20170713 - 33.jpg
上士幌の糠平の三の沢橋梁
糠平湖に季節によって姿を変える「タウシュベツ川橋梁」という橋の写真を見て、いつか行ってみたいなあと思っていたのですが、
いとこに「かなり風化し続けているのでそのうちに見られなくなるかもよ。写真撮るのにいいよ~」と教えていただき行ってみることに。でも残念ながらタウシュベツ川橋梁は、ツアーの予約か、通行許可をいただいて柵の鍵を借りに行くか、熊に気をつけながら自力で4キロ歩いて行くか、の選択しかなく、自然センターに行ってはじめて知ったので、どの選択肢もこの日は無理そうでしたので、他にもある橋梁を幾つか見て回ることにしました。ここは三の沢橋梁。下に降りれるようになっていて、降りてみると、今年は雨が少ないのか糠平湖が糠平湖が遠く向こうにあり少し歩いてみました。
20170713 - 31.jpg
この時期だと通常はきっと水の中かなあ。
20170713 - 32.jpg
広いね。なんだか別の星に来たみたい。人工湖だから元は木々がおいしげっていたのでしょう。切り株がたくさんありました。
遠くにタウシュベツ川橋梁がうっすら見えました。ここから歩いて行けるかなあ~なんて思ってみましたが、暑いし危険だし到底無理な話です。台風10号の被害の影響で、いろいろ崩れているようですので、、、。
20170713 - 36.jpg
タウシュベツ川橋梁
国道沿いにタウシュベツ川橋梁展望台があったので憧れのタウシュベツ川橋梁をそこから眺めることに。ここからでも十分美しさと不思議さが伝わります。切り株と観光客の人達の姿が小さく見えます。きっと想像しているより橋は大きんだろうなあ。このころは水に浸かっていることが多いようですが、むき出しです。なんだかどこかの砂漠の遺跡のようです。水に浸かって全然見られないこともあるそうです。冬には氷の上に顔を出して、とっても幻想的なのだそうです。しかも、クマの心配もないし、スキーですいすい~。やっぱり冬かだよね~。
20170713 - 38.jpg
線路の跡は遊歩道になっていました。この国鉄士幌線は十勝北部の農産物や森林資源の開発に貢献した鉄道だそうです。しかし、森林資源の枯渇と車の普及により1978年に廃線になったそうです。
20170713 - 37.jpg
線路を辿ればいろんな橋に出会えるのでしょうね。木陰があるので涼しくお散歩できそうです。でもブヨがいるのでご用心。
20170713 - 39.jpg
第五音更川橋梁にて
たくさん橋があったと思うのですが、ぼんやりして車だとすーっと通り越してしまうので、3つしか橋梁は見られなかったけれど、なんだか面白かった。朽ちゆく姿が美しいと感じるのは何故なのでしょう。またコンクリート製の橋ですがこの土地の石や砂利を使っているので自然ともなじみやすいのでしょうか。ぼんやり眺めていると、鉄道が走っていた時代の風景がすーっと見えてきそうです。
20170713 - 40.jpg
旧線路の隣を走る現代の道路の脇には、可愛い野の花がたくさん咲いていました。
20170713 - 41.jpg
蝶々もたくさん飛んでいます。
20170713 - 43.jpg
20170713 - 44.jpg
ここは楽園?
橋を見に行くはずが、野の花にすっかり気を取られてしまいました。誰が植えたわけでもないのになんという美しい道端なのでしょう。こんなお庭に住みたいなあ。
 
 
 
20170713 - 27.jpg
扇ヶ原展望台より
十勝平野が広がっていました。広いね。ちょっと霞かかっていますが。眺めは最高です。
20170713 - 26.jpg
然別湖に向かって行きました。可愛らしい山。
20170713 - 4.jpg
駒止湖
然別湖の隣に小さで静寂な湖がありました。なんだか神秘的です。
この辺りの岩は風穴になって、涼しいのでナキウサギが生息しているそうです。きゅっと鳴く小さなうさぎさんに会いたかったなあ。
20170713 - 6.jpg
鹿追町にあります然別湖にやってきました。北海道にある湖で一番高いところにあるので「天空の湖」と呼ばれているそうです。大雪山国立公園の中で唯一の天然の湖で、澄んだ水で満たされ美しかったですよ。前回も来たことがあったのですが、あいにくの雨でした。この日は大変良い天気で暑かった~。本当は然別湖を抜けて、糠平、三国峠と抜けて行く予定でしたが、去年の台風被害の影響で、通行止になっていて、この湖で道が封鎖されていました。残念。「せっかくここまで登ってきたので、良い天気だし舟に乗ろう。」あまり冒険しないトシオさんからのお誘い。乗ろう乗ろう!
20170713 - 5.jpg
トシオさん張り切って漕ぎだしました。湖の上は涼しくて気持ちいいね。
 
