20170526-20.jpg

タンポポがいっぱいで、綿毛もいっぱい。

空に綿毛がふわふわ飛んで、雪のようです。

 DSC_0675.jpg

ハート型のお花が可愛いね。

20170526-21.jpg

 

九州にいた春の頃は具合を悪くして春を満喫できなかったけれど、

春を探しに北海道に来れて幸せ。

 20170526-23.jpg

ホットケーキがうまく焼けて、ご満悦。幌加内のそば粉100%で作りました。美味しかったよ~。

 

公園でピクニック。楽しいなあ。

 

20170526-01.jpg

旭川にあります、雪の美術館へ行きました。

10数年前に一度訪れましたが、素敵なホールが忘れられず、また来てしまいました。

 20170526-02.jpg

入口入ってすぐの螺旋階段。

ぐるぐる貝殻のよう。美しいね。

 20170526-03.jpg

階段を降りると噴水。

なんだかどこかの国の宮殿のよう。

20170526-04.jpg

ドアノブも雪の結晶

 20170526-05.jpg

ガラスも雪の結晶。

凝っていますね。

そして、回廊には、、。

 DSC_8213.jpg

わ~い。窓の向こうは氷の世界です。雪の女王のお城ですね。今だとアナ雪かな。

DSC_0571.jpg

20170526-07.jpg

いろんな形の氷が面白いです。

氷の妖精が踊っているようですね。

回廊を抜けると~。

20170526-08.jpg

素敵な空と雪のホール。

今は結婚式に使われる事が多いようです。納得ですね。

メルヘン好きの女の子の憧れがいっぱいつまっています。

 20170526-09.jpg

舞台の上には、白いピアノにハープ。

いつか演奏できたらいいなあ~。あ~誰か知り合いがここで結婚式しないかなあ~。

 20170526-10.jpg

雪の結晶のステンドグラス風のホールも綺麗でした。

 20170526-11.jpg

20170526-12.jpg

たくさんの絵画や織物の展示などありましたが、このピエロシリーズの絵がなんだか懐かしくてトシオさんと「この絵たちなんだか好きだよね~」と、しみじみ見ていました。どこかに置き忘れてしまった純粋な気持ちがよみがえり、温かい気持ちと寂しい気持ちが混在する絵に、

こころがきゅんとしました。こんな音楽を奏でたいなあ~。

 20170526-13.jpg

チェレステ楽団、いつかここで演奏できますように~。

20170526-14.jpg

あ~楽しかった。お天気も良くお庭もきらきら。

また来られて嬉しかった~。

20170525-3.jpg

北海道は今一番綺麗なのは新緑とたんぽぽ。

耕す前の畑にはたくさんのたんぽぽ畑が広がっています。

20170525-2.jpg

大地のお星様がきらきら。なんて心があたたかくなるのでしょう。

20170525-1.jpg

たんぽぽと一緒に歌いましょ~。

お花は、食べてもおいしいよ~。

ただし、よく洗って!

エキノコックスに気をつけて~。

 

 

20170523-1.JPG 
小平町にやって来ました。道の駅が新しくなって、とっても素敵になっていました。この町には母方の先祖が眠る町で、祖母も戦争の頃まで住んでいた所。戦争や病気などで身寄りがなくなり、ここから九州の親類のところまで祖母や叔母たちは大移動したそうです。

 20170523-2.jpeg
道の駅の隣の旧花田家番屋に祖先がお世話になっていたこともありました。祖母のお家は鬼鹿というところで雑貨屋さんをしていたそうです。今は身寄りは誰もなく、遺骨も戦争でわからなくなってしまったのですが、祖母が生前に叔母や母たちと遺骨を探し集めて町のお寺に永代供養していただいたそうです。そのことを思い出してお参りに行きました。

お寺の住職さんがちょうどいらして、祖母や叔母のことも覚えていてくださり、ゆっくりお話していただだいて、とても嬉しかったです。感謝!

 20170523-3.jpeg

道の駅の展示室に糸車がありました。祖母も編み物や洋裁が得意でいつも何か作っていました。雑貨屋さんや駄菓子屋さんをしたいなあと言っていたのはお家でいつも見ていたからかなあ。私がお洋服作りが好きなのも、祖母の影響です。いつもおしゃれをしていた祖母と時間をかけて珈琲を入れるのが趣味だった祖父が今の時代に生きていたら素敵な雑貨カフェでも開いていたんじゃないかなあ。と思うと楽しくなりました。

ありがとう鬼鹿。こうして北海道にご縁があるのも祖先が見守ってくださっているからかもしれません。

遠いふるさとに感謝。

20170522-1.jpeg 茨城の実家をを出発して8日目、そろそろお水がなくなってきたので湧き水汲みミッションがやってきました。札幌は都会で道の駅がないので、とりあえず北に向かって走っていました。

増毛町に美味しい酒蔵のお水を汲ませていただけるところがあって早速行ってみました

20170522-2.jpeg 国稀酒造にて

冷たくまろやかなお水は秀峰暑寒別岳の伏流水のお水だそう。とっても美味しかったので、お酒もきっと美味しいに違いない。見学もできるそうなので、入って見ることに。

20170522-3.jpeg 歴史を感じる店内。

あんまり美味しそうでしたので、運転のトシオさんには申し訳ないのですが、試飲をさせていただきました。
20170522-6.jpeg

日本最先端の酒造屋さんのお酒。お店の方がたくさん説明していただいて、久しぶりに日本酒堪能しました。お水のまろやかな味がお米の甘さと良くあって、どのお酒も美味しかった〜。

20170522-4.jpeg「駅」という映画の舞台にもなったそうです。たくさんの写真が展示されていました。

法被と前掛を着て記念撮影。ほろ酔いして楽しくなちゃいました。 

20170522-5.jpeg ありがとうございました。

チェレステ楽団
太宰陽子の BLOG
「夢のつづき」

blog-yoko

ピックアップ記事

IMAGE 平戸へ
2011.12.30