20180416 - 19.jpg

トシオさんの亡くなったお友達の13回忌がありました。そのお友達は私たち夫婦では若社長というあだ名で呼んでいて、若社長がスカウトして集まった技術者の仲間で会社を立ち上げようと頑張っていたのですが、13年前突然に天に召されてしまいました。一時期、私たちの住んでいたお家の一部を事務所にしたりして、皆さんにお会いしていたので、お写真見て皆さんの変わらない笑顔に、懐かしさで胸がいっぱいになりました。私は用事で行けなかったのですが’、トシオさんがとっても嬉しそうに帰ってきたので、いろんなお話ができたんだなあと思いました。

お父さんもお母さんも嬉しそうでよかった。

コンピューターで、いろんなことを開発したいと夢膨らませていたあの頃。まだスマホなんてない時代だったけど、みんなで便利ツールや、コンピューターで勉強する教材などいろいろみんなで作れないか模索していました。若社長がいなくなってそれぞれ散らばってしまったけれど、こうして集まってきっといろんな夢をまた語り合っているんだろうなあ。そしてやっぱり、若社長がみんなを集めている。天国へ行ってもさすが優しくて頼もしいカリスマ若社長!きっといつかみんなで何か面白いことをやってくれると信じています。

仲間っていいなあ~とちょっと羨ましかったです。

20180416 - 21.jpg

にゃんたん。かわいい~。あれちょっと若社長に似てるかも。

僕も仲間にいれてにゃん。

 

 

20180416 - 14.jpg

東京!

先日、大阪の道路を走り都会だなあと思ったけれど、やっぱりさらに東京は都会だ!!

電車に乗って目的地まで歩くぐらいだと、あまりそうは思わないのだけど、車で中心を抜けていくと、どこまでも続く都会にびっくりさせられます。

20180416 - 15.jpg

あ!オリンピックのエンブレムのマークした車だ。

20180416 - 16.jpg

帝国劇場に、帝国ホテル。渋滞でしばらくここで止まりました。

学生の頃ウェティングの聖歌隊をしていて、帝国ホテルのお仕事の時は緊張しました。

普段の服を着ていくと怒られるので、いつもスーツ。いちどワンピースを着て行ったら怒られちゃった、、。

ウェティング会社の社長さんがコーヒーをご馳走してくださった時、1杯1500円のだったのが貧乏学生には衝撃的で忘れられません~。

20180416 - 17.jpg

20180416 - 18.jpg

通るたびにビルが増えて、都会の森はどんどん広がっているようです。

オリンピックに向けて急ピッチです。人も信じられないぐらい集まっている。

田舎は全然人いないのになあ~。

 

 

 

 

 20180416 - 8.jpg

富士山から地下を通って湧き出てくる柿田川湧水群にお水を汲みに。

ここのお水は、本当に美味しくて大好き!最近は日本海側ばかり通っていたので、久しぶりでワクワク。

お天気も良く、春の新緑に覆われた清流に心も体も癒されます。

20180416 - 6.jpg 

ここから、砂を押し上げて水がわきでていました。

綺麗な水。水色とはこのことですね。

 20180416 - 7.jpg

元気で柔らかそうなフキがもしゃもしゃ。

20180416 - 9.jpg 

川の水の中は、水草がサラサラ揺れてなんて涼しげなのでしょう。

20180416 - 10.jpg 

あ~私も水の中に浸かりたい。

20180416 - 11.jpg 

豆乳アイス。

柿田川の湧水で作る豆乳アイスは40パーセントも大豆が入っているそうです。濃厚!!とっても美味しかった。

お豆腐もとっても美味しかったよ~。

 20180416 - 2.jpg

あ、にゃんたん。こんにちは。

 20180416 - 1.jpg

こっち、こっち。

20180416 - 3.jpg 

僕のおうち見てみて。

20180416 - 5.jpg 

柿田川の公園に住む、にゃんたんのお家でした。

 

 

 

20180411 - 22.jpg 

久しぶりに太平洋側を通り、都会を通り抜けて行きます。

 20180411 - 23.jpg

あ!宮崎行きのフェリー。前に乗った船だなあ。なんだか絵本に描かれそうな可愛いいフェリー。

 20180411 - 24.jpg

車、橋、ビル。

 20180411 - 26.jpg

大阪から奈良へ。十三峠を走ります。

木の隙間から時々顔を出す大阪の夜景はとびきり綺麗でした。

でもこの光がなかったら、空には美しい星が無数に輝いている、、。

本当はその方が素敵なんだろうな。

この人工の光で心を満たす現代の私たちのなくしたものは、空や大地の本来の姿。

美しい夜景や都会の街並みを見ると、賑やで楽しいはずなのにどこか心が満たされないのは、見えなくなった何かを探しているからなのかもしれないなあ 。

 

 

 

 

20180411 - 9.jpg

雪の日から一夜。風の影響で空は青く澄み渡っていました。

そして雪が降ったおかげで、大山が雪化粧をして美しく輝いていました。

20180411 - 10.jpg

兵庫県に入るまで日本海側だったのですが、11日ごろまた春の嵐がやってくるそうなので、今のうちに太平洋側に移動することに。

但馬や丹波のほうはまだ桜がまだみられます。

トシオさんはもうほとんど体調が回復しましたが、私の方はお熱と頭痛と鼻水で完全にノックアウト。車にゆられるがまま。

でも振動がいい心地で眠りを誘うのでよく眠れます。早く治らないかなあ。なんだか体調不良ばかり続くと生きるのが辛くなるよ~。

私の生きる意味は何でしょう。張り切って新しいCD作って、練習して調子を上げてやっと演奏できるよ~って宣伝して回ろうと思った矢先に、、、。

頭がぐるぐる涙が出ます。情けない。

sleep sleep sleep

 

時が経てば、体は自然に改善するものですね。

今回は3日寝込んだけど、熱もようやく下がってちょっと動けるように。

20180411 - 11.jpg

北神戸にあります「フラワーフルーツパーク大沢」の道の駅でお休みして、朝起きると、遊園地がありました。

20180411 - 12.jpg

わーい、と喜んだ矢先、定休日。お休みの日の遊園地は何だか寂しいなあ。

でも病み上がりだからどちらにしても眺めるだけ。

20180411 - 15.jpg

公園内を少し散歩。朝の新鮮な空気が体に染み渡ります。

チュウリップがちょうど咲いていてまるでオランダのよう。かわいい!!

20180411 - 13.jpg

なんて愛しい蕾たち。肉厚でみずみずしくて生命力にあふれています。

20180411 - 14.jpg

春のやわらかな光に目を覚ました花びらさん。おはよう。

20180411 - 16.jpg

ヨーロッパルネッサンスを意識して建てられた公園をお散歩。

20180411 - 19.jpg

奥にはアムステルダムの美術館ようなホテルがありました。泊まってみたいなあ。

20180411 - 21.jpg

朝早くでまだ人があまりいないので、公園を独占です。

でも9時を過ぎると平日なのに続々と人が来場していましたよ。人気の公園のようです。

20180411 - 20.jpg

道の駅のレストランのそばに足湯があって、そこでしばらく療養。有馬温泉が近いので鉄分の多そうなオレンジ色のお湯で、ポカポカ体が癒されて行きました。たくさんの花々にエネルギーをいただき、大好きなオランダの街並みに心のテンションも上がって、風邪も何処へやら。

元気を取り戻して、また関東に向けて出発です。

弱った私に、大好きなチュウリップがこんなに美しく咲いてくれて、なんだかわからないけどみんなが応援してくれているような気持ちがするので、度々続く体調不良に負けず頑張ります。