20170713 - 7.jpg
エメラルドグリーンの水が本当にうっとり。
20170713 - 8.jpg
岸辺に行くと透明度がよくわかります。でもブヨがすごいので慌てて逃げます。
20170713 - 12.jpg
わーおもしろい雲。

20170713 - 10.jpg

私も漕いでみたり。コツをつかむとぐーんと進みます。

20170713 - 11.jpg

雲が立ち上っています。なんだか風も吹いてきました。

20170713 - 13.jpg

あれれ、なんだかちっとも行きたい方向に舟が向かってくれません。
20170713 - 17.jpg
これは、トシオさんに交代です。でもなんだか苦戦しています。
20170713 - 14.jpg
きゃあ波が高くなってきた。しかも流されている。
20170713 - 15.jpg
うわ~風が吹く吹く。これは危険です。
どうしようだれか助けて~。と思ったところに、
20170713 - 18.jpg
ボート貸しの方が助けに来てくださいました。風が急に強くなったのでここまでくると自力で船着場に戻るのは無理のようです。
20170713 - 19.jpg
ほっと安心。
20170713 - 20.jpg
船着場からあんなに離れてしまっていました。回収される私たち。自力で帰りたかったトシオさんでしたが、オールを漕ぎ過ぎて手に豆ができていました。かわいそうに。
20170713 - 22.jpg
でも流される心配なくゆっくり湖を眺めることができ得したね~。
20170713 - 23.jpg
湖水に山が映し出され、唇山と呼ばれている山は、波が荒いため見られませんでしたが、この山を見て、トシオさんが小さいとき家族と来たなあと、思い出しました。然別湖で楽しい思い出がまた増えましたね。
20170713 - 24.jpg
怖い思いをしたので、足湯でほっと一息。
さあ、士幌に戻って糠平の方へ行きましょう。
20170713 - 29.jpg
ジャガイモの花畑。広いね~。
20170713 - 30.jpg
太陽がこんな小さな雲の向こうに隠れていました。
雲は虹色に光って不思議な形をしています。
いろいろ盛りだくさんの1日でしたが、楽しく充実しました。
へっぽこな二人なのであまり冒険しないのですが、、やっぱりへっぽこな私たち。でも通行止めだったおかげで観光客も少なく、然別湖で二人きりのボートで、静寂な森や湖の景色も満喫でき、監視もしっかりしていただいたおかげで、楽しい思い出になりました。
 
冬には、湖は凍り、氷の村が出来るそうです。ロッジやアイスバー、教会、氷の上での露天風呂などなど盛りだくさん。やっぱり冬!来てみたいなあ。
20170713 - 1.jpg
十勝の牧場にて。牛さんが暑さでぐったりしていました。牛も人間と同じで暑いと食欲もわかないのかなあ。
20170713 - 2.jpg
一頭ぽつん。
 
十勝のトシオさんのいとこに会いに行きました。
偶然南富良野の落合でいとこと再会して、中学校の先生で忙しいのに時間を作ってくれてお食事をしました。4年前に会った時には息子ちゃんがまだ小さな小学生だったのに、大きく成長してびっくり。あっという間に大きくなるなあ~。おいしい牛乳のおかげでしょうか。おいしい大豆のおかげでしょうか。十勝はおいしい食べ物がたくさん。ここのところ豆ばかり買って、ご飯がいろんな種類の豆だらけご飯です。食物繊維がいっぱいだから、お通じの調子もいいし豆最高です。
楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。いとこに素敵な場所も教えてもらい、お別れしました。音楽の先生で、オペラ歌手でもあるいとこ。いつか音楽でご一緒できる日を夢見て。
 

20170704 - 29.jpg

南富良野でまた素敵な出会いをいただいて、楽しい時間を過ごすことができました。出会う人みんなが天使のようにキラキラした方々ばかりで、本当にトシオさんの育った南富良野は不思議な場所です。ご縁をいただいた町の神社にお礼をしに行きました。

