湯を汲んできてくれて、布団に入れて温めて眠りました。

歌う私は、ウィルスや風邪菌がそのまま気管や肺へ直行してしまうので、二人車旅はなかなか大変です。

トシオさんもまだ治りきっていないから、、。ふたり道の駅でダウンでした。

これも強くなるための試練。これを乗り越えれば用事のある頃には元気に過ごせるはず。

旅中での体調不良はなかなか大変ですが、これも経験。

なんとかなります。ゆっくり体を休めましょう。

春の小休憩でした。

 

 

 

20180411 - 2.jpg

久々に福岡県の行橋にありますインドカレー屋さん「ガラムガラム」へ。

インドカレーが大好きな私たちが、九州で見つけたお気に入りの場所。ここの味は落ち着くなあ~。と言っても食べ歩いているわけでもなく、たまたま見つけただけなので、他にも美味しいところがあると思うのですが、、。時々タイミングがあってここを通るときだけの幸せの時。

少し風邪気味のトシオさん、大好きなインドカレーなら食欲が出る様子。スパイスで元気になりといいなあ。

 

20180403 - 57.jpg

朝見神社

大分の別府にやってきました。今年の初めの頃、大分の家族でお参りに来たのですが、トシオさんがインフルになり寝込んでいたので、、。

その後怒涛のインフルリレーに、散々の冬を過ごしましたが、なんとかみんな元気になり、今年度として改めてのお宮参りです。

20180403 - 54.jpg

鳥居の横に神様水が湧き出でていて、最近家族でこのお水にはまっています。

20180403 - 55.jpg

こんこんと湧き出でるこの水は、甘くてとってもおいしいお水。汲んでも汲んでも溢れて出ます。ありがたや~。

20180403 - 62.jpg

無事に一回り出来た九州春旅に感謝して。

今年もたくさんのお導きがありますように。

20180403 - 60.jpg

猫ニャンも顔を覗かせています。

20180403 - 61.jpg

大きな楠。

20180403 - 63.jpg

アルゲリッチさんの参拝記念の樹?

20180403 - 64.jpg

アルゲリッチさんの八重のしだれ桜が繊細でかわいいかった。

桜茶が飲みたくなりました。

 

遠くからお神輿を引く人たちの声や太鼓の音が聞こえてきました。桜祭りが別府で今日まで行われていて、温泉が無料で入れます。そう、今日の目的はみんなで温泉。朝見神社のすぐ近くの朝見温泉へ。別府の温泉は熱い!でもこれがいい!浴槽しかない温泉ですが、地元の人と和気藹々。おしゃべりして心も熱々。外の風が気持ちいいと感じる季節となりました。

20180403 - 66.jpg

帰る途中に、美しい桜の木が夕方の優しい光にひっそりと佇んでいました。

20180403 - 67.jpg

ここから別府の町が一望できます。手前にヨーロッパのような赤い瓦の屋根。十字架。

20180403 - 68.jpg

下を見ると桃の花の向こうにマリア様がいらっしゃいました。

20180403 - 70.jpg

ここは、別府の修道院です。別府のカトリック教会に行くと、マザーテレサさんの身につけていたあの衣服を着た修道女さんがたくさんおミサに見えられているのですが、ここから歩いて来ていたのですね。

20180403 - 71.jpg

高崎山にたくさんの山桜が。

ぽこぽこピンクでかわいいなあ。私の育った故郷は素朴でいいところだなあ。しみじみ。

明日は、父親があの山を久しぶりに登るそうです。肺気腫持ちで、しばらく山登りを敬遠していたので大丈夫かなあ。

どうぞお見守りください。