20170704 - 32.jpg

そして、南富良野の隣の新得にあります大好きだったオソウシ温泉へ。

あ!わんちゃん。前回来た時にも大雨の中で迎えてくれたあのわんちゃん。

20170704 - 33.jpg

またお出迎えありがとう。大きくて、おとなしくて可愛いわんちゃん。南富良野を離れて、みなさんとのお別れが寂しくて、心がしゅんとしていたので癒されました。この場所は林道を走って行くところで、ナビでくると必ず違う場所に行かされるそうで、初めての人は10人中10人間違えるそうです。どうやらナビの地図の会社が間違っているようです。きっとぷりぷり怒りながらやってくる人もいると思うのですが、わんちゃんがみんなの心を穏やかにしてくれているんじゃないかなあ。そうトラブルもなくゆるい感じが北海道らしいですね。温泉は強アルカリでお肌つるつるです。またわんちゃんに会いに行きたいなあ。ちょっと老犬ぽいから不安だけど、元気でいてね。ありがとう。

 

20170704 - 13.jpg

フォーチュンベーグルスさんの店舗を作った川邊さんに、自作のお家を見せていただきに行きました。

廃材だけを使っていろいろこしらえる、大工さんです。
子供が自由に遊んだり学んだり出来るようにと作られた小さなお家を見せていただきました。とっても可愛いいお部屋は、ちゃんと撒きストーブあり、窓も頑丈そうで、冬でも暖かく過ごせそうです。子供達の自由な発想が壁や柱に刻まれていて、こんな空間が子供の時にあったら何て素敵なんだろうと夢膨らみました。
20170704 - 15.jpg
屋根の上は風が気持ちいいなあ。とっても頑丈で平坦に作られた屋根は、飛んだり跳ねたりも出来ます。虫も少ないので空の雲や星を眺めたり、ゆっくりできます。
20170704 - 16.jpg
シロツメグサの下には、赤い宝石が。
20170704 - 18.jpg
イチゴがいっぱい。前に畑をしていた人の植えていたイチゴが勝手に毎年なるそうです。これぞ自然栽培。こんなに大きくて、とっても甘くて美味しいんです。感動。
20170704 - 19.jpg
自作の五右衛門風呂まで入れていただきました。温泉じゃないのに、なぜかとろんと優しいお湯になっているのが不思議。気持ちよかった~。
20170704 - 21.jpg
お風呂上がり、娘、息子ちゃんたちが帰ってきました。そしてまた出かけて行きました。どこへ行ったんだろう。
20170704 - 22.jpg
すると、木の枝に寄りかかっていました。ここはサバンナかしら。何かを探しています。
20170704 - 23.jpg
桑の実の熟したのを採っていました。桑の実を見たのは初めてです。もちろん食べるのも。そしてこんなに甘くてジューシーで美味しいことも。この後、この何倍もの桑の実を採ってきてくれました。大変な作業です。とっても美味しくて忘れられません。ありがとう。
20170704 - 24.jpg
夜はバーベキューをしてくれました。とれたてのお野菜や、ジンギスカンをじゅーじゅう。美味しい!!
20170704 - 27.jpg
昼は暑くても夜はまだ肌寒い北海道。焚き火をして暖まりながら川邊さんの家族とまたお友達家族も来てくれて、夜が更けるまでいろんなお話をしました。北海道事情や今思うこと、貴重なお話をたくさんしていただきました。嬉しかった。
20170704 - 28.jpg
川邊さんと。
この日はお泊りまでさせていただきました。川邊さんは熊本出身の方。いろんな旅をされて、行き着いたのがこの広い北海道の大地。みんなが必要としなくなった廃材を、一生懸命考えたり、ひらめいたりしながら、もう一回命を吹き込み、人に夢を与えています。その発想は本当に自由で、実用的で、自然に寄り添っていて、夢がどんどん膨らみます。心を通してお話をする川邊さんのお人柄に優しさがいっぱい溢れていて、なんて素敵な方なんだろうとまた、なんて賢い方なんだろうと、感動しました。なんだか川邊さんのドキュメンタリー映画を観ているような1日で、お会いできたことが夢のようです。ありがとうございました。大自然の中たくましく、また優しい心に育っている子供達にも感動です。お餅をついて、紙芝居をしたり、おうち作り講座をしたり、この場所は子供の心を思い出させてくれる楽園。こころにぽっかり穴が空いたら、ここに帰ってきて、いっぱい夢を詰め込みに戻ってきたいです。本当にありがとうございました。